持病がある人は住宅ローン審査に落ちる?

住宅ローンの審査では、健康状態がチェックされます。持病があったり直近で大きな手術を受けていたりすると団体信用生命保険(団信)の審査に通らなくて、貸し倒れリスクが伴うためです。

ここでは、持病の有無と住宅ローン審査との関係を見ていきます。持病があっても住宅ローンの契約ができるケースはあるので、正しい知識を身につけましょう。

スポンサードリンク

 


住宅ローンの審査と持病の関係

「持病があると住宅ローンの審査に落ちる」といわれる理由は、団信加入が契約条件に含まれることにあります。団信の審査に落ちれば住宅ローンの契約条件を満たさないので、なかなか審査に通りません。

ただ、持病といってもいろいろな症状や治療の経緯があって、すべてが審査落ちの原因になるわけではないのが難しいところ。住宅ローン申込時に提出した告知書の内容から、保険会社が審査します。

団信の告知書で聞かれる項目

告知書とは、保険の契約可否を判断するため、健康状態を申告するアンケートのようなものです。聞かれる内容は会社によって異なりますが、おおむねは以下3点が含まれます。

1. 直近3ヶ月で、診察・精密検査・指導・指示を含めた医師の治療を受けているか。該当する人は、くわしい内容を記載。
2. 直近3年で、特定の病気(ここでは割愛いたしますが、狭心症・脳卒中・うつ病など、保険会社ごとに決められた具体的な病名が列挙されます)に関して手術や投薬を受けているか。該当する人は、くわしい内容を記載。
3. 手足の欠損や機能障害、脊髄・視力・聴力・言語機能などに障害はあるか。該当する人は、くわしい内容を記載。

直近3ヶ月・直近3年という期間の縛りがありますよね。病気をしたのがかなり前だったり、しばらく医療機関にかかっていなかったりしたら、住宅ローン審査に通ることはあります。健康面に不安があっても希望を捨てず、入れる住宅ローンを探してみましょう。

告知書の書き方とポイント

健康面に不安があると「告知書に書かなかったら大丈夫では?」などと考える人もいますが、残念ながら、これは危険な判断。

告知書を正しく記載しないと、告知義務違反とみなされて、保険金が支払われないケースがあります。では、告知書の書き方で注意したいポイントはあるのでしょうか。持病がある人・ここ数年で手術や治療を受けている人は、以下の注意点を守りましょう。

正確な病名を確認する

患者さんに話しをするとき、正式な病名ではなく、分かりやすい表現が使われることがあります。「血管が詰まっている」「免疫の誤作動」といった表現をそのまま記載することはできないので、正式な病名を確認しましょう。

血圧やコレステロール、血糖値が関わる病気だったら、診断を受けたときの数値をありのままに記載するのも、正確な告知に役立ちます。

よくある失敗パターンですが「A」という病気の疑いといわれて検査を受けたところ、重症度がずっと軽い「B」という病気だった。患者さんの頭の中では「A」の病名を聞いたときのショックが大きく、告知書にも「A」と書いてしまった、といったケースも考えられます。

保険会社としては告知された内容をもとに審査するため、病名を間違えたばかりに結論が変わってくる可能性も否めません。医師に聞けば、記載すべき病名を明確に教えてくれます。正しい情報をもとに申告、団信の審査に備えましょう。

薬の名前と服薬期間を調べる

服薬している薬についても、正確な告知が求められます。お薬手帳を見ながら、薬の名前・期間・服薬量を転記しましょう。服薬量や期間からは、病気の重症度合いを推測できます。同じ病名でも審査結果が変わることがあるので、正確な申告が必要です。

定期検査の扱いに注意

告知書の質問に「3ヶ月以内」「3年以内」といった記載があったら、それより前の病気については対象外です。

ただし「10年前に手術をして完治、5年前から年に1回の定期検査を受けている」といったケースでは、告知対象に含まれます。判断に迷う場合は、担当者に相談しましょう。

保険募集人が「こう書けば大丈夫です」といったものに対して告知義務違反が疑われたとしても、加入者の責任は問われません。

では、持病があって団体信用保険の審査に落ちた人は、どうすればよいのでしょうか。マイホームを購入するために検討できる選択肢は3つあります。

1. 自己資金でマイホームを購入する
2. ワイド団信が使える住宅ローンを検討する
3. 団信加入不要のフラット35を検討する

どんなに安い住宅でも1,000万円や2,000万円くらいは必要ですから、自己資金によるマイホーム購入は現実的とはいえません。

そうなると、ワイド団信を使うか、フラット35を選ぶかです。各方法の詳細とメリット、デメリット、注意点を順番に見ておきましょう。

スポンサードリンク

 

持病があっても安心!ワイド団信が使える住宅ローン

ワイド団信とは、一般的な団信よりも条件を緩和して、対象者を広げた保険のことです。正式名称は、加入条件緩和割増保険料適用特約付団体信用生命保険。

パーツごとに区切ると「加入条件」を「緩和」する代わりに「割増保険料」が必要な「団体信用生命保険」のことをいいます。具体的には以下のような金融機関が選択肢です。

■三菱UFJ銀行
借入時の年齢制限:20歳以上50歳の誕生日まで
完済時の年齢制限:80歳の誕生日まで
上乗せ金利:0.3%
引受保険会社:クレディ・アグリコル生命保険株式会社
公式URL:http://www.bk.mufg.jp/kariru/jutaku/kanren/widedanshin.html
■みずほ銀行
借入時の年齢制限:満51歳未満
完済時の年齢制限:満81歳未満
上乗せ金利:0.3%
引受保険会社:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社
公式URL:https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/loan/housing/customer/life_insurance/wide.html
■じぶん銀行
借入時の年齢制限:満20歳以上満65歳まで
上乗せ金利:0.3%
引受保険会社:クレディ・アグリコル生命保険株式会社
公式URL:https://www.jibunbank.co.jp/products/homeloan/insurance/
■りそな銀行
借入時の年齢制限:満50歳未満
完済時の年齢制限:満80歳未満
上乗せ金利:0.3%
引受保険会社:クレディ・アグリコル生命保険株式会社
公式URL:https://www.resonabank.co.jp/kojin/jutaku/wide_danshin/
■イオン銀行
借入時の年齢制限:満20歳以上満50歳未満
完済時の年齢制限:満80歳未満
上乗せ金利:0.3%
引受保険会社:クレディ・アグリコル生命保険株式会社
公式URL:https://www.aeonbank.co.jp/housing_loan/wide_danshin/
■横浜銀行
借入時の年齢制限:満20歳以上
完済時の年齢制限:満80歳未満
上乗せ金利:0.3%
引受保険会社:カーディフ生命保険株式会社
公式URL:https://www.boy.co.jp/kojin/loan/danshin/

ワイド団信の特徴

ワイド団信を取り入れている金融機関は以外と多く、自分に有利な住宅ローンを選択できます。各金融機関が設定している上乗せ金利が割増保険料にあたるものです。

住宅ローンの審査で決まった適用金利に対して0.3%を上乗せして返済を続けることにより、団信の保障を維持できます。

ざっと見た限りですが、ワイド団信の引受保険会社にはクレディ・アグリコル生命保険を指定するところが多いようです。

引受会社が同じだったら団信の審査難易度は同程度と考えられますから、金利水準や特典、手数料など、住宅ローン自体の商品設計を比較して、申込先を検討しましょう。

ワイド団信の審査に通っても、住宅ローン自体の審査に落ちたら、契約はできません。年収や職業、勤務年数など総合的な視点から、自分に合う金融機関を選択ください。

うつ病・狭心症・高血圧などでもチャンスがある

イオン銀行のワイド団信ページには、具体的な疾病と引受実績が載っていました。糖尿病、狭心症など一般的には団信加入が難しい疾病でも実績があるようで、持病がある人にとっては心強い保険でしょう。

最近では、仕事や人間関係のストレスからメンタル疾患を抱える人も多く、確定診断がついてしまうと一般的な団信で審査落ちする原因の1つ。ワイド団信を検討することで、選択肢が広がります。

【イオン銀行のワイド団信で引受実績のあるおもな例】
代謝異常による病気:糖尿病、脂質異常症(高脂血症・高コレステロール血症)、高尿酸血症・痛風など
心臓・血圧の病気:狭心症、心筋梗塞、不整脈、心房細動、期外収縮、心臓弁膜症、高血圧症、血栓性静脈炎(静脈血栓症)など
脳の病気:脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)、脳動脈瘤(脳動脈解離)、てんかん、ギランバレー症候群など
精神・神経の病気:うつ病・うつ状態、自律神経失調症、適応障害、不安障害、強迫性障害、パニック障害、睡眠障害、神経症など

引用:https://www.aeonbank.co.jp/housing_loan/wide_danshin/

上の引用は、実績の一部にすぎません。気になる持病がある人は、契約できた前例があるかだけでも、調べてみると安心でしょう。

ワイド団信のデメリット・注意点

ワイド団信に加入すると、毎月の返済負担が高くなります。イオン銀行のシミュレーションツールを使って、ワイド団信をつけた場合・つけない場合の毎月の返済額を比べてみました。

◎試算条件
借入額3,000万円(ボーナス返済なし)・借入金利0.520%・返済期間30年

【ワイド団信をつけた場合】
毎月の返済額 90,020 円 / 月
返済総額 32,407,113 円

【ワイド団信をつけない場合】
毎月の返済額 94,031円 / 月
返済総額 33,851,156円

1ヶ月あたり4,000円くらい返済額が多くなる計算です。30年の累積だと140万円以上も負担が重くなることを思うと、悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

団信はケガや病気で入院した際の治療費・遺族の生活保障に対する備えにはならないので、民間の保険を解約して、ワイド団信に集約するのは危険です。持病がある状態で住宅ローンを契約するリスクをよく考えて、後悔しない選択をおすすめします。

スポンサードリンク

 

フラット35なら団信に入らなくても契約できる

フラット35は、団信加入が任意です。団信に入らない場合は、新機構団信付きフラット35金利から0.2%を差し引き、有利な条件で契約できます。

ワイド団信を活用すると毎月の返済負担が重くなったのとまったく逆。もしものことがあっても保障を受けられない不安は伴いますが、住宅ローンに対する支払いは少なくなります。

全期間固定金利で返済プランが立てやすい

フラット35は、長期固定金利で住宅ローンを組みたい人に支持されている商品です。市場金利がどんなに高くなっても返済額が変わることはなく、一定のペースで返済できます。

住宅金融支援機構と民間の金融機関がタッグを組んで販売していることから間口を広くとっていて、契約社員や派遣社員、自営業など、一般的には住宅ローンの審査が難航しやすい人も安心です。

省エネ性能や耐震性、バリアフリー性といった高品質の住宅を取得する場合には、金利引き下げプランが適用されます。

持病のある人がフラット35を契約するときの注意点

持病があって住宅ローンを組む場合、症状が悪化したときの生活維持手段を確保しましょう。医療費の備えには、加入条件を緩和したタイプの医療保険を活用できます。引受条件緩和型の医療保険なら、持病があっても加入できる商品が見つかるはずです。

夫が働けない期間にも、住宅ローンの返済は続きます。就業不能保険(働けない期間の収入を保障する保険。損害保険では、所得補償保険と呼ばれます)で備える方法もあるのですが、すでに持病がある人だとハードルが高めです。

健康保険から支給される傷病手当金を住宅ローンの返済に回す考え方が妥当でしょう。傷病手当金は、連続3日を含み4日以上会社を休んだときから最長1年6ヶ月支給されます。

支給額は給与の3分の2相当ですから、住宅ローンの返済には十分でしょう。家族の生活資金が不足するなら、週に何度か妻がパートで働けば大丈夫です。もしものことがあったときの対処法を事前に相談しておけば、慌てる心配もなくなります。

スポンサードリンク

PAGETOP