アコムとSMBCモビット比較 借りるのにお勧めは?

アコムもSMBCモビット、どちらのカードローンでお金を借りる方が有利なのでしょうか?ここでは、アコムもSMBCモビットの金利や限度額、審査スピード、審査基準、即日融資サービス、無利息サービス、WEB完結申込みなど比較してみたいと思います。


アコムとSMBCモビット カードローンの基本スペックを比較

アコムSMBCモビットカードローンの金利や限度額、審査時間など簡単に比較してみましょう。

アコム カードローン

・金利(実質年利):3.0~18.0%
・限度額:最大800万円
・審査にかかる時間:最短30分
・年齢:20歳~69歳
・貸付対象者:安定した収入と返済能力を有している。アコムの基準を満たす人
・返済方式:定率リボルビング方式

●アコムのポイント
・30日間無利息サービスがある!
・審査のスピードの速さに定評がある。即日融資も可能
・24時間振込サービスは最速1分に口座に反映!
・三菱UFJフィナンシャルグループのひとつなので安心できる
・ATMが多いので借りる・返済が便利

SMBCモビット カードローン

・金利(実質年利):3.0~18.0%
・限度額:最大800万円
・審査にかかる時間:最短30分
・年齢:20歳~69歳
・貸付対象者:安定した収入のあるSMBCモビットの基準を満たす人。アルバイト、パート、自営業も利用可能。
・返済方式:借入後残高スライド元利定額返済方式

●SMBCモビットのポイント
・三井住友銀行グループの安心感!
・SMBCモビットの利用が可能かわかる「10秒審査」がある!
・WEB完結なら職場への電話連絡ナシ・郵送物なし!
・SMBCモビット公式アプリ+セブン銀行でカードレスで入出金可能

大きな特徴は、アコムの「30日間無利息サービス」「24時間振込サービス」そして、SMBCモビットのWEB完結(電話連絡ナシ・郵送物なし・カードレス)ですね。

その他にもアコムとSMBCモビットのの違いはありますので、比較していきたいと思います。

SMBCモビットにはない!アコムの無利息期間サービス

アコムには「30日間無利息サービス」があり、「アコムと契約をした翌日」から自動的にスタートします。

アコムの30日以内無利息サービスは30日間は利息が一切つかないというものなので、たとえ30日以内に全額返金できないとしてもお得度がとても高いんです。

・30日以内に全額返金した場合は?:金利は0円!
例)10万円を借りて30日以内に全額返済した場合は⇒金利0円

・30日以内に一部返済した場合は?:借り入れ残高にのみ金利がかかる。
例)10万円を借りて、30日以内に8万円だけ返済した場合は?
⇒金利は、借り入れ残高の2万円に対して返済期日までの日数分かかる

30日間無利息サービスの適用条件は2つあります。
1.アコムとはじめて契約をする人
2.返済期日を「35日ごと」で契約すること

適用条件といっても難しいことはありませんよね。返済期日については「アコムとSMBCモビット 返済日はどうなってる?」のところで詳しくご紹介します。

●SMBCモビットには無利息サービスなし
SMBCモビットには無利息サービスがありません。30日間無利息サービスは利用者目線で考えると無いよりあった方が絶対に良いものなので、この点はSMBCモビットの痛いところです。

アコムにはない!SMBCモビットのWEB完結とは?

SMBCモビットには「WEB完結」というサービスがあり、アコムには残念ながらありません。これは申し込み・審査・借り入れ・返済の全てがネットだけで利用できるというとても便利なもので、SMBCモビットを検討するならぜひ知っておきたい仕組みなので最初にご紹介します。

WEB完結はネットで申し込みができるカードローンというだけのものではないんです。

勤務先への電話連絡も原則ありませんし、本人確認書類もネット送付、入会申込書等の郵送物もありません。

借り入れはネットで行うので、平日の9:00~14:50に振り込み依頼をすれば最短3分で口座に入金してもらえます。

WEB完結の利用条件はこちら。

1.本人名義の三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を振り込み・返済口座に指定すること。
2.「社会保険証」か「組合保険証」を持っていること
3.本人確認書類として「運転免許証」か「パスポート」のどちらかの写しを提出できること。
4.収入証明書を提出すること
源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与証明書(直近2か月分+できれば賞与証明書1年分)のいずれか
5.勤務先を確認できる書類2点
健康保険書、給与明細書

いかがでしょう。クリアできそうですか?

すぐにどうにかすることができないのは2の保険証なのではないでしょうか。社会保険に加入している会社員の方なら問題ないですが、個人事業主で国保の方はその時点でアウトです。

WEB完結の利用が難しい場合は、SMBCモビットの通常の申し込み方法の「カード申込」を利用することになります。

※ちなみにプロミスにもWEB完結申込みはあり、カードレス・郵送物なしで申し込めますが、職場への電話連絡なしなのはSMBCモビットならではのサービスです。

アコムとSMBCモビット 審査基準を比較する

●アコム
20歳以上。安定した収入と返済能力を有していて、アコムの基準を満たす人

●SMBCモビット
満年齢20才~69才の安定した収入のある人。SMBCモビットの基準を満たす人。
アルバイト、パート、自営業の方も利用可能。

アコムもSMBCモビットも本人に安定した収入があればアルバイト、パート、自営業の方でも審査可能なので、審査の対象となる人の条件は同等と言えそうですね。

もちろん、アコムもSMBCモビットも明確な審査基準を公表していないので、はっきりしたことは言えませんが、審査するうえで重要項目は・・・

・年収はいくらか?
・他社の借入状況
・過去の返済状況

です。

まず、年収がいくらか?他社の借入はいくらか?によって、消費者金融は法律(総量規制)であといくら貸出できるのか判断できます。(消費者金融は年収の3分の1以上貸せない)

また、過去に返済の遅延や自己破産、任意整理などの債務整理は行っていないか?信用情報機関でチェックします。これに問題があると、大手消費者金融ではまず審査に通ることができません。もちろんアコムもSMBCモビットも同様です。

その他、勤続年数や雇用形態、住んでいる家、固定電話の有無など、様々な角度から審査され判断されます。

アコムとSMBCモビット 即日振込融資の条件を比較

振込融資は自分の口座に入金してもらって融資を受ける方法です。

店舗やATMに行かなくても借り入れができますし、口座に残したい分は残して、現金が必要な場合は自分の口座から引き出せば良いので、カードローンのメインの使い方になるのではないでしょうか。

アコムの即日振込の条件

アコムで契約をするなら楽天銀行口座があると、とてつもなく便利です。

楽天銀行口座への振り込みなら平日も土日も祝日も24時間(0:10~23:50)申し込みができて、受付完了から1分ほどで振り込んでもらえるんです。

何かと入用な年末年始も夏休みも、いつでも1分で入金してもらえるので、振り込み融資を主に使う場合はぜひ楽天銀行口座を検討しましょう。

◆楽天銀行以外の銀行・信用金庫
・曜日 月曜~金曜
・申し込み時間 0:10~9:00
・振り込み時間 当日 9:30頃

・申し込み時間 9:00~14:30
・振り込み時間 受付完了から1分程度

・申し込み時間 14:30~23:50
・振り込み時間 翌営業日 9:30頃

・曜日 土・日・祝日
・申し込み時間 0:10~23:50
・振り込み時間 翌営業日 9:30頃

14時30分までに申し込みをすれば当日融資が可能です。

◆ゆうちょ銀行は?
・曜日 月曜~金曜
・申し込み時間 0:10~9:00
・振り込み時間 当日の正午頃

・申し込み時間 9:00~14:00
・振り込み時間 当日 17:00まで

・申し込み時間 14:00~23:50
・振り込み時間 翌営業日 正午頃

・曜日土・日・祝日
・申し込み時間 0:10~23:50
・振り込み時間 翌営業日の正午頃

14時00分までに申し込みをすれば当日融資が可能です。

楽天銀行、そのほかの銀行・信用金庫、ゆうちょ銀行ともに申し込みは24時間可能で、手数料は無料です。

SMBCモビットの即日振込の条件

SMBCモビットは平日14:50までに振り込み依頼をすれば銀行口座の種類等関係なく即日入金が可能です。

振込依頼はインターネット会員サービスの「Myモビ」からもできますし電話依頼も可能です。

WEB完結を利用する場合は三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座が必要です。

アコムとSMBCモビット 金利を比較する

●アコム
3.0~18.0%(実質年利)

●SMBCモビット
3.0~18.0%(実質年利)

アコムとSMBCモビットも上限金利・下限金利ともに同じですね。

アコムとSMBCモビット 実際の利息はどうなる?

●アコム
金利18%で30万円を借りて、12回(12か月)で返済する場合のシミュレーションです。
1~12回目:27,503円
13回目:8円

合計:330,044円
元金:300,000円
利息:30,044円

●SMBCモビット
同じく18.00%の金利で借りた30万円を12か月で返済する場合を計算してみます。

1~11回目:27,503円
12回目:27,511円

合計:330,044円
元金:300,000円
利息:30,044円

このパターンではほぼ同等という結果になりました。

アコムとSMBCモビット 審査の速さを比較

アコムの審査スピード

審査にかかる時間は最速で30分、融資までに必要な時間は最速で1時間となっています。

アコム公式サイトには「3秒診断」というコンテンツがあって、
・年齢
・年収(総支給額)
・カードローン他社お借入状況
を入力するだけで簡易診断ができます。

私も今やってみましたが「お借入できる可能性が高いです。」と表示されました。この結果画面から申し込みに進むことができます。

SMBCモビットの審査スピード

審査にかかる時間は最短で30分。

SMBCモビットにはネット上で簡易審査ができるサービスがあります。ただ、簡易審査といっても入力項目は多いので、時間がないときにパパッと確認できるという感じではありません。

●SMBCモビット簡易審査の入力項目
・お名前
・お名前(カナ)
・旧姓の有無
・旧姓
・旧姓(カナ)
・性別
・生年月日
・メールアドレス
・携帯電話・PHSの有無
・携帯電話・PHS番号
・携帯電話・PHS名義
・自宅郵便番号
・自宅電話番号の有無
・自宅電話番号
・勤務先の種類
・税込年収
・契約希望額
・利用目的
・最終学歴
・国籍
・希望連絡先
・インターネットパスワード登録

この簡易審査は「カード申込」というSMBCモビットカードローンの申し込みを兼ねているので、実質、申し込み用の情報入力と言えそうです。

ただSMBCモビットには急いでいる人向けの申し込み方法があります。

ネット(パソコン・スマホ・ケータイ)から申し込みをした後に、SMBCモビットのフリーダイヤルに電話をして急いでいることを口頭で伝えると、すぐに審査を行ってもらえるんです。

審査が終わったら電話で結果発表があり、通っていたらその場で契約ができます。

契約が完了したら、指定の銀行口座に即入金してもらうことも可能なのでとてもスピーディに手続きを進めることができます。(ただし、当日振り込みは平日の14:50までに振り込み手続きが完了している必要があります。)

アコムとSMBCモビット 限度額で比較

●アコム
最大800万円

●SMBCモビット
最大800万円

どちらも最大800万円までとなっています。

数字だけを見るととても大きく感じますが、限度額の決定には審査がありますし、アコムもSMBCモビットも総量規制の対象となるので限度額が年収の3分の1以上になることはありません。

Q.年収の3分の1を超える借入れの制限(総量規制)の対象となる借入れは銀行からの借り入れも含まれるのでしょうか?

A.総量規制は、貸金業者からの借入れを対象としており、銀行の貸付けは貸金業法の規制(総量規制)の対象外です。したがって、銀行等からの借入れを合わせた結果、借入残高が年収の3分の1を超えていたとしても、ただちに総量規制には抵触しません。また、銀行のカードローンも、一般の銀行等の借入れ同様、総量規制の対象とはなりません。

貸金業法について Q&Aより引用

年収の3分の1以上借り入れを希望する方はアコムやSMBCモビットなどの消費者金融ではなく、銀行のカードローンを検討する必要があります。

※ただ現在は銀行カードローンも総量規制対象外のカードローンを行うことを制限しています。2016年9月16日に日本弁護士連合会から「銀行等による過剰貸付の防止を求める意見書」が金融庁に提出されて、それを受けた一般社団法人全国銀行協会は2017年3月16日に「銀行による消費者向け貸付けに係る申し合わせ」を通達しました。
その結果、今でも銀行カードローンは総量規制の対象外ではあるのですが、年収の3分の1以上の融資は事実上不可ということになっています。

銀行等による過剰貸付の防止を求める意見書
銀行による消費者向け貸付けに係る申し合わせ

なお、総量規制の対象になるのは消費者金融からの借り入れなど個人向け貸付けのみで、総量規制の対象から除外されている借入もあります。

●総量規制の除外例
・不動産購入または不動産に改良のための貸付け(そのためのつなぎ融資を含む)
・自動車購入時の自動車担保貸付け
・高額療養費の貸付け
・有価証券担保貸付け
・不動産担保貸付け
・売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け
・手形(融通手形を除く)の割引
・金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け
・貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介
(施行規則第10条の21第1項各号)

参考:貸金業法について 総量規制とは

アコムとSMBCモビット 自動契約機(無人契約機)の営業時間

アコムの自動契約機「むじんくん」

アコム自動契約機(無人契約機)の「むじんくん」は、平日・土日・祝日、いつでも8:00~22:00の間で営業しています。

朝早くから夜遅くまでやっているので、仕事帰りでも利用しやすいですね。むじんくんでも申し込みは可能なのですが、直接行くよりも申し込みはネットで行い、審査結果が出てから契約をむじんくんで行った方が無駄がありません。

SMBCモビットの自動契約機

SMBCモビットの自動契約機(無人契約機)の営業時間は、平日・土日・祝日ともに8:00~21:00となっています。

アコムよりも1時間短いですが、それでも十分長いと言えるのではないでしょうか。

SMBCモビット自動契約機(無人契約機)もアコムのむじんくん同様に直接行って申し込みをすることができますが、ネットで申し込みを済ませた方がスムーズに手続きを進めることができます。

もし、アコム・SMBCモビットの自動契約機(無人契約機)に行って申し込みをする必要がある場合は、必要書類を忘れないようにしましょう。

アコムとSMBCモビット ATMの使いやすさで比較

アコムのATM

▼アコムATM 全国に1000店舗以上

▼提携ATM アコムのステッカーが貼ってあるATMが提携ATMになります。
・三菱UFJ銀行
・セブン銀行
・E-net(ファミリーマート、サークルKサンクス、スリーエフ、デイリーヤマザキ、ポプラ、ミニストップ等)
・ローソンATM
・ZERO BANK(愛知県、岐阜県のゼロバンクATM)
・イオン銀行
・北海道銀行
・北陸銀行
・東京スター銀行
・八十二銀行(借り入れのみ 返済不可)
・第三銀行
・広島銀行
・西日本シティ銀行
・福岡銀行
・親和銀行
・熊本銀行
・クレディセゾン

SMBCモビットのATM

「SMBCモビットATM」というものは存在しません。自社ATMが無いということは不便に感じますが、三井住友銀行ATMを手数料無料で使うことができますし、提携ATMをあわせると全国130,000台のATMを利用することができるんです。

【貸金業法に基づいた利用明細書が発行されるATM】
・三井住友銀行…ATM手数料無料!
・三菱UFJ銀行
・セブン銀行…SMBCモビットスマホアプリを使えばセブン銀行での入金・出金はカードが・不要
・イオン銀行
・プロミス
・セゾンカード
・第三銀行
・福岡銀行
・親和銀行
・熊本銀行
・ファミリーマート Famiポート(返済のみ可能 借入不可)
・ローソン Loppi(返済のみ可能 借入不可)
・ミニストップ Loppi(返済のみ可能 借入不可)

【店舗によって貸金業法に基づいた利用明細書が発行されるATM】
E-net(ファミマ、ミニストップ、スリーエフ、コミュニティストア、デイリーヤマザキ、生活採家、セーブオン、ポプラ、セイコーマート)
ローソンATM

【貸金業法に基づいた利用明細書および領収書が後日郵送されるATM】
・ゆうちょ銀行

・北海道地区
北洋銀行、北海道銀行

・東北地区
みちのく銀行、仙台銀行

・関東・甲信越地区
常陽銀行、足利銀行、栃木銀行、群馬銀行、武蔵野銀行、千葉銀行、京葉銀行、横浜銀行
第四銀行(出金のみ)

・中部・北陸地区
北陸銀行、大垣共立銀行、十六銀行、出金中京銀行、百五銀行
スルガ銀行(出金のみ)

・関西地区
京都銀行、池田泉州銀行、但馬銀行
南都銀行(出金のみ)紀陽銀行(出金のみ)

・中国地区
トマト銀行、西京銀行
もみじ銀行(出金のみ)

・四国地区
百十四銀行

・九州地区
西日本シティ銀行
宮崎銀行(出金のみ)

・信用金庫(出金のみ。一部信用金庫では利用できません)

・VIEW ALTTE(出金のみ)
・PatSat

提携ATMはSMBCモビットの方が多いような印象ですが、手数料が無料なのは三井住友銀行のATMだけなんです。

三井住友銀行はメガバンクではありますが、全国に店舗・ATMが設置されているわけではありません。試しに自分の地元で検索してみましたが、支店もATMもありませんでした・・・。

アコムの自動契約機(無人契約機)「むじんくん」なら、地元にもなんと4店舗も見つかりました(笑)

自社ATMなので手数料ももちろん無料ですし、全国的に見たときのATMの利便性はアコムの方が勝っているかもしれません。

アコムとSMBCモビット 返済方式で比較

返済方式は、簡単に言うと「借りたお金の返し方」のルールになります。

アコムの返済方式

アコムは「定率リボルビング方式」というルールで返済していきます。
定率リボルビング方式は、「最後に借入れた借入残高」に「決められた割合」をかけた金額を返済する方式です。
「決められた割合」は、利用限度額によって決められています。

●決められた割合とは?
契約限度額 30万円以下の場合:借入残高の4.2%以上
契約限度額 30万円~100万円の場合:借入残高の3.0%以上
契約限度額 100万円以上の場合1.5%~3.0%以上
など

例)金利が18.0%で30万円借りたときの最少返済額は?
計算式は「借入残高 × 一定の割合」になります。(1,000円未満は切り上げ)

30万円 × 4.2% = 12,600円

1,000円未満を切り上げて、毎月の最少返済額は「13,000円」になります。

定率リボルビング方式の場合、最少返済額は「最後に借入れた借入残高」で計算されるため、現在の借り入れ残高や、いくら返済したのか等の実績によって自動的に約定返済額が減ることはありません。

ただし、手続きをして変更することは可能です。

約定返済額が変更可能な場合は会員ログインメニューとATM画面にその旨が表示されるので、こまめに確認してみて下さい。

SMBCモビットの返済方式

SMBCモビットの返済方式は「借入後残高スライド元利定額返済方式」になります。
借入後残高スライド元利定額返済方式は最終借入後の利用残高によって最少返済額が決まります。

・実質年率18.00%の場合の最終借入後残高と返済額
10万円以下:4,000円
10万円超過、 20万円以下:8,000円
20万円超過、 30万円以下:11,000円
30万円超過、 40万円以下:11,000円
40万円超過、 50万円以下:13,000円
50万円超過、 60万円以下:16,000円
60万円超過、 70万円以下:18,000円
70万円超過、 80万円以下:21,000円
80万円超過、 90万円以下:24,000円
90万円超過、100万円以下:26,000円

ひとつ気を付けておきたいのは、最低返済額は借入額を増やさない限り変わることはないということ。返済が進んで借入残高が減っても毎月の返済額は一定です。

アコムとSMBCモビット 返済日はどうなってる?

アコムの返済日

アコムの返済期日は「35日ごと」か「毎月指定期日」を選ぶことができます。

・35日ごと
返済した日から数えて35日後が次回返済日となります。これは35日後が返済期日になるということなので、返済はお財布の都合が良いときにいつでも行うことができます。

・毎月指定期日
毎月決まった日を返済期日に設定する返済方法です。お給料日を設定しておけば返し忘れの予防になりますね。ただし、毎月指定期日を指定すると30日間無利息サービスを受けることができないのでおすすめは「35日ごと」になります。

SMBCモビットの返済日

SMBCモビットの返済日は、1ヶ月に1回、都合の良い日を5日、15日、25日、末日から選ぶことができます。

どちらも約定返済日以外でも振り込みやATMによる入金でいつでも返済することができます。

まとめ アコムとSMBCモビット どっちがおすすめ?

SMBCモビットの三井住友銀行グループというバックボーンはとても安心感があるのですが、本当にオススメできるのはアコムです。

その理由はアコムには30日間無利息サービスがあるから。楽天銀行口座があれば土日祝日も最短1分で振り込んでもらえるサービスもとても魅力的です。

特に強いこだわりがない限り、せっかくのこのサービスを利用しない手はないのでは?

ただ、SMBCモビットのWEB完結には勤務先への電話連絡を回避できるという利点があるので、会社バレが絶対にイヤな方は30日間無利息サービスがなくてもSMBCモビットを選ぶべきです。

どちらか自分にとってメリットが大きいか検討してみて下さい。

スポンサードリンク

PAGETOP