1万円 借りる!今すぐ即金で1万円稼ぐ・用意する

ここでは、1万円が今すぐ必要な方に、即日で1万円を借りる方法や、1万円を稼ぐ方法、急ぎで1万円を用意する方法を紹介します。


カードローンの即日融資で1万円借りる

まず、即日で1万円を借りる方法で、おすすめなのがカードローンです。

特に大手消費者金融が提供しているカードローンは、銀行と違って、即日融資に対応していますので、急いで1万円を借りたい方に適しています。

消費者金融や銀行カードローンを利用したことがない方は不安に感じるかもしれませんが、銀行グループに属しているアコムプロミスなど大手なら安心して1万円を借りることができますよ。

また、大手消費者金融がやっている30日間無利息サービスを利用すれば利息なしで1万円を借りることも可能で担保・保証人も必要ありません。

30日間無利息を行っている銀行はほとんどないですし、銀行カードローンは該当銀行の普通預金口座が必要な場合が多い、そして即日融資に対応していない場合が多いので、当サイトでは消費者金融をおすすめしています。

カードローンとは?

カードローンは個人向けの無担保ローンです。知名度が高いところだと、アコムアイフルプロミスSMBCモビットなどが提供しています。CMなどで名前は聞いたことがあるのではないでしょうか?

カードローンは自動車ローンや住宅ローンと違って、使用目的が限定されていません。(事業性資金は除く)

なので、1万円が必要な理由が飲み会のためでも、旅行のためでも、パチンコに使いたいだったとしても、消費者金融業者にとっては大切なお客様になるんです。

なお、カードローンは20歳以上で本人に安定した収入がある人を対象になるので、未成年者さんや収入がない学生さん、専業主婦さんはそもそもこの方法で1万円を借りることができません。

ただ、安定した定期収入があれば、アルバイトでもパートでも、派遣社員でも契約社員でもカードローンに申し込むことができるので、検討してみてはいかがでしょうか。

消費者金融カードローンの利用に不安がある?

消費者金融に縁がない方の中には、キャッシングは怖い、不安みたいな気持ちもあると思います。

1度手を出したら終わり、みたいな(笑)

なんとなく消費者金融に抵抗がある方は大手銀行グループのカードローンを検討してみてはいかがでしょうか。

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループ、プロミスSMBCモビットは三井住友銀行グループで、東証1部に上場している立派な企業です。

街金など聞いたことがない消費者金融を利用するのは、かなり不安がありますが、大手消費者金融なら安心して1万円借りることができますので、過度な心配は不要です。

でも、不安に感じる気持ちも大事なんですよ。怖さがあったら借りすぎることもないですし、たとえ1万円でも借りる前から返済のことも考えられると思います。

カードローンの申し込み方法・即日融資の締め切り時間

アコムアイフルプロミスSMBCモビットの大手4社の消費者金融はネットから申し込みができます。

ネット申し込みをしたら審査が行われ、通ったら融資限度額と金利のお知らせがあるので、納得できたら契約をし、1万円を融資してもらう流れになります。

この4社は審査にかかる時間が最短30分ととてもスピーディーなので即日で1万円を借りることも可能です。

振込による即日融資

即日振り込みで1万円の借り入れをしたい場合は、14時までに審査も振り込み依頼も終わっていると安心です。14時50分までの申し込みに対応しているカードローンもありますが、早めに手続きを行った方が確実性が高いです。

振込依頼をすると、あなたの指定する口座に1万円を振り込んでもらえます。

ローンカードが無くても融資を受けられるとても便利な方法ですが、カードローン会社とのやりとりは他の入出金記録と同様に通帳に記載されます。

家族にバレたくない方はそのことを頭に入れておいてくださいね。

ローンカードがあればコンビニATMからも現金を引き出すことができます。この方法だと口座を介さずに1万円を借りることができます。

自動契約機でカードを発行して即日融資

ローンカードもその日のうちに欲しい場合は、各社の自動契約機(無人契約機)に取りに行って即日発行する必要があります。

大手消費者金融の自動契約機は、21時~22時まで営業している場合が多いので、その時間までに審査に通過すればカードを発行し、ATMで1万円キャッシングすることも可能です。

振り込みによる即日融資よりも、時間的に余裕がありますが、早めに審査に申し込むようにしてください。

お勧めの方法は、スマホやパソコンからインターネットで審査に申し込んで、カードの受け取りを自動契約機に設定するやり方です。このやり方は時間短縮になりますので急いで1万円を借りたい方は実践してみてください。

30日間無利息サービスを活用して1万円借りる

30日間無利息サービスは、アコムアイフル、やプロミスなどが行っている最大30日間、利息0円で借り入れができるサービスです。

30日以内に返済すれば金額にかかわらず利息が発生しないので、とてもお得なサービスですよ。

・30日以内に1万円を全額返済した場合
⇒利息は0円。

・30日以内に6,000円を返済した場合
⇒借り入れ残高の4,000円にだけ利息が発生する

・30日以内に1万円を返済して、3,000円の追加融資を受けて、全て返済した場合
⇒利息は0円

消費者金融の不安要素のひとつが利息の高さなので、今すぐ1万円が必要だけど次のお給料日には返せるとか、一時的に借り入れが必要な方にはとてもありがたいサービスだと思います。

ちなみに、アコムとアイフルは「契約日の翌日」から30日間無利息になりますが、プロミスは「初回借り入れ日の翌日」から無利息期間が始まります。

次の週末の結婚式のご祝儀に1万円が必要な場合など、借り入れ希望日までに数日余裕がある場合はプロミスを選んだ方が30日間無利息期間を有効に使えます。

消費者金融でも1万円程度なら利息は大したことない

消費者金融のデメリットは「利息が高い」という点です。銀行カードローンの金利が15%前後に対して、消費者金融は18%の所が多いです。

30日間無利息サービスがあるとはいえ、この高金利は気になるところ。でも、1万円程度の借入なら、支払う額はそれほど大きくはなりません。

プロミスのシミュレーションを使って、1万円を借りた場合の返済額を計算してみましょう。

▼プロミス17.8%で1万円借りた場合

返済期間 毎月の返済額 合計
3ヶ月 3,432円 10,296円
6ヶ月 1,754円 10,524円
9ヶ月 1,195円 10,755円
12ヶ月 915円 10,980円

 
大したことないですよね?
ですので、急いで1万円を借りたい方には、無利息サービスがあり、即日融資に対応した消費者金融をお勧めしています。

家族、友達に1万円を借りる

特に未成年者さんはカードローンが利用できませんし、年齢によっては家族にお金を借りることがいちばんスムーズかもしれません。

カードローンと違って決まった返済日も利息もありませんが、だからこそ借りるときにいつ返済できるかも伝えておきたいところです。

また、どんなに仲が良い友達に借りる場合でも、気心が知れているから借りやすいわけではありません。貸してもらえなかった上に友人関係もなくす可能性もあります。

借りられたとしても上下関係ができてしまうこともあるでしょう。

以下で私の体験談をお話しします。

体験談!知り合いではなくカードローンをイチオシする理由

今すぐ1万円を作る方法としてカードローンをまっさきにご紹介した理由は、他の方法よりも低リスクで借りられるから。

無いところから1万円を作る基本的な方法は、やっぱり「借りる」になります。借金自体がそもそもリスキーななことではあるのですが、友達や家族から借りると、お金に困っていることを知られたくない人に知られるデメリットがあります。

借金がきっかけで関係が変わる可能性も低くありませんよね。

筆者も以前の職場の知り合いにお金を貸して欲しいと言われたことがあります。それも3万円という大金!

そのときの状況は今でもハッキリ覚えています。会社の飲み会の帰りで時間は22時頃。2次会には行かずに帰ろうとした私に、お財布に思ったよりお金が入ってなかったからみんなに内緒で貸して欲しい、明日の仕事終わりに必ず返すから、ということでした。

2次会に3万円ってどんな店に行く気なの?という感じでしたが、強く請求しても差し支えないような間柄だったので、5,000円だけ貸すことにしました。

翌日にはちゃんとお金を返してもらいましたが気持ちの良いものではないですし、また借金を申し込まれるのではないかと、しばらくは私が相手を警戒するような関係になってしまいました。

「お金を貸して欲しい」と言われることのなんとも言えない不快感や不安、相手に対するモヤッとした感情を長い間拭えなかったことから、もし自分が緊急でお金が必要になっても身近な人に借りるのはやめようと心に決めています。

その点、カードローンだったら自己責任で気兼ねなく利用できますし、30日以内に返済できれば利息もありません。

少額のローンだからこそカードローンがおすすめなのです。

クレジットカードのキャッシング枠で1万円借りる

クレジットカードをお持ちの方は、キャッシング枠を確認してみて下さい。

多くのクレジットカードには買い物などのショッピング枠とは別に自由に現金を引き出せるキャッシング枠が設けてあるので、もしお手持ちのクレジットカードにキャッシング枠があれば今すぐ1万円を借りることができます。カードローンに新たに申し込むよりもスピーディですね。

デメリットがあるとしたら、クレジットカードのキャッシングにも必ず金利が発生しますし、無利息サービスがないこと。

キャッシング枠があれば面倒な手続きもせずに今すぐ1万円を借りられますが、金利をしっかり確認しておきましょう。

質屋を利用して1万円を借りる

質屋は預けた品物を担保にしてお金を借りることができます。お金になりやすいものは、ブランドもののバッグや時計、新しい機種のパソコン、家電製品、貴金属などでしょうか。

期日までに元金と利息を全て返済すれば預けたものは返してもらうことができます。お金を返すことができなかったら品物は返ってきません。このことを「質流れ」と言います。

質屋は品物を売ってお金に変えるわけではないので、期日にまでに返済したら品物がきちんと戻ってくるところが嬉しいところ。仮に返済できなかったら品物は返ってきませんが、延滞金等もつきません。

質屋大手の大黒屋さんでは、質預かりの保管期限を3ヶ月間としています。つまり3か月以内に元金と利息を返済すれば品物は返ってくるんです。

担保になりそうなものさえあれば持ち込んで30分程度で1万円を借りることができるので、売るのはイヤだけど、一時的に預けても良い品物があるならスピーディに換金できます。

生命保険の契約者貸付制度を利用して1万円借りる

生命保険には契約者貸付制度というものがあります。もし、あなたが生命保険に加入していればこの制度を利用して1万円を借りれる可能性がります。

契約者貸付制度ととは解約返戻金の一部の金額を借り入れできる制度です。カードローンと比べて金利は低いですが、早めに返済しないと複利で返済額がどんどん膨らんでいってしまいます。

例えは100万円を3%で借りた場合、1年間の利息は3万円になります。2年目は103万円に利息がかかり、合計で106万円になり、翌年は106万円に利息が掛りますので、借金はどんどん大きくなるのでご注意ください。

また、返済が滞ると最悪、生命保険の解約になってしまう恐れもありますので覚えておきましょう。

すでに生命保険会社からカードを発行してもらっている方は、ATMで暗証番号を入力して即日で1万円を借りることも可能です。

利用してはいけない1万円の借入方法

闇金・違法業者

電柱に張り紙が貼ってある金融会社や、聞いたことがない街の金融会社、ダイレクトメールなどに記載してある金融会社は闇金・違法業者の可能性がありますので注意してください。

特に過去に延滞したり、債務整理をした方など、大手の消費者金融でお金を借りれない方はご注意ください。「ブラックでも貸します」「無審査で貸します」など甘い言葉を並べて闇金は近づいてきます。

「1万円程度ならいいか」と思って闇金に手をだし、取り返しがつかなくなる人は大勢います。

闇金は違法業者なので、法外の利息を請求してくる上、取り立ても強引ですので、絶対に利用しないようにしましょう。

また、闇金はあらゆる手を使って、罠をはっています。詳しくは違法な業者の手口及びその被害をご覧ください。

また、聞いたことがない金融会社でお金を借りる場合は、財務局長又は都道府県知事の登録を受けているかチェックしてみてください。

個人間融資掲示板

現在、個人間融資掲示板が数多く存在しますが、個人間融資掲示板を利用して1万円借りる方法は当サイトで推奨しません。個人間融資は違法、違法じゃない、など色々な意見がありますが、ここにも闇金が潜んでいたり、金銭トラブルも多い事実があります。

クレジットカードのショッピング枠の現金化

クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法です。具体的にはクレジットカードを使って、家電品やチケットなど換金できるようなものを購入して、業者に買い取ってもらう方法です。

クレジットカードの現金化をしてくれる業者を使うのが一般的な方法ですが、クレジットカードのショッピング枠の現金化は、クレジットカードの規約違反です。

クレジットカードの解約及び、一括返済を請求される可能性もありますので、絶対にやめましょう。

※その他、即日で1万円借りる方法で、自動車やバイクを担保にお金借りる方法があります。ここには詳しく書きませんが以下のサイトに掲載されています。
1万円借りる方法【今すぐ一万円必要で即日お金借りたい】
お金を借りる即日融資ガイド110番は、消費者金融や銀行だけでなく、国や市役所、質屋などあらゆるお金借りる方法や注意点が掲載されています。

リサイクルショップに持ち込み即日で1万円用意する

お金を借りるのではなく現金を作るという考え方なら、家にあるものをお金に変える方法があります。

まず、リサイクルショップを活用する方法がありますね。持って行くという手間はあるものの即日で1万円を作れるところは評価できます。

ただ、価格を自由に設定できるオークション、フリマアプリと比べると売れる価格はかなり安くなってしまいます。

筆者の場合は、ブックオフで100円程度の査定価格だった本がメルカリで1,200円で売れた経験もあります。

本当に急いでいるときにはネットを利用するよりも身近なリサイクルショップの方がより早く1万円を作ることができますが、値段がつきやすいのはオークション、フリマアプリです。

オークション、フリマアプリで1万円を用意する

ネットを活用した方法では、ヤフオクなどのオークションと、メルカリなどのフリマアプリが代表的ですね。

ネット環境があればどちらも比較的に簡単に始めることができますが、確実に売れるとは限りませんし、売れたとしても手元にお金が入るまでにどうしても時間がかかりますので、即日で1万円を用意したい方には向きません。

でも、不用品を現金に換える効果的な方法ではあるので、1週間ほど猶予がある方には試してみて欲しい方法でもあります。

オークションとフリマの違い

オークション

オークションは落札期日までにいちばん高値をつけた人が購入できる入札式の売買方法です。最初に出品価格を設定するのですが、商品が欲しい人は自分が出せる金額を提示します。

その価格を見たもっとお金を出しても良いと思った希望者がさらに高い値段をつけます。そうやって、出品価格よりもどんどん価格が上がっていくので、うまくいけばあなたの想定以上の売り上げが発生することもあります。

・オークションのメリット
高い価格で売れることがある

・オークションのデメリット
出品終了日まで待つ必要があるため即効性はない

フリマアプリ

メルカリを代表とするフリマアプリは、スマホがあればとにかく簡単に出品ができる仕組みが確立しているので、本当に初めての方でも使いやすいと思います。

フリマアプリは商品を欲しい人が販売価格に納得できれば即購入することができるので、24時間以内に売れることも珍しくありません。

もちろん売れなければ待つことになりますが、筆者の経験では出品して5分以内に売れたこともあります。

でも、入札式ではないので値下げ要求も多く、出品価格以上の金額で売れることはまずありません。かといって最初から高すぎる価格を設定していると見てもらえないんどえ出品価格の設定は重要です。

・フリマアプリのメリット
オークションよりも短時間で売れることもある

・フリマアプリのデメリット
出品価格よりも安い金額で売れることもある
現金化に時間がかかる

今すぐ1万円が必要というコンセプトを考えると向いているのはフリマアプリですが、コレクターズアイテムやヴィンテージ品など希少性が高いものをなるべく高値で売りたい場合は、価格がどんどん上がるオークションの方が相性が良いですよ。

また、メルカリは売れてもすぐに現金が入ってこないことも覚えておきましょう。

入金されるタイミングは?

入金のタイミングは落札者がいつ振り込むかによっても変わるのですが、メルカリを例に説明します。

購入者の支払い状況はメルカリのシステムで確認できるので、必ず支払いが終わってからあなたは発送手続きを行います。

でも、支払いが完了しているにも関わらず、この時点ではまだ現金をゲットできません。

相手が支払をしたらメルカリから連絡がくるのであなたは発送をします。出品物が相手に届いたら相手があなたを評価します。相手の評価が終わったら、あなたも相手を評価したら取引が完了します。でも、この段階でもあなたに現金は入ってきません。

メルカリは出品者と落札者が直接お金のやりとりをできないような仕組みになっていて、入金されたお金はメルカリの一時預かりのような形になるんです。現金が欲しい場合は、メルカリに申請をしてあなたの口座に振り込んでもらう必要があります。

振込申請の締め切りは毎週月曜日で、入金は振込申請の締め切り日から数えて4営業日目です。

2018年の5月の振込申請日と振り込み日はこうなります。

振込申請日 振込日
5/1~5/7 5/11(金)
5/8~5/14 5/18(金)
5/15~5/21 5/25(金)
5/22~5/28 6/1(金)
5/29~5/31 6/8(金)

 
5月1日に申請をしても自分の口座に入金されるのは5月11日になると考えると、今すぐ1万円を作るための予備の方法として考えておいた方が良いかもしれませんね。

手数料は10,000円以下の振り込みの場合210円、10,000円以上なら無料になるので、確実に10,000円以上の売り上げを立てたいところです。

フリマアプリを使えば、不用品がすぐに売れる可能性もまったく低くはないのですが、手元に入金されるまでには最低でも5日はかかることになります。この点がフリマアプリの大きなデメリットです。

日払いのバイトで即日1万円稼ぐ

働いて1万円を生み出す良い方法ですね。

引っ越しの繁忙期や、年末年始などは短期アルバイト募集も多いですし、交通量調査や選挙の開票などスポットの日払いのバイトもあります。

1万円程度なら日払いのバイトで十分に稼げる可能性があります。

ただ、日払いとはいっても即採用してもらえて、その日のうちに働いてお給料をもらえない場合もあるので、別日にお給料を取りにいかないといけないパターンもあります。

支払い日がいつになるのかを確認して申し込みをした方が良いでしょう。

アフィリエイトで1万円稼ぐ

アフィリエイトとは、自分のブログやウェブサイトに広告を貼り、稼ぐ方法です。

あなたが掲載した広告から物が売れたり、サービスを利用したら、その広告主からあなたに数%の報酬が支払われるシステムです。

化粧品やファッション、生活用品、エステや脱毛の申込み、消費者金融や銀行カードローン、クレジットカードの入会、FXや仮想通貨の口座開設などなど、広告の種類はたくさんあります。

アフィリエイトをはじめるには、A8ネットやバリューコマース、アクセストレードなどASPと呼ばれているサービスに無料登録する必要がありますが、ブログやウェブサイトをお持ちの方なら、すぐに手軽に始められます。

中には、自分で商品を購入したり、口座開設して報酬を得てもOKな広告もあります(自己アフィリOK)。例えば、クレジットカードの入会やFXの口座開設なら、無料な上、高額報酬が多いので、1万円を稼ぐのはそれほど難しくはありません。

ただ、末締めの翌々月払いのASPが多いため、即日で1万円を稼ぎたい方には向きません。

時間的に余裕がある方や、カードローンで1万円を借りて、返済に充てる方法としては良い方法かもしれませんね。

ココナラで1万円稼ぐ

あなたにと何かしら特技があれば「ココナラ」で1万円を稼ぐことも可能です。「ココナラ」は知識や特技、経験を販売できるオンラインシステムです。

例えば、出品カテゴリには「占い」「恋愛・結婚」「子育て」「美容・ファッション」「語学・翻訳」「グルメ・料理」「IT・プログラミング」など数多くあります。

あなたの得意がお金になるかもしれませんね。もしかしたら1万円程度ならすぐに用意できるかも?

出品は無料です。

ただ、入金までに時間が掛るので1万円を即日で用意したい方には向きません。また手数料もかかりますので覚えておきましょう。

クラウドワークス・ランサーズで1万円稼ぐ

クラウドワークスやランサーズなどクラウドソーシングを使って1万円を稼ぐ方法です。登録は無料で、今すぐはじめることができます。

クラウドソーシングとはネット上で、不特定多数の人に仕事を発注することで、仕事を受ける側は、その募集に応募して仕事に参加します。

仕事は、システム開発、プログラミング、文章の作成、翻訳、ロゴやイラスト、バナーの作成、翻訳、調査などなど、数多くあります。

匿名で仕事ができ、時間も納期さえ守れば、いつ作業してもOKなので、副業で1万円を稼ぎたい方はピッタリです。

ただ、ココナラと同様に、入金までに日数があり、手数料も取られてしまうというデメリットがあります。

ただ、アフィリエイトのようにブログやWEBサイト、メルマガなど自身のメディアを持っていなくて気軽に始めることができるのでオススメです。

即金で1万円を用意する方には向きませんが、時間に余裕がある方や、カードローンの返済に充てたい方はいかがでしょうか?

1万円を用意するお勧めの方法を紹介しましたが、その他にも、PIXTAで撮影した写真を販売したり、ポイントサイトを利用したり、ネットショップを運営したり・・・、本業以外で1万円稼ぐ方法はたくさんありますのでご自身に合った方法を探してみてください。

スポンサードリンク

PAGETOP