マイカーローンの選び方

これからマイカーローンでお金借りることを検討している方にとって、どこで借りるか、どんなマイカーローンでお金を借りるかということはとても大切なことだと思います。

決して少なくないお金を借りるわけですから、慎重に検討したいですよね。なかには、フリーローンやカードローンをマイカーローンとして利用しようと考えている方もいるかもしれませんが、金利などを考えるとあまりメリットがある方法ではありません。

そのため、この記事では資金使途が自動車の購入や免許取得など車に関係することに限られたマイカーローンをディーラーローンも含めて(ディーラーローンは厳密にいえばクレジットですが便宜上マイカーローンとして解説していきます)どのように選べばよいか解説します。

スポンサードリンク

 


まずは銀行系のマイカーローンを選ぼう

マイカーローンを借りることには、大きく分けて2つのパターンがあります。

メガバンク・地方銀行・ネット銀行などの銀行はじめ、信用金庫やJA、労働金庫、信用組合などの銀行系からお金を借りるパターンと、ディーラー(厳密に言えばディーラーと提携している信販会社)からお金を借りるパターンがあります。

マイカーローンを借りる先で、まず先に検討したいのは銀行系の金融機関です。その理由をご説明します。

銀行のマイカーローンは全体的に低金利

銀行系のマイカーローンを選ぶ最大のメリットは、金利が低いところが多いということです。

マイカーローンでお金を借りる金額が大きかったり借りる期間が長かったりする場合、金利がたった数%違うだけでも利息に大きな差が出てしまうこともあります。

利息は借りたお金に上乗せして払うものであり、いわば無駄なお金です。なるべく余計なお金を払わなくて済むように金利の低い借り入れ先を選んで節約したいと思うのは当然のこと。

なるべく金利が低いマイカーローンを探してみましょう。

マイカーローンの低すぎる金利に要注意

ただし、金利があまりにも低い場合、その金利には保証料が含まれていないかもしれません。保証料を別で払う場合、金利に換算すると別の金融機関のほうが結果的に安かったということになりかねないので注意が必要です。

マイカローンの金利を比べるときは、保証料込みなのか保証料は別なのかを考えた上で検討することが大切です。

また、金利が◯%~◯%のように表示されているのを目にしたことがあるかもしれません。下限の金利から上限の金利まで、どのくらいの金利が自分に適用されるかは審査によって金融機関側が決めることになります。

つまり、お金を借りる側のわたしたちには金利はわかりません。金利を考えるときは、上限の金利が適用されることを考え、金利の比較をするときも下限ではなく上限の値で比べたほうが安全です。

「金利1%~」なんて表示されていると、「すごい低金利だ!」とすぐさま飛びつきたくなるかもしれませんが、「~」のところに保証料別や下限値にすぎないという罠があるかもしれません。

マイカーローン 固定金利と変動金利の選び方

金利について調べていると、固定金利か変動金利か選べるマイカーローンにあたることもあるかもしれません。もし、固定金利のマイカーローンか変動金利のマイカーローンかを選べるとしたらどちらを選ぶべきでしょうか?

固定金利のメリットは、予め利率が決まっていて完済まで変わらないので見通しが立てやすく返済計画を明確にすることができます。

一方、変動金利のマイカーローンよりも金利が高めに設定されているというデメリットもあります。変動金利は、固定金利に比べると金利は低く設定されていますが、返済している期間に金利が上がることもあり得ます。

マイカーローンの場合、借入期間が住宅ローンなどに比べると短いことから、変動金利を選ぶ人も多く、そもそも変動金利しか選べないマイカーローンもあります。

変動金利のリスクを少なくするには、借入期間を短くすることですが、借入期間が10年近くなるなど長期間で返済していく予定で、固定金利が選べるのなら固定金利を選んでおくのも決して悪い選択ではないと思います。

自動車の所有権がほしいなら銀行系

銀行系でマイカーローンを組むときの金利以外のメリットとしては、車の所有権が自分のものになるということが挙げられます。

「そんなの当たり前じゃん」と思うかもしれませんが、あとで説明するディーラーローンでは、完済するまでは自動車の所有権が自分にない状態になります。自動車の所有権の有無は、ふだん通勤などで使用しているぶんには何の問題もないかもしれませんが、車を売るときに困るかもしれません。

いざ自動車を売ろうと思ったときに所有権が自分にある車は自分で好きなように売ることができますが、所有権のない車はそういった自由がきかなくなります。

スポンサードリンク

 

銀行系で借りられなければディーラーローンを選ぼう

金利が低く、自動車の所有権も自分で持てる銀行系で借りたいと誰もが思うかもしれません。しかし、実際には誰でも銀行でお金を借りられるというわけではないのです。

銀行系のマイカーローンの最大のデメリットともいえるのですが、ディーラーローンと比べると審査がとても厳しく、時間や手間がかかってしまう側面もあります。

金利が低いということは、返してもらえなかったときのリスクに備えている分が少ないということでもあります。

そのため、ほんの少しでも返せないであろう要素がある人には絶対にお金を貸してくれませんし、返せそうかどうかを判断する審査の基準も厳しいです。

とくに低金利のマイカーローンでは、利用申込条件に勤続年数や年収の規定などが設定されていたりすることもあるので、自分の状況によっては審査はおろか申し込みすらできないという場合もあります。

仮に申し込めたとしても、年収だけでなく、職業や勤続年数によっても判断されるので、いくら年収が高くてもそれだけではマイカーローンの審査に落ちてしまう可能性もあります。

では、銀行系のマイカーローンに申し込むことができなかったり、審査に落ちてしまったけれど、どうしても自動車の資金が必要な場合はどうすればいいのでしょうか。

そこで検討したいのがディーラーローンです。以下にディーラーローンについて説明しますので、ディーラーローンを選んでも大丈夫かどうか判断する材料にしてみてください。

銀行系の審査に通らなくてもディーラーローンなら通る可能性あり

銀行系の審査が厳しくて通らない、でも車は必要だし、車を買うためのお金も必要…という方はディーラーローンの検討をしてみるのもいいかもしれませんね。

ディーラーローンは、厳密に言えばローンではなく、車の販売会社(ディーラー)と提携している信販会社と結ぶクレジット契約なのですが、通念上ディーラーローンと呼ばれており、マイカーローンの1つとして捉えられています。

ディーラーローンの最大のメリットとしては、審査が易しく手続きが簡単ということだと思います。

他でお金を借りていて滞納しているとか、金融事故を起こしている…などでない限り、よほど審査に通過することができます。

また、手続きのために金融機関に書類を送ったり訪ねたりする必要もなく、ほとんどディーラーが代行して手続きをしてくれるので、用意される書類に名前などを書いたり印鑑を押すだけなどとても簡素です。

金融機関のように平日の決まった営業時間に訪れる必要もないため、仕事で忙しくどうしても時間が取れない方にとってはありがたいと感じるかもしれませんね。

ただし、銀行でもネット銀行など来店せずにネットや郵送で手続きが完結してしまうところもあるので、手続きの簡単さだけでディーラーローンにすると簡単に決めることはしないようにしましょう。

お金を借りやすいけれど金利は高いディーラーローン

一方、ディーラーローンのデメリットとしては一般的に銀行系よりも金利が高いことです。借り先や条件によっても異なりますが、だいたい銀行系の金利は2~4%、ディーラーローンの金利は7~9%くらいです。銀行系と比べると5%前後のひらきがでてきてしまうこともあります。

なぜディーラーローンはそんなに金利が高いの?と疑問に思うかもしれません。それは、審査が易しく手続きが簡単なこととも関係しています。

金利が高いのは、万が一返してもらえなくなったときに備えているからです。そのかわり、銀行系なら審査に落とされていた人でも借りられるように審査の基準がやさしくなっています。

また、金利には単純に信販会社が受け取るぶんの利益とは別に、ディーラーがマージンとして受け取るぶんも金利に組み込まれていることがほとんどです。

ディーラーローンの金利を交渉によって下げられるというのは、このマージンの部分を交渉することによってできることなのです。もし、ディーラーローンでお金を借りることになったら金利の交渉はやってみるべきだと思います。

交渉に関しては、ディーラーローンはディーラーが間に入っていることから銀行系とは異なりディーラーの思惑が金利に影響することもあります。

たとえば、この車種の在庫を処分してしまいたい、人気のない車種で売れ行きがよくない、そろそろモデルチェンジだ…という車の在庫の関係や、今月は売上が目標に届きそうにないから売上を伸ばしたい…というセールスマンの心理までが金利や金利の交渉に影響します。

特定の車種の在庫を処分したい場合や特定の車種をより多く販売したい場合、その車種限定で金利を銀行系並に下げてくることもあります。

欲しい車の車種にこだわりがない方は銀行系と併せてこうしたキャンペーン金利を狙ってもよいかもしれません。また、売上を伸ばしたいセールスや店長にとって、金利の交渉に応じればお客さんが車を買ってくれると判断すれば金利の交渉に応じてもらいやすくなるかもしれません。

自動車の所有権はディーラーか信販会社に

ディーラーローンを借りるにあたって注意したいのは、自動車の所有権が自分にないということです。ディーラーローンを組むと、信販会社がディーラーへ立て替え払いをしてくれているという構造になります。

立て替えてもらっている間はディーラーか信販会社のものということになり、完済しなければ車を自分のものにすることはできないのです。

また、万が一返済が滞るようなことがあれば自動車を引き上げて売却して債権を回収するためにも所有権はディーラーか信販会社になっているという側面もあります。

マイカーローンを完済するまでは自分で自由に売却したり廃車にすることはできませんが、こうしたことが審査の易しさ(借りやすさ)につながっているのです。

スポンサードリンク

 

マイカーローンの選び方「まとめ」

マイカーローンを選ぶにあたり一番優先したいのはやはり金利の低さではないでしょうか。金利の低さににこだわりたい人は、銀行系でお金を借りるか車種にこだわらないでディーラーローンのキャンペーン金利を狙うことをおすすめします。

また、自動車を頻繁に売って新しく乗り換えたいなど所有権にこだわりたい人は、銀行系を優先的に検討するようにしましょう。

残念ながら銀行系のマイカーローンの審査に落ちてしまった人は、金利は高くなりますがディーラーローンを検討するのも手です。

ただし、高い金利でも返済し続けることができるか、よく考えてみてくださいね。そして、もしディーラーローンを利用する場合は金利の交渉をして少しでも金利を下げてもらうようにしてみましょう。

スポンサードリンク

PAGETOP