アイフルとSBMCモビット比較 借りるのにお勧めは?

アイフルとSBMCモビットはどちらも広く知られている消費者金融ですが、どちらでお金を借りた方がお得で便利なのでしょうか?

項目ごとに比較して、どちらが優秀なのかを見ていきましょう!


アイフルとSBMCモビットのカードローンの基本スペックを比較

まずはアイフルSBMCモビットのカードローン金利や限度額、審査スピードなどを比較してみましょう。

アイフル

・金利(実質年利):3.0~18.0%
・限度額:最大800万円
・審査にかかる時間:最短30分
・年齢:20歳以上(取引中に70歳になったら新規の融資は停止)
・貸付対象者:定期的な収入と返済能力があり、アイフルの基準を満たす人
・返済方式:借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式

●アイフルのポイント
・30日間金利0円サービスがある
・融資を急いでいる方向けのサービスも充実!
・郵便物が一切ない「WEB完結」も選べる!

SBMCモビット

・金利(実質年利):3.0~18.0%
・限度額:最大800万円
・審査にかかる時間:最短30分
・年齢:20歳~69歳
・貸付対象者:安定した収入のあるSBMCモビットの基準を満たす人。アルバイト、パート、自営業も利用可能。
・返済方式:借入後残高スライド元利定額返済方式

●SBMCモビットのポイント
・勤務先への電話連絡が無い!(WEB完結のみ)
・審査が早く、即日融資も可能!

限度額、金利ともに同じですね。

アイフルとSBMCモビット 審査基準はどうなってる?

●アイフル
満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有していて、アイフルの基準を満たす人

●SBMCモビット
満年齢20才~69才の安定した収入のある人。SBMCモビットの基準を満たす人。

アイフルとSBMCモビットも安定した収入があればアルバイト、パート、自営業の方も利用可能です。ただし、年齢が20歳以上の方に限られていますのでアルバイトをしていても未成年者は利用できません。

アイフルもSBMCモビットも、満70歳になったら新たな融資はできないので、貸付対象年齢はまったく同じになります。

アイフルとSBMCモビットも詳しい審査基準は公表していませんが、年収、雇用形態、持ち家か賃貸か?勤続年数、過去の返済履歴、他社借入情報などなどを、トータル的に判断して、融資の有無、限度額はいくらまでなのか?を決定します。

したがって、アイフルとSBMCモビットのどちらが審査に通りやすいのか?判断することは難しくなっています。

アイフルとSBMCモビット 限度額で比較

●アイフル:最大800万円
●SBMCモビット:最大800万円

どちらも最大800万円という高額になっています。
限度額は高い方がありがたいですが、貸金業法の「総量規制」によって、消費者金融から借り入れできる実際の金額は年収の3分の1以下と決められていることは覚えておきましょう。

なお、総量規制は消費者金融1社につき年収の3分の1以下しか借りられないということではありません。複数の消費者金融カードローンを利用している場合はその合計が年収の3分の1となります。

例1)
年収300万円の人がアイフル1社から借りられる総量規制に基づく限度額
⇒100万円

例2)
年収300万円の人がアイフルとSBMCモビットの2社から借りられる総量規制に基づく限度額
⇒2社の合計で100万円

アイフルとSBMCモビット 金利はどうなってる?

●アイフル:3.0%~18.0%(実質年率)
●SBMCモビット:3.0~18.0%(実質年利)

金利は最少で3.0%、最大が18.0%と、どちらもまったく同じです。

アイフルとSBMCモビット 実際の利息はどうなる?

●アイフル(約定日制で返済)
★25万円を金利18.0%で借りて、毎月11,000円返済する場合
返済回数は?:28回
返済期間は?:2年4か月
毎月の返済金額は?:11,000円、最終月のみ10,991円
支払い総額は?:307,991円

●SBMCモビット
★25万円を金利18.0%で借りて、毎月11,000円返済する場合
返済回数は?:28回
返済期間は?:2年4か月
毎月の返済金額は?:11,000円、最終月のみ10,991円
支払い総額は?:307,991円

25万円を借りて11,000円ずつ返済していくと、どちらも完了までに2年4か月かかって、総返済額は307,991円、利息は57,991円払う必要があるという結果になりました。

ちなみに、SBMCモビットで25万円を借りた場合は11,000円が毎月の最少返済額になりますが、アイフルは返済日の選択によって変わってきます。

「約定日制」の場合は11,000円、「サイクル制」の場合は13,000円です。
詳しくはのちの、「アイフルとSBMCモビット 返済方式で比較」の項目をご確認下さい。

アイフルとSBMCモビット 審査の速さは?

●アイフル:最短30分
●SBMCモビット:最短30分

アイフルには融資を急いでいる方向けのサービスが用意されています。

ネット(パソコン・スマホ・ケータイ)で申し込みをした後に、なるべく早くアイフルフリーダイヤルに電話をすることで審査にかかる時間を短縮できるんです。

ネット申し込みをすると、登録したメールアドレスあてに受付完了メールが届くので、確認したらすぐにアイフルフリーダイヤルに電話をして融資を急いでいることを伝えましょう。この電話1本だけで優先して審査をしてもらえます。

これは、アイフル公式サイトにも記載されているサービスなので遠慮することはありません。しっかり活用するのが賢い申し込み方法です。

アイフルとSBMCモビット 自動契約機(無人契約機)の営業時間

●アイフル
平日・土日・祝日ともに8:00~22:00
(一部店舗では営業時間が異なります)

●SBMCモビット
平日・土日・祝日ともに8:00~21:00

一般的な自動契約機(無人契約機)は、個室の中にタッチパネル式の機械があって、自分で操作しながら必要な情報を入力していくのが普通なのですが、アイフルの場合はちょっと異なります。

アイフルの自動契約機(無人契約機)は「無人契約でんわBOX(てまいらず)」というのですが、その名のとおり電話ボックス形式になっていて、個室の中にあるのは電話機なんです。

登録情報はオペレーターさんに口頭で伝えて、入力はオペレーターさんが行ってくれるので、文字入力に慣れていない方でも抵抗なく利用できます。

また、アイフルもSBMCモビットも、自動契約機(無人契約機)に直接行ってから申し込みを行うこともできるのですが、これはあまり賢い方法ではありません。

自動契約機(無人契約機)で申し込み・契約・カード作成を行うと、全ての工程が終わるまで自動契約機(無人契約機)の中でじーっと待機することになるので退屈です。

それに、自動契約機(無人契約機)にはカメラもついているので、あまり居心地の良い状態ではないですし、おトイレに行きたくなる可能性も・・・。

アイフルもSBMCモビットも、審査申込みはネットから行ってから自動契約機(無人契約機)で契約作業を行ってカードをゲットした方がスムーズに融資を受けられますよ。

アイフルとSBMCモビットの無利息期間サービス

●アイフル
30日間無利息期間があります。

アイフルの30日間無利息サービスは、「契約日の翌日」から自動的にはじまって、「最大30日間」が無利息になります。

厳しい利用条件も特になく、アイフルをはじめて利用する人で無担保キャッシングローンを利用する人が対象です。

ポイントは、30日間無利息サービスが始まる日が契約日の翌日に限定されていることですね。契約をしてすぐに融資を受ける予定がある方は最大30日をまるまる活用できますが、次の大型連休に借りるために契約だけしておきたいなどすぐにキャッシングする予定がない方は、融資を受ける前に30日間無利息期間が終わってしまう可能性もあります。

プロミスは借入日の翌日から30日間無利息サービスが始まります。

アイフルの30日間無利息サービスを最大限活用するなら、「契約日=初めて融資を受ける日」にしましょう!

無利息サービスは、期間中に全額返済したら利息0円でお金を借りられるサービスなのでものっすごくお得です。

全額返済できなくて無利息期間終了後に借入残高があったとしても、利息はその借り入れ残高にしかかからないのでやはりお得です。

●SBMCモビット
SBMCモビットには無利息サービスはありません。ですので、無利息期間が絶対に欲しい方はSBMCモビットよりもアイフルの方が相性が良いと言えます。

30日間無利息サービスはアコムとプロミスも行っていますが、利用条件がいちばん緩いのはアイフルです。

<参考 アコム・プロミスの30日間無利息サービス利用条件>
・アコムの条件は?
アコムをはじめて利用する人で、返済期日を35日ごとにすること

・プロミスの条件は?
プロミスをはじめて利用する、メールアドレスを登録する、Web明細を利用する

アイフルとSBMCモビット ATMの使いやすさで比較

アイフルのATM

<アイフルATMの台数>全国に約400台

<提携ATM>
・セブン銀行
・イオン銀行
・三菱UFJ銀行
・西日本シティ銀行
・ローソンATM
・E-net
・親和銀行
・福岡銀行(借り入れ専用 返済不可)
・熊本銀行(借り入れ専用 返済不可)

・ファミリーマート Famiポート(返済専用 借り入れ不可)
・LAWSON Loppi(返済専用 借り入れ不可)

手数料が無料で使用できるのはアイフルATMだけで、提携ATMは1万円以下の入出金で108円、1万円超の入出金で216円のATM手数料が発生します。
アイフルのATMは全国に約400台なので、多いとは言えません。

SBMCモビットのATM

実は、SBMCモビットATMというSBMCモビットの自社ATMは存在しません。ただ、三井住友銀行ATMを手数料無料で利用できます。

◆貸金業法に基づいた利用明細書が発行されるATM
・三井住友銀行
・三菱UFJ銀行
・セブン銀行
・イオン銀行
・プロミス
・セゾンカード
・第三銀行
・福岡銀行
・親和銀行
・熊本銀行
・ファミリーマート Famiポート(返済専用 借入不可)
・ローソン Loppi(返済専用 借入不可)
・ミニストップ Loppi(返済専用 借入不可)

◆店舗によって貸金業法に基づいた利用明細書が発行されるATM
E-net(ファミマ、ミニストップ、スリーエフ、コミュニティストア、デイリーヤマザキ、生活採家、セーブオン、ポプラ、セイコーマート)
ローソンATM

◆貸金業法に基づいた利用明細書および領収書が後日郵送されるATM
・ゆうちょ銀行

・北海道地区
北洋銀行、北海道銀行

・東北地区
みちのく銀行、仙台銀行

・関東・甲信越地区
常陽銀行、足利銀行、栃木銀行、群馬銀行、武蔵野銀行、千葉銀行、京葉銀行、横浜銀行
第四銀行(出金専用)

・中部・北陸地区
北陸銀行、大垣共立銀行、十六銀行、出金中京銀行、百五銀行
スルガ銀行(出金専用)

・関西地区
京都銀行、池田泉州銀行、但馬銀行
南都銀行(出金専用)紀陽銀行(出金専用)

・中国地区
トマト銀行、西京銀行
もみじ銀行(出金専用)

・四国地区
百十四銀行

・九州地区
西日本シティ銀行
宮崎銀行(出金専用)

・信用金庫(出金専用。一部信用金庫では利用できません)

・VIEW ALTTE(出金専用)
・PatSat

手数料無料で利用できるのは三井住友銀行ATMのみになります。地方ではなかなか見つからないかもしれないので、手数料を節約するなら自分の口座に入金してもらう振り込み融資を活用しましょう。

アイフルとSBMCモビット 即日振込融資の条件を比較

即日の振込融資は、アイフルもSBMCモビットもどちらも行っているサービスです。ネットや電話で振り込みを依頼をすると、指定した口座に手数料無料で入金してもらえます。

クレジットカードの支払いなど、口座にお金を入れておきたいときにとても便利です。

振込融資をお願いすると、通常、遅くとも翌日には入金してもらえるのですが、振り込み依頼をする時間帯によっては当日融資も可能なので、申し込みの締め切り時間を知っておくと役に立つはずです。

●アイフル
平日14:10までに申し込むと即日融資が可能

●SBMCモビット
平日14:50までに申し込むと即日融資が可能

アイフルもSBMCモビットも振込先金融機関に指定はありませんが、SBMCモビットで「WEB完結」を利用する場合のみ入金先が三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかになります。

SBMCモビットとアイフルの「WEB完結」を比較

プロミスでも実施していますが、SBMCモビットとアイフルも「WEB完結」申込みのサービスを提供しています。

基本的にWEB完結は、カードレス・郵送物なしで申し込めるサービスなので、内緒でカードローンを申込みたい方に人気のサービスです。

しかし、SBMCモビットのWEB完結には、他にない大きな特徴があります。

SBMCモビットのWEB完結は電話連絡もナシ

SBMCモビットのWEB完結は、申し込みも審査も契約も借り入れも返済も、ネットだけでできるサービスで、カードレス・郵送物ナシなのはもちろん、勤務先への電話連絡もないんです。

WEB完結が利用できると本当に便利なのですが、WEB完結には利用条件もあるので、まずはしっかり確認しましょう。

●WEB完結の利用条件
・三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のどれかを口座登録すること。(本人名義)
・「社会保険証」か「組合保険証」を所持していること

大きなハードルはこの2つなのですが、いかがですか?

会社が社会保険に加入している会社員さんなら特に問題はないのですが、国保だとダメなので自営業の方は難しくなってきます。

提出が必要な書類も、通常の申し込みよりも若干多くなっています。

・本人確認書類…「運転免許証」か「パスポート」の写し(どちらかひとつでOK)
・収入証明書…源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与証明書(直近2か月分+あれば賞与証明書1年分)のいずれか
・勤務先を確認できる書類2点…健康保険書、給与明細書

一般的なパターンだと、申し込みに必要なのは本人確認書類のみで、借入希望額が50万円を超える場合と、他社を含めた借り入れ総額が100万円を超える場合にのみ収入証明書の提出が必要になることが多いのですが、SBMCモビットのWEB完結は、本人確認書類・収入証明書・勤務先を確認できる書類の提出がマストなんです。

ただ、これらを全て提出することで電話での在籍確認を省略できるメリットは大きいと言えます。

条件に該当する方はぜひSMBCモビットのWEB完結を利用を検討してみて下さい。

アイフルとSBMCモビット 返済方式で比較

返済方式は、どういったルールで返済をしていくか?という決まり事です。毎回の返済ごとに意識することではありませんが、知っておくとより深くアイフルとSBMCモビットを比較することができますよ。

アイフルの返済方式

アイフルの返済方式は「借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式」です。
ポイントは「最終借入後」の「借入残高」に応じて最少返済額が設定されること。つまり、追加融資をしなければ最少返済額は変わらないのです。

アイフルは返済期日を「サイクル制」と「約定日制」のどちらかで選ぶことができるのですが、どちらにするのかでも最少返済額に違いがでてきます。

・サイクル制…返済日の翌日から数えた35日後が次回返済日となります。
・約定日制…毎月の返済日を自分で設定します

●サイクル制の最少返済額
借入直後残高:最少返済金額
1円~10万円:5,000円
10万1円~20万円:9,000円
20万1円~30万円:13,000円
30万1円~40万円:13,000円
40万1円~50万円:15,000円
50万1円~60万円:18,000円
60万1円~70万円:21,000円
70万1円~80万円:24,000円
80万1円~90万円:27,000円
90万1円~100万円 30,000円
100万1円~300万円 1,000円ずつ加算
◆約定日制の最少返済額
借入直後残高:最少返済金額
1円~10万円:4,000円
10万1円~20万円:8,000円
20万1円~30万円:11,000円
30万1円~40万円:11,000円
40万1円~50万円:13,000円
50万1円~60万円:16,000円
60万1円~70万円:18,000円
70万1円~80万円:21,000円
80万1円~90万円:23,000円
90万1円~100万円:26,000円
100万1円~300万円:1,000円ずつ加算

どちらも借入後の残高で最少返済額が決まるので、仮に100万円を借りて滞りなく返済を行い借入残高が10万円になったとしても、追加融資を受けて借入後残高に変更が発生しなければ最少返済額に変更はありません。

SBMCモビットの返済方式

SBMCモビットの返済方式は「借入後残高スライド元利定額返済方式」になります。言い方は違いますが、仕組みはアイフルと同じです。設定されている最少返済額を確認しましょう。

最終借入後残高と返済額
10万円以下:4,000円
10万円~20万円以下:8,000円
20万円~30万円以下:11,000円
30万円~40万円以下:11,000円
40万円~50万円以下:13,000円
50万円~60万円以下:16,000円
60万円~70万円以下:18,000円
70万円~80万円以下:21,000円
80万円~90万円以下:24,000円
90万円~100万円以下:26,000円

アイフルの約定日制返済パターンと同額ですね。

アイフルとSBMCモビット 返済日はどうなってる?

アイフルの返済日

「サイクル制」の場合は、返済日の翌日から35日後が次回返済日となります。初回だけはお金を借りた日の翌日から数えて35日後が返済日です。例)8月7日に返済をした場合、8月8日から数えて35日後の9月11日が次回返済日になります。

「約定日制」の場合は、毎月一定の返済日を任意で決めます。
例)毎月25日を返済日と決めたら、25日までに返済をします。

※約定返済日パターンの注意
約返済日は、「返済期日までの10日間」が返済期間になるので、毎月25日が約定返済日なら15日~25日に返済をする必要があるんです。なので、たとえば14日に返済をしたとしても返済期間中に入金したことにはならないので15日~25日の間に再度入金する必要があります。

どうしてもお財布に余裕がない月は返済期間を確認してから入金することをおすすめします。

SBMCモビットの返済日

SBMCモビットは約定返済日を決めて返済していくのですが、あまり自由に選ぶことはできず5日、15日、25日、末日のいずれかに設定する必要があります。

アイフルとSBMCモビット 女性向けのサービスはある?

●アイフル
限度額が10万円の「SuLaLi(スラリ)」というサービスがあります。
借りすぎることがないですし、万が一返済をうっかり忘れた際などの連絡は電話ではなくSMSで知らせてくれますし、カードも女性向けにデザインされています。
SuLaLi担当オペレーターは女性で、専用電話番号も用意されています。

●SBMCモビット
女性に特化したサービスはありませんが、本人に安定した収入があれば、アルバイト、パートをしている女性でも申し込み可能です。

まとめ アイフルとSBMCモビット どっちが良い?

アイフルとSBMCモビットを比較してきましたが、いかがでしたか?

アイフルもSBMCモビットも、審査スピードがとても速く、即日融資に対応したカードローンを用意しています。

大きな違いは・・・

・30日間無利息サービスがあるか・ないか
・電話連絡があるか・ないか

です。

つまり、「30日間無利息サービス」を利用したい方は「アイフル」、電話連絡ナシのWEB完結を利用したい方はSBMCモビットがおすすめです。

また、SBMCモビットは三井住友銀行グループですが、アイフルには銀行に属していません。その点では安心感があるのはSBMCモビットという見方もできます。

自分にとって何が大きな利点になるのか考えて、カードローンを検討してみて下さい。

スポンサードリンク

PAGETOP