カードローン審査に落ちてしまう1番多い理由

カードローンの審査に落ちるということは、何かしら審査通過できなかった理由があるということです。

でもカードローン会社が審査落ちの理由を公開することはないので、何がダメだったのかわからないまま次の申し込みをして、また落ちた・・・という悪循環に陥ってしまうかもしれません。

申し込み件数が増えて、申し込みブラック状態にならないように、カードローンの審査に落ちてしまう理由を確認しておきましょう。

スポンサードリンク

 


カードローンの審査はどうやって行われているの?

カードローンの審査は、職業、年収、居住環境、家族構成、保険証の種類などの「属性」と、クレジットカードや他のカードローンの利用履歴、返済・滞納などの「信用情報」の2つで判断されることになります。

属性の審査

★属性の主な審査項目
・年齢
・年収
・勤務先名
・職業
・雇用形態
・勤続年数
・居住年数
・居住形態
・住宅ローン
・家賃の負担額
・家族構成
・電話の種類
・健康保険の種類
など

属性は基本的に自己申告ベースで審査されます。

審査項目ごとに「スコアリング」と呼ばれる採点が行われ、点数が足りなかったら審査落ちなのでお金借りることはできません。

たとえば、保険証の種類は国民健康保険よりも社会保険の方が点数が高い、電話は携帯だけよりも、固定電話もあった方が点数が高いという感じです。

在籍確認も属性の審査のひとつです。申請した勤務先にちゃんと勤めていることを確認するために、勤務先に電話がかかってくることになります。

また、年収の証明のために給料明細や源泉徴収票(自営業の方は確定申告書など)の提出を求められることもあります。

信用情報の審査

信用情報は借り入れ件数と総額は自己申告になりますが、もっと細かい利用履歴は信用情報機関に照会をかけて調査されることになります。

ブラック状態であれば審査に通ることはまずありませんし、自己申告にウソがあれば必ずバレてしまいます。

スポンサードリンク

 

カードローンの審査に落ちる理由はコレ

カードローンの審査に通らないということは、落ちる理由があるということです。しっかり確認して、ひとつひとつつぶしていきましょう。

ブラックリスト入りしている

カードローンの審査において信用情報の状態は最も重要な項目と言っても過言ではありません。

ブラックリストには金融事故を起こしたときに載ってしまうのですが、1日返済が遅れたからといって即載ってしまうというわけではありません。

・延滞
一般的には3か月以上の延滞があったり、1~2か月の延滞でも何回も続けてしまうなど、信用を損ねる契約不履行があると登録されると言われています。

・債務整理
任意整理・特定調停・個人再生・自己破産などの債務整理を行うと、確実にブラックリストに載ってしまいます。

債務整理は、債務者にとっては借金を減額~0円にできる救済措置ですが、債権者にとっては大きな貸し倒れを生む法的手続きになるので、できれば避けたいところなんです。

そのため、債務整理によりブラックリスト入りすると大きく信用を失うことになり、5年~10年はカードローン、クレジットカード、各種分割払いは利用できなくなってしまいます。

・スマホ本体の分割払いに未払いがある
スマホの本体代が利用料金と一緒に毎月引き落とされている方も多いと思いますが、利用料金と本体代はまったく別なんです。

利用料金で本体代が相殺されるくらいの割引があると、「分割払いの契約をしている」という感覚がなくなってしまいそうですが、滞納してしまうとブラックリスト入りしてしまうことになります。

【対策】
ブラックリストをはじめとする信用情報の掲載内容は、明確な誤りでないかぎり削除や変更をすることはできません。

対策としては時間が経つのを待つしかないのですが、ブラックリストは5年~10年は消えないので長期戦を覚悟する必要があります。

総量規制の範囲を超える借り入れをしようとしている

総量規制は「年収の3分の1以上の借り入れはできない」という規則になります。利用者側に課せられているものではなく、消費者金融などの貸金業者向けの制限です。

総量規制違反には罰則があるため、カードローン会社は年収の3分の1を超える借り入れが行われないように慎重に審査を行います。

仮に年収300万円で他社からの借り入れが90万円あるとします。

総量規制的にはあと10万円借りられることになりますが、返済能力としてはかなり怪しい状態となるので、審査に落ちてしまうこともあります。

【対策】
総量規制は法律によって決められているので、甘く審査されることはありません。他社からの借り入れが多くて年収の3分の1を超えそうな場合は審査に通らないので、できるだけ返済をして借入残高を減らしてから申し込みしましょう。

スポンサードリンク

 

他社の借り入れ件数が多い

借り入れ件数は、少なければ少ないほど良いです。
3件だとかなり多め、4件だと多すぎて審査落ちする可能性が高いとされています。

【対策】
対策としては、できるだけ完済して借り入れ件数を減らすことです。

短期間に複数のカードローンに申込をした

申し込む側としては、アコムだけだと不安だからプロミスにも申込をしておこう、みたいに保険をかけるのは正攻法のような気がしますが、これもアウトな行為です。

カードローンの申込状況も信用情報機関に記録されています。

1か月に3社も4社も申し込みをしてしまうと、「この人はよほどお金に困っているのかな?貸したお金をちゃんと返済できるのかな?」と疑われてしまうことになります。

【対策】
申込履歴は信用情報機関に6か月残ります。慎重にいくなら、1件審査落ちしたら半年待ってから申し込みをした方が良いでしょう。

勤続年数が短すぎる

カードローン会社は安定を好むので、勤続年数と居住年数は長ければ長い方が良いです。

【対策】
勤続年数が半年未満など極端に短い場合は、1年を超えるくらいまでは待った方が通過しやすくなります。

また、10年務めた会社を退職して今の会社に転職して3か月という場合、勤続年数は3か月になります。

このような場合は、転職をする前にカードローン審査を受けた方が勤続年数の面では有利になります。

収入が安定していない

年収は高い方が良いのですが、それ以上に大事なのが収入の安定性です。

会社員の人と、自営業で毎月の報酬にバラつきがある人がいて、2人の年収が全く同じだったとしても、カードローン会社に好まれるのは会社員さんになります。

【対策】
収入を安定させる働き方をする必要があります。
社会保険証を持っていて、毎月確実に一定額のお給料がでるような働き方をしていると信用が高くなります。

借り入れ条件を満たしていない

カードローンは誰でも利用できるわけではなく、借り入れ条件があります。

たとえば年齢で、多くのカードローンは20歳以上を対象としています。学生ローンは18歳から借り入れできるものもあります。

年齢には上限もあります。70歳になったら新規借り入れは不可としているところもあれば、限度額が高く利率が低い条件の良い銀行カードローンなどはもっと厳しい場合もあります。

また、カードローン会社によっては自己破産をしたことがある人は不可、学生は不可、カードローン商品によっては自営業は不可などの独自の規制を設けているところもあります。

【対策】
年齢制限、専業主婦・学生でも借り入れできるのか等の条件は申し込み前に確認しておきましょう。

スポンサードリンク

 

借り入れ希望額が高すぎる

借り入れ希望額があまりにも高すぎると審査落ちすることもあります。

たとえば、勤続年数が短い年収200万円の人が100万円の借り入れ限度額を希望するとします。

総量規制の範囲を超えていますし、かなり無謀な人という印象も与えることになります。

【対策】
信用情報や年収などは今すぐに良くすることはできないので、審査に自信がない場合は限度額を低めに希望しておきましょう。

申込内容に不備がある

申込に不備があっても訂正してもらえるんじゃないの?と思いがちですが、カードローン会社から見ると、本当に間違っただけなのか故意に書き換えたのかは判断が難しいところです。

そのため名前の漢字を間違えただけでも他人の名義で申し込みをしたと思われてもおかしくはないのです。

【対策】
虚偽の申し込みをすると、審査は即終了となります。
対策としては、何度も確認して間違いがない状態にすることです。

故意じゃなくても悪意がなくても記入ミスは審査落ちに繋がると思っておきましょう。

クレジットカードにキャッシング枠がある

クレジットカードにはキャッシング枠が付帯しているものもあります。

何枚も持っているとそれだけ借入枠がついていることになるのですが、実際に借り入れを行っていなくてもキャッシング枠があるだけで借り入れをしているのと同じ状態とみなされることがあります。

30万円のキャッシング枠があるクレカが3枚あれば、90万円の借り入れがあるとみなされるということです。

総量規制にも関わってくるので、借り入れと判断されてしまうと審査が不利になってしまいもったいないことになります。

【対策】
使っていないクレジットカードは解約するか、キャッシング枠を外してしまいましょう。

信用情報がスーパーホワイトかホワイト状態である

ちょっと特殊なパターンになるのですが、まず、「スーパーホワイト」は、クレジットカードを持たない現金主義の人などで、信用情報機関に何も登録がない状態のことになります。

いつも現金払いのような人ですね。

「ホワイト」もクリーンなイメージですが、実は逆なんです。

自己破産などの債務整理を行うと、5年~10年はクレジットカードも使えない、各種分割払いも利用できなくなるので、この期間の信用情報は利用履歴がまったくない真っ白状態になります。

このことをホワイトと言います。

つまり
・スーパーホワイト
自分の意志でクレカや分割払いを利用しない人

・ホワイト
クレカなどを利用したくてもできなかった人

となります。

しかし、この2つは区別されて記録されているわけではありません。

審査をする側にとっては同じように見えてしまうので、スーパーホワイトの人でも「以前なにかあってクレカを作れない人なのでは?」と思われてしまうこともあります。

実際は毎回現金払いができる財力があるきちんとしている人なのに、ホワイトとまとめて審査落ちさせられてしまうこともあるのでもったいないです。

【対策】
ホワイトの人はホワイト状態が解消されるのを待つことになります。

スーパーホワイトの対策は、1日でも早くスーパーホワイト状態を卒業することです。

クレジットカードの審査も通りにくいかもしれませんが、比較的審査が緩いとされているクレカも存在します。

クレジットカードを持ちたくないならスマホ本体を分割払いするなど、信用情報を積み重ねていきましょう。

クレカの利用、分割払いを始めたら、延滞だけは絶対にしないようにして下さい。

スポンサードリンク

 

まとめ:審査に落ちたら属性と信用情報の見直しを

★審査に落ちる理由リスト
・ブラックリスト入りしている
・総量規制の範囲を超える借り入れをしようとしている
・借り入れ件数が多い
・短期間に複数のカードローンに申込をした
・勤続年数が短すぎる
・収入が安定していない
・条件を満たしていない
・借り入れ希望額が高すぎる
・申込内容に不備がある
・信用情報がスーパーホワイトかホワイト状態である

カードローンの審査に1度でも落ちたということは、属性・信用情報に何かしら落ちる理由があるということです。

勤続年数やブラックリストからの脱却など、今すぐにどうにもできないこともあるのですが、誠実な申し込みをする、記入ミスをなくすなど確実に実行できることもありますよね。

カードローン会社に申告することは全てが審査の対象になると思って、できることから始めてみましょう。

スポンサードリンク

PAGETOP