フリーローンとは?カードローンとの違い

フリーローンとカードローン、この2つはどう違うのでしょうか?

さらにフリーローンと銀行カードローンはどちらも銀行が取り扱っている商品なので、どちらがメリットが大きいのかわかりにくい!

この記事では、フリーローンとカードローンの違いを徹底的に解説しています。
自分にとってどちらでお金を借りた方が良いのか判断できるようになりましょう。

スポンサードリンク

 


フリーローンとは?

フリーローンは主に銀行が取り扱っている資金使途(利用目的)を問わないローンのことを指します。目的のあるローンとは、住宅ローン・自動車ローン・教育ローンなどになります。

これらには当てはまらないけど、お金を借りたいというときに使えるのがフリーローンになります。

フリーローンは「証書貸付」

フリーローンは住宅ローンなどのように、一括で融資を受けて後は返済をしていくローンになります。

消費者金融のカードローンのように限度額まで何度でもお金を借りられるというシステムではないので、追加融資を受けたい場合は、再度申し込みをして審査を受けることになります。

こういう融資のことを「証書貸付」と言います。

証書貸付では必ず金銭消費貸借契約書という契約書を作成します。

金銭消費貸借契約書に書かれていることは、借り入れ金額や金利、返済期日、毎月の返済額など、契約内容の詳細です。

証書貸付では、基本的に金銭消費貸借契約書に書かれている以外のことはできません。

たとえば記載されている以上の金額を返済したい場合は条件変更の手続きが必要になります。

その際には別途費用が必要になることがほとんどです。

例えば、三井住友銀行フリーローン(無担保)を繰り上げ返済する際には、その都度5,400円の手数料が発生します。

フリーローンの資金使途は自由

フリーローンで借りるお金の使い道は、事業性資金、投資用資金以外の目的であれば、基本的に自由になっています。

家具の購入のため、家族で海外に行くため、結婚式のためなどなど、使い道は自由なんです。

ただし、個人間の売買契約は不可であったり、家賃や生活費に充てるなど、借入金を一括で相手に支払わない場合は契約できないなどの条件もあります。

目的は自由だけど証明が必要なことも

フリーローンで借りたお金の使い道が自由です。

ただし、自由と言っても何に使っても良いというわけではなく、申し込みをするときには使用目的を証明する資料が必要になることもあります。

たとえば、三井住友銀行 フリーローン(無担保型)の場合、申し込みの際に「金額等がわかる請求書、契約書、注文書等」が必要となります。

結婚式の資金や家具の購入のためにお金を借りるなら実際の見積書や請求書などが必要になるということですね。

また、三井住友銀行のフリーローンの場合は、借り入れ金が申込者の口座に入金されるのではなく支払先の金融機関に一括で直接振り込まれることになります。

★フリーローンのまとめ
・フリーローンは主に銀行が行っている証書貸付
・一括でお金を借りて決まった形で返済する借り方
・追加融資が必要な場合は、新たに申し込み・審査が行われる
・金銭消費貸借契約書に書かれている条件(返済方法など)を変更する場合は手続きが必要になり、費用がかかることもある
・借りたお金の使い道は自由だけど金額を確認できる資料が必要なこともある

カードローンとは?

消費者金融、銀行カードローン、信販会社系カードローンなどがカードローンに該当します。

フリーローンは「証書貸付」だとお話しましたが、カードローンは「当座貸越」という貸付形態になります。

当座貸付けの最大の特徴は、個人の属性、信用情報、返済能力に合わせた「貸越枠」が作られること。

貸越枠はAさんは100万円まで、Bさんは20万円までなら借りても良いですよという限度額が設定されて、この限度額内であれば何度でも借りることができます。

限度額内で借り入れと返済を繰り返すことができるのが当座貸越であるカードローンの大きな特徴です。

カードローンも資金使途は自由

一部カードローンは事業性資金として使用することができませんが、それ以外での使いみちは制限されていません。

申し込みをする際には、一応使い道を選択することになりますが、フリーローンと違って、資金使途を申告・証明する必要もありません。

たとえば、最初は旅行が目的で借り入れをしたとして、その後楽器の購入のためにお金が必要になった場合などでも使い道が変わったことを申告する必要がないんです。

お金の借り方はカードローン会社ATMや提携ATMで現金を引き出すか、お使いの金融機関口座に振り込んでもらう方法があります。
いずれの場合も、現金を手にすることができるのでその後の使い道をカードローン会社に知られることはありません。

何度でもお金を借りられる

当座貸越であるカードローンなら、限度額内であれば何度でもお金を借りることができます。

証書貸付のフリーローンは、一括で借りて決まった通りに返済する借り方でしたが、カードローンは限度額の中ならいくらでも借りられます。

例えば、50万円の限度額の中から海外旅行のために30万円借りたとします。

帰ってきて生活費がちょっと苦しくなったから追加で10万円を借りたとします。

残り枠は10万円ですが、カードローンなら「借りない」という選択もできるので、10万円の枠は別の機会のために残しておいて毎月のお給料で無理なく40万円返済するということができるのがカードローンになります。

この例をフリーローンで実践するとしたら、まず海外旅行にかかる費用を見積書などで提出する必要があります。

そして生活費としてはお金を借りられないこともあるので、別の借り入れ先を検討する必要があるでしょう。

もし、ボーナスなどでまとめて返済したいとなったら、契約の変更手続きが必要で手数料が発生することもあります。

この例のように借り入れ金を幅広く使いたい場合は、カードローンの方が向いているということになりますね。

★カードローンのまとめ
・カードローンには消費者金融、銀行カードローン、信販会社系カードローンなどがある
・カードローンは「当座貸越」で限度額が設定される
・限度額内であれば何度でも借り入れ、返済が可能
・資金使途は自由(一部カードローンは事業性資金は不可)

スポンサードリンク

 

フリーローンとカードローンの違いは?

フリーローンとカードローンの特徴を見てきましたが、ここまでは両方の良いところを中心に解説してきました。

ここからはデメリットを含むフリーローンとカードローンの違いを確認して、どちらの借り入れ方法が自分に適しているのかを考えていきましょう。

金利の違い

主な消費者金融と銀行カードローンの金利はこのようになっています。

★消費者金融の金利

消費者金融名 金利(年利)
アコム 3.0~18.0%
プロミス 4.5~17.8%
SMBCモビット 3.0~18.0%
アイフル 3.0~18.0%
レイクALSA 4.5~18.0%
ノーローン 4.9~18.0%

 

★銀行カードローンの金利

銀行カードローン 金利(年利)
三菱UFJカードローン バンクイック 1.8~14.6%
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5%
りそなプレミアムカードローン 3.5~12.475%
みずほ銀行カードローン 2.0~14.0%
横浜銀行カードローン 1.9~14.6%
スルガ銀行カードローン リザーブドプラン 3.9~14.9%
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8%

 
カードローンの金利には幅があるのですが、確認すべきところは上限金利です。

消費者金融は18%、銀行カードローンが14%台となっています。
この数字には理由があります。

利息は「利息制限法」という法律で制限がなされていて、元本が大きくなるほど利率が厳しくなっているのです。

元本の金額 上限金利
10万円未満 年20%まで
10万円以上100万円未満 年18%まで
100万円以上 年15%まで

 

カードローンには限度額があって、限度額の大きさによって金利が決定されるわけです。

その際、50万円が限度額の人には18%以上の金利つけることはできませんし、200万円が限度額の人には15%以上の金利を設定することができなくなっています。

ちなみに初回申し込み時は、カードローン会社のリスクヘッジにより上限金利が設定される場合がほとんどです。

最低金利が設定されることはまずないでしょう。

フリーローンの金利も確認していきましょう。

銀行・商品名 金利 特徴・その他
三井住友銀行フリーローン(無担保型) 変動金利。新規借り入れ時は、所定の短期プライムレートと連動している長期貸し出し金利によって決定される。
2018年8月現在の金利は5.975%
・資金使途証明書必須
・借入後の金利は毎年4月1日と10月1日に基準利率を見直し、それぞれ6月・12月の返済日の翌日より新利率が適用される
みずほ銀行多目的ローン ・固定金利:6.700%
・変動金利:5.875%
※2018年8月現在
・資金使途証明書必須
・最初に選んだ金利方式(固定・変動)の変更は不可
・変動金利は毎年4月1日と10月1日のみずほ銀行所定の短期プライムレート連動長期貸出金利の最優遇金利を基準として年2回見直しがある。
見直し後の新利率はそれぞれ翌々月の約定返済日の翌日から適用される。その場合、短期プライムレート連動長期貸出金利の変更幅と同じだけ引き上げ、または引き下げとなる。
りそな銀行 りそなプライベートローンJ 6.5%、9.5%、12.0%、14.0%のいずれか固定金利 ・資金使途確認書類不要!
※条件等により提出を求められる場合もあり
・web契約なら来店不要
住信SBIネット銀行 ミスターフリーローン 3.775%~12.00% ・資金使途確認書類不要!
・ネットで手続きできるので来店不要
イオン銀行フリーローン 3.8%~年13.5% ・資金使途確認書類不要!
・繰り上げ返済手数料無料
横浜銀行フリーローン 1.9~14.6% ・資金使途確認書類不要!
・借り入れ金は申込者の口座に入金される
・横浜銀行の営業エリアに住居か勤務先がある人限定

 
メガバンク、ネット銀行、地方銀行のフリーローンを調べてみましたが、金利も利用条件もバラバラですね。しかし、カードローンよりもフリーローンの方が全体的に低金利です。

ちなみに三菱UFJ銀行は2018年5月31日(木)をもって、フリーローンである「ネットDE多目的ローン・多目的ローン」の取り扱いを終了しました。

事業性資金以外に利用できるローンにはカードローンの「バンクイック」がありますが、これにより三菱UFJ銀行にはフリーローンと言える商品がなくなったことになります。

三井住友銀行などは、教育ローンとマイカーローンが目的別ローン商品になっているのですが、それ以外の少額融資(旅行資金や引っ越し費用など)はフリーローンに組み込まれています。

一方、横浜銀行の場合はフリーローンの他に「ライフサポートローン(多目的ローン)」という商品があります。

ライフサポートローンは結婚費用、車の修繕、旅行などに使うことができるのですが、ネットからの申し込みで金利は3.100%~3.800%と、フリーローンよりもさらに金利が低くなっています。

また、スルガ銀行は趣味のサポートにも力を入れていて、目的別ローンのラインナップがとても豊富です。

★スルガ銀行の趣味をサポートする目的別ローン
・ロードバイクローン
・ダイバーズローン
・カメラ、レンズローン
・楽器、音響機器購入ローン
・サーファーズローン
・鉄道模型ローン

いずれも金利は2.5%~7.5%

三井住友銀行のようにフリーローンのカバー範囲が広い場合と、スルガ銀行のように目的別ローンの種類が多い場合があった場合は、どちらがお得に借りれるか目的に合った商品の金利をぜひ比較してみてください。

スポンサードリンク

 

限度額の違い

★消費者金融の限度額

消費者金融名 限度額
アコム 800万円
プロミス 500万円
SMBCモビット 800万円
アイフル 800万円
レイクALSA 500万円
ノーローン 300万円

 

★銀行カードローンの限度額

銀行・商品名 限度額
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 500万円
三井住友銀行カードローン 800万円
みずほ銀行カードローン 800万円
りそな銀行プレミアムカードローン 800万円
住信SBIネット銀行カードローン 1,200万円
楽天銀行カードローン 800万円
イオン銀行カードローン 800万円
横浜銀行カードローン 1,000万円
スルガ銀行カードローン 800万円

 

消費者金融でも800万円もお金借りれるの?という感じですが、消費者金融で貸付け限度額いっぱいまでお金を借りることはかなり難しいと思います。

消費者金融には貸金業法で定められている「総量規制」という法律があって、その中で「年収の3分の1以上は貸してはいけない」と定められているんです。

アコム、SMBCモビット、アイフルの貸付け限度額である800万を借入限度額にするには、年収が最低2,400万円必要ということになります。

消費者金融の借り入れ限度額は「自分の年収の3分の1以下」となることを覚えておいてください。

銀行カードローンは総量規制の対象外ですが、貸しすぎを防ぐための自主規制に力を入れています。

ですので、限度額の目安はやはり年収の3分の1程度となるでしょう。

ただし、銀行の規制はあくまでも自主規制で総量規制のように法で定められてはいないので、収入がない専業主婦(主夫)でも借り入れ可能な銀行カードローンもあります。

★フリーローンの限度額

銀行・商品名 限度額 条件・その他
三井住友銀行フリーローン(無担保型) 10万円以上300万円以内 ・1万円単位
・本ローンを含めた無担保総借入額が前年度税込年収の50%以内
・金額を確認できる書類に記載の金額と同じかそれよりも少ない金額
みずほ銀行多目的ローン 10万円以上300万円以内 ・1万円単位
・本借り入れと他の無担保借入金残高(カードローン極度額を含む)との合計が前年度税込年収の原則50%以内
りそな銀行 りそなプライベートローンJ 10万円以上300万円以内 ・1万円単位
住信SBIネット銀行 ミスターフリーローン 10万円以上1,000万円以下 ・1万円単
イオン銀行フリーローン 30万円~700万円 ・10万円単位
横浜銀行フリーローン 10万円以上1,000万円以内 ・10万円単位

 
フリーローンは必要な金額を1度に借りて、継続して返済を続けることになるので、借り入れ金額が10万円以上、10万円単位となるケースも多いです。

そもそも10万円が必要ない場合はカードローンを選択した方が良いということになりますね。

お金の借りやすさの違い

資金使途の証明が不要であるカードローンは、フリーローンよりも借りやすいと言えるでしょう。

カードローンの申し込みに必要な書類は、希望限度額によっては本人確認ができる運転免許証だけで良い場合がほとんどです。

また、公にはされていませんが、フリーローンの方が審査自体も厳しいと言われています。

審査内容や必要書類のハードルの高さ以外にも、気軽さという面でもカードローンの方が借りやすいでしょう。

ネットだけで申し込み・借り入れ・返済を完了させることができますし、新規申し込み者さんには無利息サービスも行われています。

しかし、簡単にお金を借りられるということは、借りすぎる可能性もあるということです。

フリーローンには限度額や追加融資という考え方は無いので、再度お金が必要になったら改めて審査を受けることになりますが、カードローンは限度額いっぱいまで借りられるので、借りすぎには本当に注意が必要です。

返済方法の違い

カードローンの返済方法は毎月1回や35日ごとなどの、決まった返済日に最低返済額以上の金額を振り込みや銀行引き落としなどで返していく「約定返済」が基本となります。

約定返済にプラスして、お金に余裕があるときやボーナス時などに繰り上げ返済を行うことも可能です。

カードローンの繰り上げ返済方法は、ATMや振り込みなどで指定の金融機関に入金するだけで、カードローン会社への連絡も不要です。(繰り上げ返済での一括返済時のみ連絡が必要になることもあります)

利息は日割りでついていくので、カードローン返済は繰り上げ返済も積極的に行うことをおすすめします。

フリーローンの返済は口座引き落としとなります。

繰り上げ返済・一括返済にも対応していますが、銀行は金銭消費貸借契約書に書かれた返済方法以外の返済に対しては消極的です。

返済日までに返さないのは大問題ですが、銀行からすると最初に決めた返済方法よりも早く完済されてしまうと銀行の儲けである利息が減ってしまうことになるんです。

儲けが減る上に利息の再計算や手続きなどで手間がかかるため、手間賃として手数料が発生するということになります。

あくまでも最初に立てた計画的な返済を望まれるのがフリーローンで、手数料を差し引くと少額の繰り上げ返済には向いていません。

即日融資の違い

カードローンの中でも消費者金融なら即日融資が可能です。

審査にかかる時間は最短30分。ATMでの借り入れに必要なローンカードは、21時~22時くらいまで営業している自動契約機(無人契約機)で発行できます。

ローンカードを手に入れたらあとはコンビニATMでもお金を借りられるので、急いでいる方には消費者金融が最もオススメです。

銀行カードローンは最短で翌日融資になります。

フリーローンは、資金使途の書類審査があったり、店舗への来店が必須の場合もあるので即日融資はできません。

web申し込みが可能な来店不要のフリーローンでも即日融資は不可です。

急いでいる人にはカードローンの方が便利です。

保証人・担保の違い

カードローン・フリーローンともに、保証人も担保も不要です。ただ、フリーローンは担保を付けることで条件が良くなる商品もあります。

例)三井住友銀行の場合

条件等 フリーローン(無担保) フリーローン(有担保)
金利 5.975% 2.775%~2.975%
限度額 10万円以上300万円以内 50万円以上1億円以内
借り入れ期間 1年以上10年 1年以上30年以内
担保 不要 不動産
発行3ヵ月以内の不動産登記簿謄本などが必要

※金利はいずれも変動金利で、借入条件等により異なる場合があります。

スポンサードリンク

 

フリーローンと銀行カードローンの違いは?

フリーローンは証書貸付、銀行カードローンは当座貸越になるので全く異なります。

フリーローンもカードローンも資金使途は自由ですが、フリーローンは資金使途の証明が必要になることもあります。

提出書類は、銀行カードローンが本人確認書類(免許証など)と、必要な場合のみ収入証明書を提出することになります。

フリーローンは本人確認書類、収入証明書の他に使い道と金額がわかる資料の提出を求められることがあるので提出書類が多いのはフリーローンになります。

金利はフリーローンの方が低く設定されています。銀行カードローンは初めての申し込みの場合、上限金利が設定される場合がほとんどでしょう。

審査はどちらも甘くはありません。銀行からお金を借りるわけなので、厳しいのは当然ですね。

金利が低く使用目的の分かる資料提出が求められる分だけフリーローンの方がさらに厳しいと言えます。

フリーローンも銀行カードローンも、所定の保証会社の保証を受けられることが条件になるので、銀行と保証会社の両方に認められる必要があります。

フリーローンとカードローン お金借りるならどっちがいいの?

フリーローンはひとつの目的のために低金利でまとまった金額を借りたいときに便利です。

ただし融資までに時間がかかり、資金使途の証明書類が必要な場合もあります。

また、借り入れの目的によっては目的別ローンの方がさらに金利が低い場合もあります。(自動車ローン、教育ローン、ブライダルローン、美容ローンなど)

★フリーローンがおすすめの人
・お金を借りる目的がハッキリしている
・融資を急いでいない。1週間~2週間以上待てる
・一括で借りて計画的に返済したい
・10万円以上のまとまった金額が必要

カードローンは限度額以内であれば何度でも借り入れ・返済ができるので、目的が複数ある場合に便利です。金利は高めですが、即日融資も可能というスピーディさには定評があります。

カードローンは、くれぐれも借りすぎないようにする必要があります。

何度でも借りられるのは助かりますが、いつでも借りられるということは多重債務に陥る危険性が高いということでもあります。

カードローンをもう使わないと決めたら解約する勇気も持っておきましょう。

★カードローンがおすすめの人
・お金を借りる目的が複数ある
・生活費のために借りたい
・借り入れと返済を繰り返したい
・いつでも借り入れができる枠を持っておきたい
・融資を急いでいる。できれば今日借りたい!
・柔軟に返済していきたい
・借りたいお金が10万円以下

自分の目的に合わせて、計画的にお金を借りるようにして下さい。

スポンサードリンク

PAGETOP