口約束の借金は踏み倒されそうになっても請求できない?

友達だからお金を貸したのに返してもらえない・・・(涙)
そんな経験をしたことがある人も多いことと思います。

口約束で貸したお金って、どこまで請求できるのでしょうか?

口約束の返済義務や、踏み倒しを防ぐための方法を考えてみましょう。

スポンサードリンク

 


口約束で借金の契約は成立する?

口約束での借金は、「ちゃんと返すから3万円貸して欲しい」と言ったような、金利や支払い期限などを書面化せずに口頭での約束だけでお金を貸すことを言います。

そもそも親しい友達にはお金を貸すべきではないという考え方もありますが、信じているからこそお金を貸してしまうこともあると思います。

実際、口約束によるお金の貸し借りは日常的に存在しています。

金額が小さいものだと、小銭がなくて自動販売機で飲み物が買えないからお金を貸して欲しいとか、コインパーキングの数百円の清算で一万円札しかなかったときなどではないでしょうか。

口約束でのお金の貸し借りにおいて、貸した方は

「友達なんだから早めに返してもらえて当たり前」

一方、借りた方は

「友達なんだから返済は待ってもらえるはず」

と考え方にズレが生じやすくなります。

そのため、お金を貸した方は少しでも連絡が取れなくなると焦ってしまいますし、顔を合わせてもお金を返してもらえなかったら「お金借りたこと忘れてるのかな?」と疑心暗鬼になってしまいます。

逆にお金を借りた方は返したくてもどうしても都合がつかなくて返せないことを言い出しにくかったり、ホントにうっかり忘れている場合もあります。

悪質な場合になると、貸主を避けて借金を踏み倒そうとする人もいますよね。

お金を借りた方は、自販機やコインパーキングでの立て替えも借金になるの?持ちつ持たれつじゃないの?と思うかもしれませんが、お金を貸した方は金額はもちろん日時までしっかり覚えているものです。

お金を受け取った方は立て替えのつもりで「返す」と言っていなくても、他人からお金を出してもらった時点で貸した方は「お金を貸した」という認識になっていることもあります。

こういった背景を考えると、口約束レベルのお金の貸し借りは、親しい関係だからこそ発生しやすいと言えそうです。

スポンサードリンク

 

口約束の借金に時効はあるの?

相手が催促してこなくなれば借金を踏み倒せたと考えることもできそうですが、実は借金には明確な時効があるんです。

消費者金融などの企業からのお金を借りる場合は5年、家族や友人からの借金は10年が時効期間になります。

●借金の時効 返済期限がある場合は?
消費者金融からの借り入れには必ず返済期限がありますよね。
こういった返済期限が明確に設けられている場合は、企業からの借り入れでも個人間の借金でも、返済期限の翌日から5年~10年が時効期間となります。

●借金の時効 返済期限がない場合は?
口約束で返済期限を設けなかった場合は、お金を借りた日(契約日とみなされます)の翌日から時効期間が計算されます。

口約束の借金 時効が中断するケース

借金の踏み倒しは時効の成立と言い換えることができます。でも、時効を成立させるのは、現実的にはとても難しいんです。

お金を貸した方には時効成立を防ぐ方法もあるので、10年間逃げ切ったら必ずゴールを迎えられるわけではありません。

口約束での借金は、返済日を決めていたとしてもそれを証明する書類が残っていないですし、お金を借りた証拠すらないですよね。

でも、催促されたときに「ちゃんと返すから!」などと言って、借金があることを認めてしまうと、そこで時効がリセットされてしまいます。

また、「少しでもいいからとりあえず返して!」と言われ、1円でも返済を行うと再計算となり、最後に返済をした日の翌日から新たに5年~10年が時効期間となってしまいます。

口約束での借金の場合、これらのパターンで時効が延長になるケースが最も多いでしょう。

スポンサードリンク

 

現実的には借金を踏み倒されることも多い

お金を貸す方には残念な話ですが、口約束での借金にも時効があり、時効が成立したら踏み倒し成功と言えるのですが、実際はここまでいかなくても借金を踏み倒せてしまうと思います。

「次に会ったときにちゃんと返すから」と言ってお金を借りたのに、なんだかんだと理由をつけて会わないまま連絡先がわからなくなった友人とかいませんか?

貸した金額にもよると思いますが、「面倒だからもういいや・・・」と、貸した方が諦めてしまうケースも多いのではないでしょうか。

訴えるという方法もありますが、裁判費用を考えると現実的ではないですし、口約束だとお金を貸していることを立証することすら大変なことです。

しかしこういった場合、ほぼ100%踏み倒した人との縁も切れてしまうでしょう。

口約束の借金の踏み倒しは、可能か不可能かで言えば可能です。しかし失うものは大きいと言えますね。

口約束の借金を踏み倒すリスク

友達から借りたお金を踏み倒すということは、友達との縁も切ることになりますし、その周りの人からの評判も確実に落ちることになります。

友達をなくす

良い噂よりも悪い噂の方が広まるのが早いものです。

本人同士の仲が悪くなるのは当然ですし、不誠実な対応をしていることが共通の知人・友人の耳に入ると、周囲から友達がいなくなるでしょう。

身内にも借金がバレる

友達からの借金だと、家を知られていることもありますよね。どうしてもお金を返してもらえないときに、友達を引き連れて実家に取り立てに行くというのはよくあるケースです。

家に行ったときに本人が不在なら、親・兄弟・配偶者などに事情を説明するでしょう。場合によっては身内が借金を立て替えをするかもしれません。家族に内緒で借金をしていたら、確実にバレてしまうことになります。

後味が悪い

催促を受けている最中は負い目がありますし、全ての信用をなくしたのではないかという不安もあるでしょう。

催促がなくなって借金を踏み倒せたとしても、貸主が友達でいてくれるはずもないですし、自分の中でモヤモヤがずーっと残るのではないでしょうか?

こういった後味の悪さが一生つきまとうのかもしれません。

スポンサードリンク

 

お金の貸し借り トラブルを防ぐためには?

そもそも期限を自ら設けずに「絶対返すから!」ばかりを繰り返す人にはお金を貸すべきではないです。

しかし、友達が本当に困っていて、なんとか力になりたいときにはどうすれば良いのでしょうか。

もし可能であれば、親しい人だからこそ関係を崩さないためにお金は貸せないと言うべきでしょう。お金の貸し借りは親友関係でも壊してしまう破壊力があります。これを本当に避けたいからお金を貸せないという理屈を分かってもらえると良いですね。

どうしても難しい場合は、しっかりとした借用書を書いてもらいましょう。

口約束だといざというときにお金を貸したことを証明することすらできずに泣き寝入りになってしまいます。

また、万が一裁判になったときには訴えた方がお金を貸している事実や金額などを立証しなければいけません。

「お金なんて借りてないけど?」と言わせないために、書面で契約を交わしておくことをおすすめします。

借用書の項目の例

借用書に厳密なフォーマットはありませんが、日付や貸付けの条件など、入れておきたい項目があります。

●「借用証書」などのタイトル
●お金を貸した日付
●金額
●貸主と借主の氏名
●返済期日
●当人同士の直筆の氏名と住所
●借用書を制作した日の日付

・返済方法
・利息をつける場合は、金額と金利(年利)
・遅延した場合のペナルティなど(遅延損害金の金利等)
など

●は必須項目
・は必要に応じて記載します。

手書きではなくパソコンなどで作成する場合は、氏名と住所をお互いに手書きで書いて、印鑑を押すようにします。

「甲」「乙」を使った本式の書き方もありますが、必要な内容の記載があれば、かしこまった表現を使う必要はありません。ただし、曖昧な表現は避けるようにします。

また、数字の改ざん防止のために、金額はアラビア数字ではなく大字を使います。

大字は、ご祝儀袋などに数字を書くときなどに使う文字です。ただの漢数字とも違いますのでご注意下さい。

「0、1、2、3、4、5、6、7、8、9、10」はそれぞれ「壱、弐、参、肆、伍、陸、漆、捌、玖、拾」となります。

「100、1000、10000」は「佰、仟(阡)、萬」です。

借用書は貸す人用・借りる人用の2通用意します。
必ず、お金を貸す前に作って下さいね。

スポンサードリンク

 

まとめ:口約束の借金 踏み倒すとリスクが大きい

そもそも、口約束のお金の貸し借りは、できれば避けた方が良いです。

いちばんの理由は、大きな被害を被る可能性がある借主のメリットが一切ないから。

お金を貸しても自分のためにもならないし、下手すると返済してもらえないうえに友達を失う可能性もあります。

困っている人を助けたいという優しい気持ちもわかりますが、自分が身銭をけずって直接お金をわたさなくても他の方法もあるのではないでしょうか。

それでもどうしてもお金を貸さないといけないときは踏み倒されても良いと覚悟を決めるか、きっちり返済してもらうために借用書を交わすようにします。

お金を借りる方からすると、口約束の借金を踏み倒すことは不可能ではないですが、リスクはかなり高いです。

1度失った友達と信用は、一生かかっても取り戻せないかもしれません。

口約束での借金は双方に大きな負担があります。

やはり安易なお金の貸し借りは最初から避けるのが無難でしょう。

スポンサードリンク

PAGETOP