web完結 カードローン おすすめ3つと各社の違い

カードローン自動契約機(無人契約機)が開いている時間に足を運ぶことができないというときに、どこにも行かずに目の前のパソコンやスマホだけでカードローンの申し込み・借り入れ・返済までできるとしたら、本当に便利だと思いませんか?

そんな方々に知って欲しいのが、「web完結」というカードローンの契約方法です。通常のネット申し込みとは違いweb完結ならでのサービスも充実しているんですよ!

ここでは、web完結カードローンとは?通常のネット申込みとの違いは?SMBCモビットとプロミス、アイフルのweb完結の違いは?などの解説とおすすめのweb完結カードローン3つを紹介します。


web完結とは

web完結はカードローンの申し込みがネットだけでできてしまう仕組みです。

でも、それだけだと通常のネット申し込みとどう違うの?という感じですよね。
まずはこの2つの違いから見ていきましょう。

web完結は原則「ネットだけ」で手続き可能

各会社の定義によっても違うのですが、web完結なら原則ネット上のみでカードローンの申し込みも審査もできてしまいます。

つまり、消費者金融からの電話もありませんし、契約書類やローンカードの郵送でのやり取りもないですし、何よりも勤務先にかかってくる在籍確認の電話もありません。(SMBCモビットの場合)

ただし、各社すべてのweb完結がここまで行き届いたサービスを行っているわけではなく、ネット申し込みをweb完結を言っている場合もあるので注意してください。

通常のネット申し込みとは

ネット申し込みは、その名のとおりネットで申し込みをする方法です。申し込みの手続きだけがネット上でできると考えて下さい。

ネットで申し込みをした後は、勤務先への在籍確認の電話があり、ローンカードや書類が郵送されてくることもあります。

ネット申し込み自体は24時間受け付けているので、夜のうちに申し込んでおけば翌日スピーディに審査を行ってもらえます。

web完結のメリット

ここではSMBCモビットのweb完結を一例にメリットをご紹介します。

電話連絡が一切ない

書類に不備があった場合などは確認の電話がかかってくることがありますが、SMBCモビットのweb完結は原則電話連絡がありません。勤務先への在籍確認の電話もないので、会社への連絡を避けたい方にとてもおすすめできるサービスです。

※プロミスとアイフルのweb完結は電話連絡があります。

郵便物がない

ネット申し込みをする場合、契約書やカードが郵送されてくることもあります。一人暮らしの方は問題ないですが、家族と一緒に住んでいると消費者金融と契約をしていることが家族バレするんじゃ・・・と不安もありますよね。

web完結なら契約書類はネット上で確認できたりダウンロードできるようになっているので、郵送されてくることはありません。

カードの発行がない

カードも発行されないので、送られてくることもありません。

web完結ならカードレスでの取引が可能です。カードを使う場面といえばATMでの現金の引き出しだと思いますが、カードレスの場合、借り入れは自分の口座に振り込んでもらう振り込み融資になります。

ちなみにATM手数料は消費者金融によって異なるのですが、自社ATMは無料、提携ATMは108円~216円の場合が多いです。

コンビニATMは便利ですが毎回手数料がかかることになります。かといって街中に大きく看板を掲げてある消費者金融ATMに出入りするところはなるべく人に見られたくないのではないでしょうか。

振込融資なら現金が欲しいときに口座に振り込んでもらってから、自分の銀行キャッシュカードで引き出すことになるのでこういった心配がなくなります。

web完結「必要書類」の提出方法

必要書類の提出もネット上で行います。

スマホやデジカメで必要書類を撮影したものをアップロードするのですが、アップロード方法はスマホの専用アプリがあったり、各カードローン会社の専用サイトなどから指示にしたがって送信するだけなので難しいことはありません。

もしわからないことがあったらフリーダイヤルから確認も可能です。

メールに添付する必要すらない場合が多いので、パソコンの操作が苦手な方でも簡単に必要書類を提出できると思います。

以前は紙ベースの書類の提出方法といえばFAXでした。でも、FAXって家にあります??

余談ですが、先日どうしてもFAXが必要な場面があったのですが、そもそも家にFAXがないのでまずはコンビニに行きました。

指定された番号に送るのですが、送信エラーが続いて送ることができません。宛先番号は何度も確認したので間違いはありません。こうなると、もうこちら側でできることはありません。

電話でやりとりをしながら何度も再送して、結局原因不明のまま無事に届いたのですが、家を出てから相手に届くまでに45分もかかりました・・・。

たまたま運が悪かったのかもしれませんが、これがデジタルデータだったら1分もかからず手続きが終わってるはずです。久しぶりにFAXを使いましたが、web完結のような仕組みがあると本当に助かるのにと心の底から感じた体験でした!

web完結「在籍確認」はどうやって行われるの?

SMBCモビットのweb完結の在籍確認は電話では行いません。何で確認するのかというと全て書類になります。ですので、SMBCモビットweb完結は他社カードローンよりも必要書類が若干多くなります。

SMBCモビットweb完結に必要な書類

●本人確認書類
運転免許証またはパスポート

●収入証明書
源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与明細書(2か月分)のうちいずれか1点

●勤務先証明書
社会保険証または組合保険証+給与明細書

他社の必要書類がいちばん少ないパターンだと本人確認書類だけというところが多いのですが、SMBCモビットweb完結は本人確認書類・収入証明書・勤務先証明書の全てが必須になります。

収入証明書としての給与明細書が無い場合は勤務先証明書として給与明細書の提出が必要なので、web完結を利用する場合は給与明細書が必須ということになります。

審査にかかる時間は?厳しかったり(甘かったり)する?

SMBCモビットの場合、審査にかかる時間は最短30分になります。

ただしこれはいちばん早くて30分なので、写真が不鮮明で見えないなど書類に不備があったり、混雑している場合はもっと時間がかかります。

あまりにもギリギリに申し込んでしまうと最悪、翌営業日の審査となってしまいます。

SMBCモビットの振り込みキャッシングは平日9:00~14:50に手続きが完了すると最短3分で即日融資が可能となります。

当日の融資を希望する場合は、なるべく早い時間に申し込んだ方が安心ですし、前日夜に申し込みだけしておくと翌営業日にスピーディに審査を行ってもらえます。

なお、審査の基準が申し込み方法によって変わることはないので、電話、自動契約機(無人契約機)での申し込みとweb完結は同じ基準で実施されます。

オススメのweb完結カードローン3つ

web完結サービスを提供しているカードローン会社と利用条件などをご紹介します。

SMBCモビットのweb完結カードローン

・金利(実質年利):3.0~18.0%
・限度額:最大800万円
・審査にかかる時間:最短30分
・年齢:20歳~69歳
・貸付対象者:安定した収入のあるSMBCモビットの基準を満たす人。アルバイト、パート、自営業も利用可能。
・返済方式:借入後残高スライド元利定額返済方式

●SMBCモビットのポイント
・安心の三井住友銀行グループ
・web完結なら在籍確認の電話連絡なし!
・即日融資も可能

SMBCモビットのweb完結は、申し込み・審査・借り入れ・返済まで全てがネット上でできてしまうとても便利なサービスです!

他社との大きな違いは、在籍確認までweb上で済んでしまうことです。(電話連絡ナシ)

SMBCモビットweb完結の申し込み条件は?

SMBCモビットのweb完結を利用するには、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っていることと社会保険証または組合保険証を持っていることが条件になります。

また、SMBCモビットのweb完結に必要な書類はこちら。

本人確認書類:運転免許証またはパスポート

収入証明書:源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与明細書(2か月分)のうちいずれか1点

勤務先証明書:社会保険証または組合保険証+給与明細書

条件に当てはまる保険証の種類を見る限り、国保は不可となりますので自営業者さんの利用はできないということになりますね。

やや条件が厳しいですが、電話連絡がないというメリットはとても大きいです。

プロミスのweb完結カードローン

・金利(実質年利):4.5~17.8%
・限度額:最大500万円
・審査にかかる時間:最短30分
・年齢:年齢20歳以上、69歳以下
・貸付対象者:ご本人に安定した収入のある方
・返済方式:残高スライド元利定額返済方式

●プロミスのポイント
・即日融資可能
・24時間「瞬フリ」
・30日間無利息サービスあり!
・三井住友銀行グループ!
・カードがなくてもセブン銀行ATMで現金を引き出せる
・最高大金利が低い

プロミスにもweb完結があります。

申し込み・借り入れ・返済までネットでできて郵便物もありません。なお、基本カードレスですが、カードを後から発行することもできます。発行手数料は無料です。

在籍確認は原則、勤務先への電話連絡となります。

プロミスweb完結の流れをご説明します。

1.申し込み
ネット(パソコン・スマホ・ケータイ)で申し込みをします。その際、契約方法を選択する欄があるので、「WEB」を選択します。他の方法を選ぶとweb完結にならないのでご注意下さい。必要書類はスマホやデジカメで撮影したものをアップロード、またはスマホアプリで送ることになります。

2.審査
プロミスの審査には原則電話での在籍確認があります。

プロミスの担当者が個人名であなたの会社に電話をかけてくるので、あなたが電話に出た場合はそれで確認OKとなります。

出られなかった場合は、「何時ごろお戻りですか?」などと聞かれ「再度こちらからご連絡いたします」と言われることもありますが、あなたが電話にでられなくても在籍の確認が取れているので、またかかってくることはありません。

どうしても会社への電話を避けたい場合は、ネット申し込みが終わったらすぐにプロミスに電話で連絡をして相談してみて下さい。別の在籍確認方法を提案してもらえることがあります。

3.契約
審査結果の連絡がメールで届くので、限度額・金利を確認したら契約に移ります。
契約手続きもネットで行います。返済方法は口座振替での契約になるので「カード不要」を選択します。

4.借り入れ
契約が終わったら即日借り入れも可能です。
プロミスweb完結もカードがないので、借り入れは振り込みで行うことになりますが、カードは後日発行も可能です。なお、プロミスのスマホアプリを使えばセブン銀行ATMから現金を引き出すことも可能です。

アイフルのweb完結カードローン

・金利(実質年利):3.0~18.0%
・限度額:最大800万円
・審査にかかる時間:最短30分
・年齢:20歳以上。取引中に70歳になったら新規の融資は停止となります
・貸付対象者:定期的な収入と返済能力があり、アイフルの基準を満たす人
・返済方式:借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式

●アイフルのポイント
・30日間金利0円サービスがある
・郵送物の時間指定ができる
・カードの発行も可能

アイフルのweb完結はプロミスと似ていて、申し込み・借り入れ・返済はネットでできますが、本人確認は原則勤務先への電話になります。

web契約をするときに「カードレス」「口座振替登録」を選択することで、郵便物が一切ないweb完結となります。

審査結果の連絡は電話でも可能、カードレスで契約した後にやっぱりカードが必要と思ったらカードの発行も可能など、柔軟な対応を行ってもらえます。

アイフルは急いでいる方への対応も行っていて、ネット申し込みをした後にアイフルに電話すると優先的に審査を行ってもらえます。

結局どのweb完結カードローンが1番おすすめなの?

web完結は自宅にいながらカードローンのすべての手続きが完了する便利なサービスですが、大きなメリットとしてカードローンに申し込んだことがバレにくいということがあげられます。

カードローンの利用がバレやすいタイミングは、

・勤務先への在籍確認に他の人がでた
・カードが自宅に郵送されてきて家族が受け取った
・財布に入っているカードが見られてしまった
・明細書が見られてしまった
・カードローンATMを利用しているところを見られてしまった

など。

この5つの状況を全て避けたいなら電話在籍確認を回避できるSMBCモビットのweb完結が良いでしょう。

在籍確認の電話がかかってきても構わない方は、プロミスアイフルも検討してみて下さい。その理由はSMBCモビットには30日間無利息サービスがなく、プロミス・アイフルにはあるからです。

ちなみに、アイフルの30日間無利息サービスは、契約をした翌日から自動的にスタートします。プロミスの場合は初回借り入れ日の翌日からスタートします。

プロミスとアイフルで30日間無利息サービスの起算日が異なるところも、どのweb完結を選べば良いかの目安になります。

スポンサードリンク

PAGETOP