金利0円のカードローンは本当に無利息でお金借りれるの?

30日間無利息などの金利0円をアピールする消費者金融のコマーシャルを見たことがある人も多いと思います。

お金を借りる人にとってはありがたい話ですが、お金を貸して利息を取ることを商売にしている消費者金融がなんのために無利息サービスを行うのか、ちょっと興味がわきませんか?

消費者金融の金利0円サービス、無利息サービスのカードローンについて徹底的に解説します!

スポンサードリンク

 


無利息サービスって本当に金利0円なの?

お金を借りても利息がつかないって不思議な感じがしますが、無利息サービス中は本当に金利が0円になり利息は発生しません。

20万円借りても100万円借りても、無利息期間中に完済すれば借りた金額だけを返済すれば良いのです。

そんなことをやっても消費者金融に得がないように感じますが、なんのために金利0円サービスを行っているのでしょうか。

まずは、各社の無利息サービスの内容を確認しましょう。

消費者金融の無利息(金利0円)サービス

無利息(金利0円)サービスを行っている消費者金融をピックアップしてみました。

アコムの金利0円サービス

アコムは「30日間無利息サービス」を行っています。
利用条件は
・アコムとはじめて契約をする人
・返済期日を35日ごとに設定すること

の2点です。

アコムの無利息期間は契約日の翌日から自動的にスタートします。

30日以内に完済すれば利息は一切かかりませんが、完済できなかった場合は無利息期間終了の翌日から利息がつき始めます。

プロミスの金利0円サービス

プロミスも「30日間無利息サービス」を行っています。
利用条件は
・プロミスをはじめて利用する人
・メールアドレスを登録すること
・web明細を利用すること

の3点です。

アコムよりも無利息サービス利用条件は多いですが、難しくはありませんね。

プロミスの金利0円サービスは、初めてお金を借りた日の翌日から適用されます。

すぐにお金を借りる予定はないけど契約だけしておきたい場合は、契約日の翌日から無利息期間が始まるサービスよりも、プロミスのような初回利用日の翌日から金利0円になるサービスの方が無利息期間を無駄なく活用できます。

アイフルの金利0円サービス

アイフルが無利息サービスを始めたのは平成28年2月28日なので、比較的新しいサービスになります。無利息期間は30日間で、契約の翌日から30日間が金利0円になります。

利用条件は、
・アイフルをはじめて利用する人
だけです。金利0円サービスの条件がもっとも緩いのはアイフルになります。

アイフルの無利息サービスも契約日の翌日から自動的に始まります。例えば初回借り入れが契約日の10日後の場合は、残りの20日間が無利息期間となります。

レイクALSAの金利0円サービス

レイクALSAは2種類の無利息サービスを提供しています。

1)借り入れ金のうち5万円までが180日間無利息

利用条件は、
・レイクALSAをはじめて利用すること
・借り入れ限度額が200万円以下であること
・借入金のうち5万円までが対象

です。

5万円以下の借り入れで良くて半年以内に完済できそうなら、まちがいなくこの金利0円サービスがいちばんお得ですよね。

2)30日間無利息サービス

利用条件は、
・レイクALSAをはじめて利用すること
だけです。

どちらの金利0円サービスも契約日の翌日から無利息期間が始まります。

借り入れ限度額が200万円を超える場合は5万円まで180日間無利息を選べず、30日間無利息サービスが適用されます。

5万円まで180日間無利息は、5万円を超える借り入れ分の利息は初日から発生します。あまりお得度が高くないように思いませんか?

でも、10万円借りた場合に3回(3か月)以上かけて返済する場合でも5万円まで180日間無利息サービスの方が利息を抑えることができるのです。

どっちの金利0円サービスを選べば利息を抑えることができるのかは、レイクALSAの公式サイトでシミュレーションすることができます。
ぜひ試してみて下さい。

ノーローンの金利0円サービス

ノーローンは「なんどでも1週間無利息」という独自の無利息サービスを行っています。

初回借り入れ日の翌日から7日間が無利息になり、完済した月の翌月にはまた1週間無利息期間が適用されるんです。

完済するたびに翌月から無利息期間が発生するので、なんどでも1週間無利息ということになります。

例えば、7月20日に3万円借りて、7月25日に完済したとします。

完済した翌月には再度1週間無利息期間が適用されるので、8月20日に再度3万円借りたとしても借り入れ日の翌日から7日間は金利が0円になります。

毎月の給料日前に足りない分をちょこっとお金を借りて、給料日がきたら確実に完済できる方はノーローンの金利0円サービスが合っていそうですね。

なぜ無利息サービスをやるの?金利0円のメリット

無利息サービスのメリットは、貸金業者側と利用者では大きく異なります。

金利0円!お金を借りる人のメリット

なんといっても利息を抑えられることがお金を借りる人にとってのメリットです。
30日間無利息だったら、いくら借りても30日以内に完済できれば金利0円ですし、完済できなくても返済総額を抑えることができます。

20万円を金利18%で30日間借りた場合の利息は2,958円になります。

給料日前だけお金を借りてサクッと返済できそうな場合は、もともと低金利の銀行カードローンでお金借りるよりも無利息サービスがある消費者金融で借りた方が利息を抑えることができます。

また、無利息期間中は金利が0円なので、返済した分はすべて元金の返済に充てられます。これもとても大きなメリットですよ。

金利は借り入れ残高に対して発生するものなので、頑張って無利息期間中にたくさん返済して借り入れ金額を少しでも減らしていれば、それだけ返済総額を抑えることができるということになります。

金利0円!消費者金融のメリット

消費者金融側の無利息サービスのメリットは、大きくわけて3つあります。

初めて利用してくれる人が増える

無利息期間があることから、その消費者金融を選ぶという人も多いので、広告代わりの無利息サービスと考えることができます。

また、お金を借りることがなんとなく不安だったけど、無利息期間に消費者金融の利用に慣れてしまって、それ以降も利用を続けているという人もいるので継続した売上にもつながります。

カードローンの契約には審査が必須なので、1度契約をしたら他社に乗り換えようとはなかなか思えないのではないでしょうか。

無利息サービスは、新規の顧客の囲い込みからリピーターに繋げるための戦略にもなるのです。

完済できない人から利息を取れる

お給料日前に必要な分だけをお金を借りて、お給料がでたら完済する!と強い意志を持って消費者金融を利用できる人もいますが、様々な事情で完済できない人もいます。

そういった完済できない人には、金利0円期間が終わったら通常通りの利息が発生することになるので消費者金融の儲けに繋がります。

リピーターになる人もいる

金利0円の期間に完済した人も、解約しない限りローンカード自体は手元に残っていることになるので、それ以降もキャッシングしようと思えばいつでもできる状態です。

こうやってリピーターになってしまった人から儲けが生まれるのも消費者金融側のメリットになります。

無利息(金利0円)サービスにデメリットはある?

双方にとって良いことが多いように思える無利息期間ですが、消費者金融・利用者側それぞれのデメリットがあります。

金利0円!消費者金融側のデメリット

消費者金融側のデメリットは、無利息期間中の利息が取れないことですね。

儲けが無い期間になりますし、金利0円の間に完済されて解約されてしまうと何のうまみもないことになります。

金利0円!お金を借りる側のデメリット

お金を借りる側のデメリットは、気を付けないと思わぬ事態になるという注意ポイントになります。

無利息期間中の返済を忘れるととんでもないことに

無利息期間中は返済を免除されている期間ではないので、返済日が来たら必ず約定返済額以上の金額を返さないといけません。

返済が1日でも遅れると、無利息サービスはその時点で終了してしまいます。

返済を何日も続けて忘れてしまうと、利息にプラスして延滞金に該当する遅延損害金が発生してしまいます。

遅延損害金の金利は借り入れの金利よりも高く設定されていることあるので、返済額が上がってしまうことになります。

ついつい借入金が増えてしまう

無利息期間中は借りた金額だけを返せば良いので気が大きくなりがちです。

また、ちょっとATMを操作するだけでお金が目の前にでてくることに慣れてしまうと無駄使いをしてしまうこともあり、気が付いたら借入金が当初の予定の何倍にもなっていたなんてこともあります。

無利息期間中に完済を目指すなら、本当に必要な分だけを借りるようにしましょう。

消費者金融のリピーターになってしまった

お金を借りることにすっかり抵抗がなくなってしまい、30日間無利息サービスが終了してもだらだらと利用を続けると、返済が大変になってしまうこともあります。

ノーローンの1週間無利息サービスを繰り返し使うような利用方法なら、消費者金融の上手な活用法と言えますが、利息が低いとはいえない消費者金融を長く使い続けるのはあまりおすすめではありません。

起算日に気を付けて

無利息(金利0円)サービスは、消費者金融によって適用スタートとなる日が違います。契約日の翌日からなのか、初回利用日の翌日からなのかを必ず確認してください。

★消費者金融の金利0サービス適用期間と利用条件のまとめ

金利 適用期間 条件など
アコム 3.0~18.0% 契約日の翌日から30日間 ・アコムをはじめて利用する
・返済日を35日ごとに設定する
アイフル 3.0~18.0% 契約日の翌日から30日間 ・アイフルをはじめて利用する
プロミス 4.5~17.8% 初回借入日の翌日から30日間 ・プロミスをはじめて利用する
・メールアドレスを登録する
・Web明細を利用する
レイクALSA 4.5~18.0% 契約日の翌日から30日間 ・レイクALSAをはじめて利用する
4.5~18.0% 借入金のうち5万円が契約日の翌日から180日間 ・レイクALSAをはじめて利用する
・審査の結果、利用限度額200万円以下の場合のみ利用可能
・借入金のうち5万円が対象
ノーローン 4.9~18.0% なんどでも借入日の翌日から7日間 ・完済した月の翌月から再度無利息期間が発生

 

スポンサードリンク

PAGETOP