アコムACマスターカードは審査が緩い噂は本当?

「アコムACマスターカードは審査が緩い」という噂は本当なのでしょうか?

アコムACマスターカードはMastercardブランドなので、日本国内はもちろん世界で使えるクレジットカードであることは間違いありません。

でも消費者金融のクレジットカードにちょっと不安がある・・・と感じる方もいらっしゃると思います。

本当にアコムACマスターカードの審査は緩いのか、メリット・デメリットなどを詳しく解説します!

スポンサードリンク

 


アコムACマスターカードとは?

アコムACマスターカードは、アコムが発行しているクレジット機能つきのローンカードです。

クレジットカードにキャッシング機能がついている商品はたくさんありますが、逆にクレジット機能がついたローンカードというのは大変めずらしく、アコムACマスターカードくらいしか存在していないのではないでしょうか。

★アコムACマスターカード 商品情報

利用限度額 10万円~300万円
カードローンとクレジット利用合計は800万円まで
手数料率
実質年利
10.0%~14.6%
支払い期日 35日ごとの支払・毎月支払(口座振替・口座振替以外)
返済方式 定率リボルビング方式

 

なぜアコムACマスターカードの審査が甘いと言われているの?

クレジットカードは、発行元によって審査に難易度があります。まずは、各クレジットカードの審査難易度を確認していきましょう。

最も審査が厳しいのはこのクレジットカード

審査が厳しいと言われているのは、銀行系クレジットカードとクレジットカード会社が発行している商品です。

銀行系クレジットカードは三井住友VISAカードやMUFGカードなどの銀行が発行しているクレジットカードになります。

クレジットカード会社は日本発祥のブランドならJCBです。日本国内であれば加盟店数が最も多いので国内では使いやすいとされています。

VISAもおなじみですね。世界シェアナンバーワンのクレジットカードなので、海外によく行く方はJCBよりもVISAの方が便利です。

MastercardはVISAと同等の国際ブランドです。

よく、アメリカ方面が強いのはVISA、ヨーロッパが強いのはMastercardと言われています。

まぁまぁ審査が厳しいのはこのクレジットカード

銀行系、クレジットカード会社発行カードの次に厳しいのは信販会社系のクレジットカードです。

オリコカード、ライフカード、セディナカードなどがあります。

日常生活の中ではあまり感じませんが、銀行系、クレジットカード会社系よりは少しステイタスが落ちるため審査はやや緩和されますが、人気は高いです。

周囲に信販系クレジットカードを持っている人も多いのではないでしょうか?

やや審査が優しいのはこのクレジットカード

家電量販店やショッピングセンターなどが発行しているカードは難易度が下がります。

イオンやビックカメラ、ヨドバシカメラなどに行くと、ポイントカードをクレジットカードに変えませんか?と声をかけられることがあると思いますが、あれらが該当します。

もちろん債務整理歴があると審査には通りませんが、比較的審査はやさしめです。

いちばん審査が柔軟なのはこのクレジットカード

数あるクレジットカードの中でももっとも審査が甘いと言われているのが消費者金融系クレジットカード、つまりアコムACマスターカードになります。

申込条件は通常のアコムのカードローン審査と同様で、20歳以上の安定した収入がある人となります。パート・アルバイトなどの雇用形態は問いませんし、社会人歴が短い若い方でも審査通過する確率は高いと言われています。

消費者金融が発行しているということなので、周りにバレたらビックリされるかもしれませんが、よほどじっくりローンカードを見られなければデザインからわかってしまうことはないと思います。

アコムACマスターカードのメリット・デメリット

アコムACマスターカードのメリット

まずはアコムACマスターカードのメリットを確認しましょう。

審査が緩い

アコムACマスターカードは、他のクレジットカードと比べると審査が緩いんです。

さきほども申し上げましたが、申し込み条件は
・20歳以上
・安定した収入があること

です。

過去5年~10年以内に債務整理をしているとブラックリスト入りしている状態なので、こういった金融事故を起こしていなければかなりの確率で審査通過すると思います。

他のクレジットカードだとこんなに簡単にはいきません。

銀行系クレジットカード会社や信販会社の審査にことごとく落ちてしまった場合は、諦める前にアコムACマスターカードに申し込んでみて下さい。

しっかりした国際ブランドのACマスターカード

アコムACマスターカードはMastercardブランドのクレジットカードです。
日本はもちろん世界規模で使えますし、Apple Payにも対応しています。

ACマスターカードはキャッシング機能が充実している

消費者金融が発行するカードといえばローンカードですよね。このローンカードにショッピング機能がついているのがアコムACマスターカードなのですが、こういうカードはアコムACマスターカードしかありまえん。

プロミスアイフルもクレジットカードサービスは行っていないので、アコム独自のサービスとなります。

ACマスターカードなら海外キャッシングも可能

消費者金融からの借り入れは、海外では行うことができません。
アコムも通常のローンカードは海外で使用することはできないのですが、アコムACマスターカードならクレジット機能を使った海外キャッシングが可能です。

海外キャッシングは、ATMで現地通貨をキャッシングできるので両替の必要もありませんし、為替レートによっては両替手数料を払うよりも利息を払う方がお得なことがあります。

ACマスターカードは最短即日発行!

カード送付が早い三井住友カードでも最短3営業日で発送、MUFGカードは3~4週間かかりますが、アコムACマスターカードは自動契約機(むじんくん)でカードを発行すれば本当に最短で即日発行が可能です。

急な出張や帰省でクレジットカードを大至急作りたい!というときなどに、とてつもなく便利だと思います。

なお、アコムACマスターカードを即日発行できる自動契約機は、アコム公式サイトで確認できます。

全店で即日発行可能なわけではないので足を運ぶ前に確認してくださいね。

ACマスターカードの申込はネットでできる

アコムACマスターカードは、通常のアコムと同じように公式サイトから申し込みができるので、PC・スマホ・携帯からサクッと手続きができます。

ネットで申し込みをして、審査通過したら自動契約機(むじんくん)でカードを発行するのが最も早くアコムACマスターカードを手に入れる方法になります。

ACマスターカードは年会費無料!

使っても使わなくてもACマスターカードの年会費はずーっと無料です。

当然ですが消費者金融の金利はお金を借りることがなければ発生しないので、持っていて損することがありません。

見た目で消費者金融のクレカだとバレにくい

アコムACマスターカードの表面にはやや目立つ感じでMastercardと記載があり、右下にはMastercardのロゴもあります。

アルファベットで印字される氏名の上に「AC」という文字は入りますが、アコムとは書かれていないので、見た目ではわかりにくいですよ。

アコムACマスターカードのデメリット

やはり発行元が消費者金融ということで、他社発行のクレカと比べるとちょっと不利になる面もあります。

基本はリボ払い

一般的なクレジットカードはお買い物をするときに支払い回数を指定することができますが、アコムACマスターカードは基本リボ払いになります。

お店でカードを使うときに「1回払いで」と伝えても実際の支払いはリボ払いになるんです。

これを回避するには、毎月20日までに使用した金額を翌月の6日までに支払うという方法があります。

アコムACマスターカードの締め日は毎月20日になります。使用金額を翌月の6日までに支払えば手数料は発生しないので、この期間を活用して払いきってしまうと実質一回払いとなるんです。

ただし、毎回の振込の手間もあるので、毎月繰り上げ返済を行うのはかなり面倒だと思います。

また、この裏技を使ってもボーナス一括払いは不可となります。ボーナスがでたら自分で振り込むという方法なら可能ですが、ACマスターカードを使うときにボーナス一括払いの選択はできません。

それから2回払い、3回払いなどの分割払いもできません。

アコムACマスターカードの返済は、リボ払いor自分で振り込む一括払いのどちらかになると覚えておいてください。

クレジット機能の付帯サービスがない

通常のクレジットカードにはショッピング保険や旅行保険が無料でついている場合が多いのですが、アコムACマスターカードにはそういった付帯サービスが一切ありません。

また、航空系クレジットカードならマイルが貯まるなど、貯めたポイントをお得に使えるポイントサービスもクレジットカードを利用する楽しみのひとつですが、アコムACマスターカードにはこういったポイントサービスもありません。

ACマスターカードは金利が高い

アコムACマスターカードのショッピング利用分の金利は10.0%~14.6%となります。金利に幅がある場合は大抵高い方が適用されるので、14.6%になる可能性が高いです。

14.6%という数字は、リボ払いの金利としては一般的なクレジットカードと変わりません。

しかし、通常のクレジットカードは1回~2回払い程度なら利息がつかないことも多いので、毎回14.6%の金利が発生するのはやはり高いと思います。

アコムACマスターカードを持つべき人

アコムACマスターカードは、消費者金融発行ならではの良いところもありますが、金利が高い、リボ払いではなく一括払い・分割払いを活用したい方にとっては不便、付帯サービスに期待できないというデメリットもあります。

こういったデメリットを考えると、一般的なクレジットカードよりも使い勝手は悪いでしょう。

それでも、アコムACマスターカードを持つべきなのでしょうか?

アコムACマスターカードの最大のメリットは、これまでに何度もでてきた審査が緩いというところです。

ですので、クレジットカードを持ちたいけど、他社では作れなかったという方にとっては救世主のようなクレカであることは間違いありません。

また、即日発行が可能というところも急いでいる方にとってはとてもありがたいですよね。

一般的なクレジットカードの審査では、これまでの信用取引の履歴(クレヒス)が重要視されます。
クレヒスは一切履歴がない真っ白な状態よりも、毎月適度に使用してしっかり返済しているような利用履歴をきちんと積んでいる状態の方が好ましいとされています。

クレヒスが真っ白の状態とは、
・現金主義で分割払いやクレジットカードを一切利用していない
・ブラック状態でクレジットカードや各種ローンを利用できない

などのパターンが考えられます。

この2パターンは同じ真っ白状態でも内容が異なりますよね。しかしいずれの場合も、クレジットカードの審査においてクレヒスが真っ白というのは不利になるのです。

この真っ白状態を解消するために、アコムACマスターカードのような審査が緩いクレカを作って毎月きちんと返済して返済履歴を積むという方法があります。

言い方は悪いですが、他社のクレジットカード審査に通過する確率を上げるためにアコムACマスターカードで下地を積むことができるんです。

ですので、こういった使い方をするためのクレジットカードを探している方にとってはアコムACマスターカードはありがたい商品ということになりますね。

ただし、いくらアコムACマスターカードが他社よりも審査が緩いとはいっても、アコムで金融事故を起こしたことがある人は審査に通らないでしょう。

ブラック状態が解消していたとしてもアコムの自社リストには履歴が残っているはずなので、5年~10年経っていたとしてもかなり厳しいと思われます。

スポンサードリンク

PAGETOP