カードローンの複数申し込みは可能?多重申し込みのコツ

カードローンの複数申し込み自体は可能ですが、同時期にたくさん申込みすぎると「申し込みブラック」と呼ばれる状態に陥ってしまいますので注意が必要です。

もちろん、複数のカードローンに申し込んですべて審査に通過することも可能ですよ。ただ、申し込み時に注意していただきたい点やコツはあります。

ここでは、カードローンの多重申し込みする場合の注意点、複数のカードローンに申し込む際のコツなどを紹介します。

スポンサードリンク

 


短期間で複数のカードローンに申し込み過ぎるとどうなる?

カードローンの申し込みブラックとは?

短期間に多重申込みをした履歴が信用情報に載ることを「申込みブラック」といいます。

どれくらいのペースで申し込んだら申し込みブラックになるのか公表されていないのですが、申し込み情報が保有される期間はわかっています。
 

信用情報機関名 申し込み情報の保有期間
CIC(株式会社シー・アイ・シー) 6か月
JICC(日本信用情報機構) 6か月
JBA(全国銀行個人信用情報センター) 1年

 
消費者金融などへの申し込み履歴は、最低でも半年は記録として残るということになりますね。

でも、申し込んだとしても実際に多重債務になっていなければ特に問題はないような気もします。

カードローンの複数申し込みはどんなところに影響してくるのでしょうか。

スポンサードリンク

 

多重申し込みをすると審査に落ちやすい?

まず、消費者金融での借入や返済履歴、滞納などの情報、クレジットカードの利用状況などは一定期間信用情報機関が保有していることは覚えておきましょう。

あなたがカードローンに新たに申し込みをすると、ローン会社は信用情報機関に問い合わせをして信用取引の情報を照会します。

他社での借入額は自己申告もしますが、ローン会社の方でもしっかりと調査が入るのです。

このときに、ごく短期間に複数社へ申し込んでいることが発覚したらどうでしょうか。

貸金業者は貸し倒れのリスクを避けるためにお金に困りすぎて首が回らない人、返済能力がなさそうな人にはお金を貸してくれません。

申し込みはあるのに成約していない履歴が複数あると、それだけで信用度が下がってしまうのです。

ただし、申込件数だけが審査の対象ではないので、複数申し込みの履歴があっても審査に通る場合もあります。

審査の詳しい内容はどの貸金業者も公表していないので、どうしても推測になる部分はあるのですが、だからこそ申し込みは慎重に行いたいところでもあります。

複数申し込みは多重債務者への入り口

自分が多重債務者になるはずがないと思っていても、借金を返済するために複数申し込みを検討しているならもう1度考え直して下さい。

10万円以下の少額なカードローンでも2社、3社と借りてしまっては毎月何度も返済日がやってくることになりますし、返済額も大きくなることでしょう。

複数借り入れはこういう辛い状況への入り口であることはしっかり頭に入れておきましょう。

複数のカードローンに申し込むコツ

複数申し込みを推奨するものではありませんが、どうしても必要なのに審査に受からないとなるとそれはそれで困りますよね。

複数のカードローンに申し込む必要がある場合に、やってはいけないことやコツを解説します。

スポンサードリンク

 

1日にまとめて多重申し込みをしない

複数のカードローンに申し込むときにまずやってはいけないのが、1日にまとめて申し込むことです。

アコムに申し込んだから、ついでにプロミスも、アイフルも・・・テレビで知ってる消費者金融全部に申し込んで様子を見よう!みたいな申し込み方はやめておきましょう。

実際はそこまでお金に困っていないのに「こんなに短期間で申し込まないといけないほど切羽詰まっている人」だと思われてしまってもったいないです。

やましいことがないのに不審に思われないように、1度に複数のカードローンに申し込むのは絶対にやめて下さい。

他社からの借入件数、借入額は正直に申告を

消費者金融カードローンに申し込みをするときは、現在の他社の利用状況も必ず申告する必要があります。

申告が必要な内容は、他社の利用件数と借入残高です。この自己申告でウソをついてしまうと、審査の目が厳しくなります。

どこでウソがバレるのかというと、信用情報機関への問い合わせです。

各信用情報機関はあなたの現在の借入額や返済状況などの情報を保有しているので、自己申告でウソをついてもすぐにわかってしまうんです。

収入を多めに申告したウソもバレる?

信用情報にはあなたが過去に申告した勤務先や年収も記録されています。多めに申告して過去の情報とあまりにも食い違いがあれば不審に思われるでしょう。

●収入証明書は絶対に必要?
消費者金融の場合、借入希望額が50万円を超えるときと、他社との借り入れ額を合わせて100万円を超える申し込みの場合に収入証明書の提出を求められます。

この2つのケースで収入証明書を提出する必要があることは、貸金業法によって決まっています。

<参考>:日本貸金業協会- 収入証明書などの提出にご協力ください

ただし、これ以外の場合も消費者金融から提出を求められたら出す必要がありますし、SMBCモビットWEB完結など、申し込み限度額に関わらず提出が必須の場合もあります。

どのような場合に収入証明書の提出を求めるのかははっきりとしていないのですが、申告された収入が多すぎると会社が発行している書面での確認が必要になることは想像できるのではないでしょうか。

収入を大げさにウソをつくことも自分の首を絞めることになります。

返済を滞納しない

すでにどこかから借入をしている場合、その返済状況も信用情報機関は保有していますので、滞納していたらその記録も残ってしまうことになります。

消費者金融は貸し倒れを嫌がるので、返済がスムーズにいかない人の審査は厳しくなるでしょう。

何日以上滞納すると信用情報に載ってしまうのかは公表されていませんが、返済は滞りなく行いましょう。

ちなみに、この滞納など信用取引に何かしら問題があったという情報のことを「事故情報」とか「信用情報に傷がつく」といいます。「ブラックリスト」と言われることもあります。

事故情報に記載されるのは、滞納・延滞、債務整理などです。

事故情報に載ってしまうと住宅ローンの審査に通らないなど、申し込みブラックとは比べ物にならないくらい大きな影響があるので絶対に避けたいところです。

複数からの借入自体は事故ではないのですが、借入金額が大きくなりすぎて滞納してしまうとブラックリスト入りしてしまいます。

消費者金融での借金を他の消費者金融で借りて返すようなことをしていると、いつの間にか多重債務者の仲間入りをすることにもなりかねません。

くどうようですが、複数のカードローンに申し込みをするときには、この点に十分気を付けておきましょう。

スポンサードリンク

 

複数申し込みに関わってくる「総量規制」

総量規制は消費者金融などから年収の3分の1以上の借入をすることができないという貸金業法で決まっている規則です。

例)年収300万円の人が新たに借りられる限度額
・現在どこからも借入がない場合
⇒100万円まで借入可能

・現在A社から10万円借りている場合
⇒90万円まで借入可能

・現在A社とB社合わせて80万円借りている場合
⇒20万円借入可能

・現在A社から100万円借りている場合
⇒借入不可

借入件数は関係なく、1社でも複数社でも年収の3分の1以上は借りることができません。

銀行カードローンなら年収の3分の1以上の多重申し込みが可能?

貸金業法は消費者金融などの貸金業者からの借入れについて定めている法律になります。

ですので、銀行法の範疇にある銀行カードローンは、名目上は総量規制対象外になるんです。

実際、以前は銀行カードローンなら年収の3分の1以上の金額を借りることができました。

現在はどうかというと、銀行も自主規制を行っているので実質不可となっています。まぁ、せっかく消費者金融が年収の3分の1以上を貸さないことにしているのに銀行が貸してしまっては総量規制の意味が薄れますもんね。

現在は、まっとうな借り入れである限り複数のカードローンを利用しても年収の3分の1以上の借り入れは実質不可能ということになります。

スポンサードリンク

 

複数のカードローンの返済が厳しくなったら?

複数から借り入れをして、毎月返済日が何度もあるようなとき。こんなときほどもう1社どこか貸してくれるところはないか・・・という気持ちになりそうですが、ちょっと待って下さい。

A社に3万円返済するためにB社から3万円を借りてしまうと、翌月の返済額は3万円以上になり、状況が良くなることはありません。

消費者金融の借入には必ず利息がつくので、A社に元金3万円を返したことにはならない上にB社の返済も発生するので借金は減らないどころか増えてしまうんです。雪だるま式の借金地獄。恐ろしいですね。

この状況をなんとかする方法は大きくわけて3つあります。

がんばって返済する

最低返済額しか返済しないと、がんばってもがんばっても元金が減らないようなイメージですが、催促がきたり、取り立てが行われるようなことはありません。

地道に返済を続けて、余裕があるときには多めに返すということを繰り返していけば時間はかかっても完済は可能です。

もちろん、借金を借金で返さない、これ以上どこからも借りないことが前提です。

債務整理をする

債務整理というと自己破産という印象が強いかもしれませんが、任意整理、特定調停、個人再生(民事再生)、自己破産の4種類があります。

●任意整理
弁護士や司法書士などの専門家に貸金業者と交渉してもらって返済に無理のないようにしてもらう方法です。

●特定調停
債権者と債務者の話し合いを簡易裁判所が仲裁し、返済条件の軽減などの合意の成立を支援してくれる制度です。話し合いではありますが、裁判所の関与により成功する場合も多くあります。

●個人再生
借金減額を行うことを目的とした債務整理手続きです。裁判所を通して行います。原則、借金が5分の1に減額され、3~5年で支払いをすることとなります。
「官報」という国が発行している機関紙に氏名、住所等の記録が載ります。

●自己破産
裁判所がすべての借金を帳消しにします。手続きが始まると債権者からの取り立てが止まり、免責となると全ての債務がなくなります。

一見夢のような措置ですが、リスクはかなり大きいです。

まず、最低限の財産以外の財産は債権者に行きますし、今後5年~10年はどこからも借り入れができません。クレジットカードも使えません。

また、手続き開始から免責が決まるまでの間、就けない職業があります。

それから自己破産も「官報」に掲載されます。

官報は有料で閲覧できる紙媒体のものと、一部ネットで無料閲覧が可能なものがあります。

住所まで載ってしまうというのは怖い気もしますが、官報はほとんど毎日のように発行されていて、自己破産等で掲載されている人数も多いので、誰かがよほどの意志を持ってあなたのことを調べない限り、官報から債務整理がバレる可能性はあまりないと思います。

<参考>:インターネット版 官報

「おまとめローン」を利用する

おまとめローンは複数からの借入れを金利の低い借り入れ先に一本化することをいいます。

金利が今よりも低くなる、返済日が月に1回だけになるなどメリットは大きいのですが、おまとめローンにも審査があるので、これまでの返済に滞りがある、あまりにも借金の金額が大きい場合などは審査が厳しくなることも予想されます。

●消費者金融のおまとめローン商品

・アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローン
貸付利率:実質年率7.7%~18.0%
限度額:300万円

・プロミス おまとめローン
貸付利息:実質年率6.3%~17.8%
限度額:300万円

・アイフル
おまとめMAX、かりかえMAX
貸付利息:実質年率3.0%~17.5%
限度額:800万円

・ノーローン
かりかエール
貸付利息:実質年率12.0%~18.0%
限度額:400万円

など

これら消費者金融のおまとめローンは総量規制の対象外になるので、年収の3分の1以上の額も借りることができます。(借入には審査があります)

もちろん、銀行でもおまとめローンは用意されており、審査は厳しいですが、消費者金融よりも金利が安い傾向にあります。

返済比率(返済負担率)を計算してみる

「年収に占める年間返済額の割合」のことを返済比率(返済負担率)といいます。年間返済額はおまとめローンの審査に影響していて、返済負担比率が高いと審査に通りにくくなります。

●返済比率(返済負担率)の計算方法
たとえば、年収が300万円で年間の返済額が50万円だとしたら

50万円 ÷ 300万円 = 約16%
返済比率は16%ということになります。

年間返済額の対象になるのは基本的にはあなたが持っている全てのローンです。
住宅ローン、自動車ローン、消費者金融での借入れ、クレジットカードのリボ払い、スマホの分割払い、奨学金などですが、貸金業者によって何を年間返済額に含むかは異なります。

なお、おまとめローンは通常のカードローンとは違う商品になり、ネット申し込みが不可、返済専用などの注意事項があります。
詳しく知りたい場合は、気になる消費者金融の公式サイトを確認してみて下さい。

スポンサードリンク

PAGETOP