ノーローン 借り方 審査から融資までの流れ

ノーローンは「アコムやアイフルほど有名じゃないけど、名前だけは知ってるよ」という感じの位置づけなのではないでしょうか。

でも、ノーローンの利用条件を確認すると、知れば知るほどこれはなかなか有効活用ができる消費者金融なのでは?と思えてきます。

ノーローンの金利、限度額、無利息サービスなどの利用条件や借り方、審査の流れなどを詳しくご紹介します!

毎月の給料日前にお財布がさみしくてたまらない・・・という方の救世主になること間違いなしですよ!

スポンサードリンク

 


ノーローンってどんな消費者金融?

限度額 1万円~300万円
利息 実質年率 4.9%~18.0%
返済方式 借入金額スライドリボルビング方式
返済期間 最終借入れ日から最長6年9ヶ月(返済回数1~80回)
遅延損害金 年率20.0%
担保・保証人 不要
申し込み対象者 ・20歳から70歳までの安定した収入があり、ノーローンの基準を満たす人
・パート、アルバイト、主婦の方でも安定した収入があれば申し込み可能
必要書類 本人確認書類
(条件によって収入証明書)

 
ノーローンは新生銀行グループの「新生パーソナルローン株式会社」が運営している消費者金融です。設立は1954年なので、かなり歴史がありますよ。

登録番号でわかるノーローンの信用性

新生パーソナルローン株式会社の登録番号は「関東財務局長(12)第01188号
日本貸金業協会会員 第002762号」となっています。カッコの中の12という数字は貸金業としての登録の更新回数になります。

貸金業法が施行されたのは1983年になります。更新は3年に1回行うことになり、2018年現在で最も多く更新をしていると12回になるんです。

つまり、ノーローンの母体である新生パーソナルローン株式会社は、法律を守って36年間貸金業を行ってきた優良会社と言えます。

アコムなどと比べると知名度が弱いところは否めませんが、親会社は銀行なので安心してお金借りることができます。

スポンサードリンク

 

ノーローンの借り入れ条件は?

ノーローンの利用対象者、限度額や金利など重要なところを確認していきましょう。

ノーローンの大きな特徴!「なんどでも1週間無利息」

まずは、ノーローンのとても大きな特徴である「なんどでも1週間無利息」から解説します。

アコムやアイフルなどは、初回利用者限定で30日間無利息というサービスを行っているのですが、ノーローンは何度でも1週間無利息という珍しいサービスを行っています。

初回借入の翌日から7日間が無利息期間

まず、初めて借入をした日の翌日から7日間が無利息期間となります。

例)1月20日に1万円借り入れをしたら?
1月21日~1月28日まで無利息期間。
この期間に完済したら利息は0円になります。

完済した翌月から再度1週間無利息期間が発生する!

借りたお金を完済すると、完済した月の翌月から再度1週間無利息サービスが利用できるようになります。

例)1月20日に借り入れをして、1月26日に完済したら?
1月に完済しているので2月から再度1週間無利息サービスが利用できます。

例)1月20日に借り入れをして、2月1日に完済したら?
2月に完済しているので、2月中の借り入れには無利息サービスを利用できません。

3月の借り入れから1週間無利息サービスが利用できます。

ノーローンの無利息サービスの特徴がわかりましたでしょうか?

まとまったお金を借りて長期間にわたって返済を続けるよりも、お給料日前に足りない分だけ借り入れをして、お給料日がきたら確実に返済するといった計画的な使い方をすると利息を抑えることができます。

ノーローンの利用対象者

ノーローンを利用できる人は、20歳から70歳の安定した収入がある人となっています。

しかし、70歳が近いということは収入が年金のみという人も増えてきますよね。
年金を収入として扱うかどうかはカードローン会社次第なのですが、ノーローンは年金収入のみでも申し込み可能としている貴重な消費者金融です。

アコムアイフルプロミスSMBCモビットレイクALSAは年金のみでは申し込み不可で、アルバイトでも良いので年金以外の収入が必要になります。

ちなみに、レイクALSAは「新生フィナンシャル株式会社」が提供している消費者金融で、新生パーソナルローン株式会社とは関係会社となっています。

レイクALSAは年金収入のみの方の申し込みは申し込み不可としているので、この点はノーローンの方が緩く設定されていますね。

ノーローンの限度額は低いって本当?

ノーローンの限度額は他の消費者金融と比べると確かに低いです。

消費者金融 限度額
ノーローン 300万円
アコム 800万円
アイフル 800万円
SMBCモビット 800万円
プロミス 500万円
レイクALSA 500万円

 

知名度の高い消費者金融とノーローンの限度額を比べてみると一目瞭然ですよね。

でも、この一覧にある6社はすべて総量規制の対象となる貸金業者なので、どこから借りたとしても年収の3分の1以上の金額を借りることはできないんです。

そう考えるとノーローンの限度額の低さはそこまで大きなデメリットではないような気がします。

ただし、借り換えや一本化でおまとめローン(貸金業法施行規則第10条の23第1項第1号の2)を検討している方は注意してください。

おまとめローンは総量規制の例外扱いになるので、年収の3分の1以上の借り入れも可能なんです。

ノーローンにもおまとめローンの「かりかエール」という商品があるのですが、限度額は同じく300万円なので、他社からの借り入れが300万円以上ある方は、他社のおまとめローンを検討した方が良いと思います。

ノーローンの金利は高いって本当?

ノーローンの金利は他社よりも高いと言われることも多いのですが、実際はどうなのでしょうか?

消費者金融 金利
ノーローン 4.9%~18.0%
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
レイクALSA 4.5%~18.0%

 

そもそも消費者金融は金利が高いのですが、上限金利は他社と同じで最低金利はいちばん高いですね。

問題は個人個人の金利がどのくらいになるかというところなのですが、初めて申し込みをする場合、上限金利が設定されることが多いんです。

その理由は返済実績がないと本当に返済能力がわからないから。カードローン会社としても金利を下げて大きなリスクを背負うことを避けたいんです。

ノーローンの上限金利は他社と変わらないので、一概に金利が高いとは言えないと思います。

ノーローンの返済方式と最小返済額

ノーローンの返済方式は「借入金額スライドリボルビング方式」となっていて、最終借り入れ時の借り入れ残高によって毎月の最少返済額が決まります。

ここまでは「借入金額スライドリボルビング方式」を採用している他社と同じなのですが、ノーローンは「契約時の限度額によって最少返済額が変動する」という返済方法を採用しています。

下の表をご覧ください。

最少返済額 契約時に設定された借り入れ限度額
最終借入後残高 30万以下 30万円超
100万円
100万円超
10万円以下 4,000円 3,000円 3,000円 2,000円
10万円超20万円 8,000円 6,000円 6,000円 4,000円
20万円超30万円 12,000円 9,000円 9,000円 6,000円
30万円超40万円 12,000円 12,000円 8,000円
40万円超50万円 15,000円 15,000円 10,000円
90万円超100万円 30,000円 30,000円 20,000円
100万円超110万円 33,000円 22,000円
110万円超120万円 36,000円 24,000
280万円超290万円 87,000円 58,000円
290万円超300万円 90,000円 60,000円
例)借入金額が10万円以下の場合の毎月の最少返済額
・契約時に設定された限度額が30万円以下の場合は4,000円
・契約時に設定された限度額が30万円超100万円までの場合は3,000円
・契約時に設定された限度額が100万円超の場合は2,000円または3,000円

限度額が設定されないと正確な最少返済額はわかりませんが、借り入れ金で目安をつけることはできますね。

ノーローンなら返済回数を指定することもできる

ノーローンには「分割返済」という返済方法もあります。これは返済回数をあらかじめ決めて、借り入れ金と返済回数で毎月の返済額を決めるという方法です。

クレジットカードの分割払いのような感じですね。

例えば、10万円を18%で借りて12回で完済を目指す場合は、

毎月の返済額9,500円 × 11回 + 最終月のみ5,022円 = 返済総額

となり、返済総額は109,552円となります。

ノーローンの利息をシミュレーションしてみる

ノーローン公式サイトにある返済シミュレーションを使って、実際の利息を確認していきましょう。

例)金利18%で10万円を借りた場合

・毎月3,000円を返済すると?

毎月の返済額 3,000円(最終回のみ107円)
返済回数 47回 3年11か月
返済総額 138,107円
利息 38,107円

 

・毎月5,000円返済すると?

毎月の返済額 5,000円(最終回のみ3,945円)
返済回数 24回 2年
返済総額 118,945円
利息 18,945円

 

・毎月8,000円返済すると?

毎月の返済額 8,000円(最終回のみ6,967円)
返済回数 14回 1年2か月
返済総額 110,967円
利息 10,967円

 

消費者金融の利用でいちばん不安なのは利息がふくらみすぎないかということだと思いますが、シミュレーションをしてみると実際のところが分かりやすいですよ。

スポンサードリンク

 

ノーローンの審査込み~融資までの流れ

申し込みから融資までの流れは、

1.申し込み:ネット申し込みがいちばん早い!

2.審査

3.契約:自動契約機に行くのがいちばん早い!

4.融資スタート

となります。

ノーローンの申し込みはネット、電話、新生銀行カードローン レイクの自動契約コーナーの3種類があります。

いちばんオススメなのは、ネットで申し込みをして自動契約機で契約&ローンカードを発行する方法となります。
詳しくご紹介します。

1.ネットで申し込み

24時間受け付けていますが、審査回答時間は9:00~20:30となっていますので、遅くなりすぎないようにしましょう。

振込で即日融資を希望する場合のタイムリミット

以下の時間までに審査結果を確認できれば「即日お振込みサービス」が利用可能です。

・楽天銀行口座を登録できる人:当日17:00まで
・楽天銀行口座以外を登録する人:当日12:30まで

楽天銀行以外の方で振り込みでの即日融資を希望する場合は、12時半までに審査結果をもらわないといけないので、午前中のなるべく早い時間に申し込みをスタートするようにしましょう!

2.審査

審査の際は在籍確認も行われますが、会社への電話を避けたい場合は、ネット申し込みが完了した直後にノーローンに電話をかけて相談してみて下さい。

会社が発行している給料明細を提出するなど、別の方法で在籍確認としてもらえることもあります。

ただし、すでに他社からの借り入れがある場合は、電話在籍確認が必須となることもあるようです。

3.契約

ノーローンの契約方法は2つあります。

契約方法1.自動契約機で契約する

新生銀行カードローン レイクの自動契約コーナーで、契約とカード発行を行います。自動契約機に行くという手間はありますが、こちらの方法をおすすめします。

なぜかというと自動契約機を利用すると郵便物が届かないから。それからローンカードがあればすぐにATMから現金を引き出すことができるから。

ノーローンでは、契約書とローンカードをいずれかの方法で必ず受け取る必要があります。そのため、自動契約機に取りに行けない場合は、自宅に必ず郵送されてくることになるんです。

郵便物が届くのを絶対に避けたい場合は、自動契約機で受け取るしか方法がありません。

なお、自動契約機に行く際には必要書類を持参する必要があります。

ノーローンの契約 必要書類は?

【本人確認書類】
運転免許証があればベストです。
運転免許証がない場合は、パスポート、個人番号カード、住基カード、健康保険証、住民票などが必要です。

本人確認書類が健康保険証で、新生銀行カードローン レイク自動契約コーナーで契約をする場合と、本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合は、以下のいずれかの原本が必要になります。

・国税または地方税の領収書または納税証明書
・公共料金(電気・都市ガス・水道・固定電話・NHK)の領収書
・官公庁発行の本人特定記載事項の各種証明書類(住民票など)
・社会保険料の領収書

いずれも現住所の記載があること、発行日から6か月以内のものであること、氏名・住所が一致している必要があります。

【収入証明書類】
借入金額が50万円を超える場合と、借り入れ希望額と他社の借入れ総額の合計が100万円を超える場合は所得を証明する書類も必要です。

・直近の源泉徴収票
・確定申告書
・所得証明書または給与明細書(直近2か月分+1年分の賞与明細書)

所得証明書類がなくても契約自体は可能ですが、希望額に関係なく各種証明書の提出が求められる場合があります。

契約方法2.郵送で契約書とローンカードを受け取る

上の項目でも解説したとおり、契約書とローンカードを受け取る方法は自動契約機か郵送しかないので、自動契約機に行けない場合は郵送で受け取ることになります。

契約書は、本人確認書類を添えて返送することになるので手間も時間もかかります。

この時点であれば振り込み融資は利用できますが、ローンカードが手元にないためATMで現金を引き出すカードキャッシングはできません。

スポンサードリンク

 

ノーローン お金の借り方

ノーローンには自分の都合に合わせて選べるいろいろな借り入れ方法があります。

ローンカードを使ってATMでカードキャッシング

ノーローンのカードを使って借り入れができるATMをまとめます。

ATM名 ATM利用手数料 借入可能時間
新生銀行カードローン レイクATM 無料 7:30~23:30
セブン銀行 有料 00:10 ~ 23:50
イオン銀行 有料 00:20 ~ 23:40
E-net 有料 07:00 ~ 23:40
ローソンATM 有料 07:00 ~ 23:00
セゾンカードATM 有料 7:00 ~ 23:50
第3日曜日は20:00まで
愛知銀行 有料 8:00 ~ 21:00
第3日曜日は20:00まで
熊本銀行 有料 8:00 ~ 21:00
土曜日・日曜日・祝日は19:00まで
山陰合同銀行 有料 7:00 ~ 23:40
第3日曜日は20:00まで
親和銀行 有料 8:00 ~ 21:00
第3日曜日は20:00まで
スルガ銀行 有料 0:30 ~ 21:00
第3日曜日は20:00まで
第三銀行 有料 7:00 ~ 23:00
日曜日は19:00まで
東京スター銀行 有料 0:20 ~ 23:40
第3日曜日は20:00まで
西日本シティ銀行 有料 7:00 ~ 23:00
第3日曜日は20:00まで
広島銀行 有料 8:00 ~ 21:00
第3日曜日は20:00まで
福岡銀行 有料 8:00 ~ 21:00
第3日曜日は20:00まで

 
新生銀行カードローン レイクATMは無料で使用できますが、提携ATMの利用は手数料がかかります。

・1万円以下の借り入れ:108円
・1万円超の借り入れ:216円

手数料は発生しますが、コンビニATMが利用できるのが助かりますね。
また、さすが銀行を親会社に持つノーローンだけあって地方銀行にも強いです。

口座に入金してもらう振込融資

楽天銀行口座がある場合は24時間振込可能な「リアルタイム融資」が利用できます。24時間いつでも振り込み依頼ができて、振り込み依頼が完了するとすぐに入金してもらえます。しかも手数料無料!

楽天銀行口座があれば返済もリアルタイム返済が可能なので、ノーローンを利用するなら楽天銀行口座があった方がかなり便利ですよ。

楽天銀行以外の場合は、振込依頼の時間帯によって入金時間が変わります。

曜日 受付時間 振込時間
平日 0:00~10:00 当日11:00頃までに振込
10:00~13:00 当日14:30頃までに振込
13:00~24:00 翌営業日11:00頃までに振込
土日祝日 0:00~24:00 翌営業日11:00頃までに振込

 
当日融資を希望するなら、平日の13時がリミットということになりますね。

振込依頼方法は、ネットと電話があります。
ネット振込依頼は、ノーローンの専用ページにログインして振込依頼をします。
なお、楽天銀行のリアルタイム融資を利用する場合は事前登録が必要になります。

電話振り込み依頼は、ノーローンの専用フリーダイヤルに電話をかけて指定口座に入金してもらう方法です。

ノーローン お金の返し方

返済方法は4種類用意されています。

ネットでリアルタイム返済

ノーローンが指定する銀行口座があれば、ネットバンキングのリアルタイム返済が利用できます。24時間いつでも手数料無料で返済ができます。

指定の銀行はメガバンクを含む銀行が97、信用金庫が258、労働金庫が13、信用組合が30もあるので、比較的利用しやすいかと思います。

返済手順は、ノーローンにログインしてリアルタイム返済ページに移動し、各金融機関のページから手続きを行うことになります。

ローンカードを使ってATMで返済

返済可能なATMはこちら。借入可能なATMと異なる場合がありますのでご注意下さい。

ATM名 ATM利用手数料 返済可能時間
新生銀行カードローン レイクATM 無料 7:30~23:30
セブン銀行 有料 00:10 ~ 23:50
イオン銀行 有料 00:20 ~ 23:40
E-net 有料 07:00 ~ 23:40
ローソンATM 有料 07:00 ~ 23:00
セゾンカードATM 有料 7:00 ~ 23:50
第3日曜日は20:00まで
熊本銀行 有料 8:00 ~ 21:00
土曜日・日曜日・祝日は19:00まで
山陰合同銀行 有料 7:00 ~ 23:40
第3日曜日は20:00まで
親和銀行 有料 8:00 ~ 21:00
第3日曜日は20:00まで
第三銀行 有料 7:00 ~ 23:00
日曜日は19:00まで
東京スター銀行 有料 0:20 ~ 23:40
第3日曜日は20:00まで
福岡銀行 有料 8:00 ~ 21:00
第3日曜日は20:00まで

 

提携ATMの利用は手数料がかかります。

・1万円以下の返済:108円
・1万円超の返済:216円

銀行振込による返済

ノーローンの指定口座に入金する形で返済します。銀行振込になるので手数料がかかります。

ネットバンキングが可能な口座があれば、リアルタイム返済を利用した方が手続きが簡単ですし、手数料の節約にもなりますよ。

自動引き落とし・口座振替で返済

指定口座から毎月引き落としを行います。引き落とし日は毎月6日または26日から選ぶことができます。

自動引き落としは事前手続きが必要になりますが、返し忘れを防げる最も有効な方法になります。

ノーローンの返済日はいつ?

自動引き落としの場合は毎月6日または26日になりますが、それ以外の場合は自分で設定することができます。お給料日の翌日など、お財布に余裕がある日を設定することをおすすめします。

なお、返済は「返済日の15日前~返済日」の間に行うことができます。

例)毎月25日が返済日の場合
毎月10日~25日が当月の返済期間になる

もし15日以上前に入金してしまうと、前月分の返済となってしまいます。
返済期間にはくれぐれもお気をつけ下さい。

ノーローンでお金借りるメリット

ノーローンの利用条件などを見てきましたが、ノーローンには他社と比べてどんなメリットがあるのでしょうか?

何度でも7日間無利息サービスがある

これはノーローンならではのサービスです。
給料日前にちょこっと借りて給料が出たら当月中に完済すれば、毎月無利息で借りられることになります。

ノーローンは、こういったちょこっと借り入れにとても向いています。

ポイント制度がある!

ノーローンには、なんと3つのポイントサービスがあって、支払った利息に応じてポイントが貯まる仕組みになっています。

選べるポイントサービスは
・楽天スーパーポイントコース
・ネットマイルコース
・Gポイントコース
になります。

お金を借りるわけなのでポイントがものすごく大きなメリットというわけではないのですが若干おトクかも?

楽天銀行口座があればかなり便利

ノーローンの利用で楽天銀行口座を持つメリットは

・24時間融資可能なリアルタイム融資を利用できる
・24時間返済可能なリアルタイム返済を利用できる
・楽天スーパーポイントが貯まる
・初めて申し込む場合でも17時までの手続きで即日融資が可能

となります。

楽天銀行口座はリアルタイム返済の対象金融機関なので、返済も簡単にできます。人間は借りることには一生懸命になっても返すことはつい面倒に感じる生き物なので、ネットで24時間返済手続きができるのは本当に利便性が高いと感じます。

セコムの優待サービスもある

セコムのホームセキュリティ工事が10,000円引き、セコムブランドの防犯商品が8%オフ、オフィス・店舗向けのセキュリティ工事が5%割引になります。

消費者金融が提供しているサービスにしては異色と言えますが、いざというときに便利かも?

ノーローンでお金借りるデメリット

デメリットというよりも、他社と比べたときにやや劣るかな?という点を解説します。

自動契約機に行かないと必ず郵便物が届く

ノーローンにはweb完結サービスがないので、契約書類とローンカードを自動契約機か郵送で受け取る必要があります。家族バレが気になる方は、郵便物を避けるために面倒でも自動契約機に行く必要がありそうです。

長期借入には向かない

ノーローンの無利息サービスは7日間です。完済すれば何度でも無利息期間が発生しますが、ある程度まとまった金額を長く借りたい場合には30日間無利息サービスがあるカードローンや、消費者金融よりも低金利な銀行カードローンを利用した方が良いでしょう。

ノーローンは、メリットの大きい使い方がとてもハッキリしています。

繰り返しになりますが、ちょこっと借り入れを繰り返したい人にはノーローンはとてもオススメ。それ以外の方は他のカードローン会社も検討してみて下さい。

スポンサードリンク

PAGETOP