専業主婦が内緒でお金借りる!おすすめカードローンは?

パートでもアルバイトでも、本人に収入がないとカードローンでお金を借りることはできないのでは?と、思っている専業主婦の方も多いかもしれませんが、そんなことはないんですよ。

ご自身にまったく収入がない専業主婦でも安全にお金を借りれるカードローンもあるんです。

専業主婦に融資可能なカードローンと、旦那さんに内緒でお金を借りるためのポイントを紹介します!

スポンサードリンク

 


専業主婦でも申し込み可能なカードローンは2種類ある

本人に収入がない専業主婦さんでもお金借りることが可能なカードローンは2種類あります。

ひとつは専業主婦でも利用可能としている銀行カードローンに申し込むこと、もうひとつは配偶者貸付に対応している消費者金融を利用することです。

おすすめは断然銀行カードローンです。その理由と、専業主婦の2つの借入方法の違いを解説します。

消費者金融の配偶者貸付けでお金を借りる

消費者金融は貸金業法の総量規制によって年収の3分の1を超える貸付は行ってはならないことになっています。そのため、本来年収がない専業主婦の方は消費者金融でお金を借りることができません。

ただ総量規制にはいくつかの例外があり、そのひとつが「配偶者貸付け」なんです。

配偶者貸付けを採用している消費者金融であれば、「配偶者と併せた年収の3分の1まで」を借りることが可能となります。

例)妻の年収が0円、夫の年収が300万円で配偶者貸付けを利用した場合
妻の借入限度額は100万円まで可

配偶者貸付けに必要な書類

配偶者貸付けを利用するために必要な書類はこちら。

・配偶者の同意書
・配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票又は戸籍抄本。事実上の婚姻関係の場合、住民票(続柄に「夫(未届)」、「妻(未届)」など、未・届の配偶者である旨の記載があるもの))
・配偶者の年収を証明する書類(必要な場合のみ)

配偶者の同意書が必要なので、旦那さんにバレないようにお金を借りることはできません。

また、希望額が50万円を超える場合と、他社との借り入れの合計と希望額を合わせた金額が100万円を超える場合は、配偶者の収入証明書が必要になります。

配偶者貸付けでお金を借りれる消費者金融一覧

配偶者貸付けはどの消費者金融でも利用できるわけではありません。アコム、プロミス、アイフル、SMBCモビットなどの大手は、どこも採用していないので、専業主婦の方はこれらの消費者金融を利用できないことになります。

大手消費者金融が配偶者貸付けを行っていない理由は、
・本人に貸付けを行うよりも手間がかかる
・必要書類が多く作業が煩雑になる
・本人に貸付けを行うよりもトラブルになりやすい
・貸付けできる金額が低くなりやすいため儲けになりにくい

など。

消費者金融にとって配偶者貸付けは、面倒なのに儲けになりにくい案件なので積極的ではないんです。

★配偶者貸付けを行っている消費者金融

消費者金融名 金利 限度額 利用条件
ベルーナノーティス 8.0~18.0% 100万円 20歳以上の女性
本人またはご主人に安定した収入があること
レディースフタバ 14.959~17.950% 50万円 20歳以上の女性
本人またはご主人に安定した収入がある
収入がご主人の場合は同意を得ること
主婦(専業主婦)・女性のためのキャッシング エレガンス 10.0%~20.0% 50万円 未婚で未成年の方と債務整理、破産した方は利用不可

 
配偶者貸付けは本人に収入がない専業主婦の方が消費者金融でお金を借りる合法的な方法ではありますが、旦那さんに内緒でお金を借りることができませんし、書類の準備もかなり面倒です。これが配偶者貸付けをおすすめできない理由です。

スポンサードリンク

 

専業主婦がお金を借りるのにオススメ!銀行カードローン

配偶者貸付けのように面倒な書類も不要、旦那さんの同意書も不要でお金を借りることができるのが銀行カードローンです。

銀行カードローンって消費者金融よりも審査が厳しいのでは?と思うかもしれませんが、銀行は貸金業法ではなく銀行法に基づいているので、そもそも総量規制にひっかからないんです。

そのため専業主婦本人が旦那さんの同意不要で利用できる銀行カードローンも存在しています。

★専業主婦も申し込み可能な銀行カードローン

商品名 金利 限度額 年齢・条件等
イオン銀行カードローン 3.8~13.8% 専業主婦は50万円 満20歳以上、満65歳未満
楽天銀行スーパーローン 1.9~14.6% 1,000万円 満20歳~69歳
神奈川県、東京都、群馬県前橋市、高崎市、桐生市に居住または勤めている人
横浜銀行カードローン 1.9~14.6% 専業主婦は50万円 20歳~62歳
スルガ銀行カードローン リザーブドプラン 3.9~14.9% 800万円 20歳以上70歳以下
常陽銀行カードローン キャッシュピット 2.5~14.8% 800万円 20歳~75歳
茨城県、福島県、栃木県に居住または勤務している方
愛媛銀行 ひめぎんクイックカードローン 4.4~14.6% 800万円 20歳~65歳
web契約をすると30日間無利息サービスあり

 
ネットバンクなら全国から借り入れの申込ができますが、地方銀行は申し込み範囲が限られている場合があるので事前に確認が必要です。

3大メガバンクは専業主婦への貸付を行っていない

3大メガバンクが提供する銀行カードローンが

・三菱UFJカードローン バンクイック
・三井住友銀行カードローン
・みずほ銀行カードローン

です。

これらの銀行カードローンを専業主婦が利用できるのかを直接電話で問い合わせてみました!

★三菱UFJカードローン バンクイックの回答
申し訳ございません。ご本人様に収入のあるお客様に限らせていただいております。
★三井住友銀行カードローンの回答
担当者:お申込みは可能ですが、原則ご本人様に収入がある方にご利用いただいております。パート、アルバイトなどの収入は何かございませんか?

私:つまり専業主婦でも申込自体は可能だけど、審査通過はできないということでしょうか?

担当者:左様でございます。大変申し訳ございません。

★みずほ銀行カードローンの回答
ご本人様に安定した収入がないとご融資はできかねます。大変申し訳ございません。

見事に3行とも断られてしまいました・・・。

本人に収入がない専業主婦の場合、銀行カードローンでも利用できるところがかなり制限されると考えておいた方が良さそうです。

ちなみに3行とも、「大変申し訳ございません」ととても丁寧におっしゃっていました。

スポンサードリンク

 

専業主婦の方がカードローン利用を旦那に内緒にしておく為に

本来ならちゃんと旦那さんに相談すべきですが、様々な理由でとりあえず秘密でお金を借りておきたいケースもありますよね。

本人に収入がない専業主婦の方が旦那さんに内緒でカードローンをでお金を借りたいときに気を付けるべきことをご紹介します。

消費者金融の配偶者貸付けは避けて

専業主婦の方が消費者金融からお金を借りるには、配偶者貸付けを利用することになります。

配偶者貸付けはそもそも旦那さんの同意書が必要なので、内緒で借りることはできません。

もし同意書を勝手に作成するようなねつ造を行ってしまうと、虚偽の申し込みをしたことになり審査には通りません。

もし審査に通過しても後からバレてしまうと、全額一括返済を要求されることもありますし、あまりにも悪質だと判断されると裁判に持ち込まれることもあります。

旦那さんの会社に在籍確認がある可能性も

銀行カードローンが専業主婦にお金を貸すということは、旦那さんの信用を元にしているということになります。専業主婦で生活ができているということが、ひとつの信用になっているんです。

ですので、銀行によっては旦那さんの会社に電話で在籍確認を実施することもあります。

絶対に旦那さんの会社に電話在籍確認をしてほしくないなら、「横浜銀行カードローン」をおすすめします。

横浜銀行カードローンは、そもそも旦那さんの勤務先や電話番号の申告不要で申し込みができます。

ただし、横浜銀行カードローンは神奈川県、東京都、群馬県前橋市、高崎市、桐生市に居住または勤めている人しか申し込みができません。

そこで全国の方におすすめなのが、「スルガ銀行カードローン リザーブドプラン」です。全国どこからでも申し込み可能です。

在籍確認については旦那さんの勤務先名の記入は必要ですが、カード名義人は専業主婦本人になるので、旦那さんの勤務先に電話が入ることはありません。

限度額が50万円に限られますが、「楽天銀行スーパーローン」も専業主婦の申し込みの在籍確認を行いません。

郵送物にも気を付けて

最近の銀行カードローンはネットで申し込みができるので、わざわざ銀行に足を運ぶ必要がありません。

大変ありがたいことなのですが、注意が必要なのがローンカードや契約書類の郵送です。

ローンカードは銀行名が記載された封筒で送られてくるので、封筒を見ただけではローンカードが入っているとはわからないのですが、開封されたらバレてしまいます。

また、事前に手続きをしておかないと利用明細が毎月郵送されてくることもあります。

現在はかなり多くのカードローンがweb明細に対応しているので、自宅に明細書が届かないように手続きをしておきましょう。

それから、返済の延滞も避けましょう。

延滞すると、まずは携帯電話あてに連絡がくるのですが、連絡を無視して放置しておくと、催促状が自宅宛てに届くことになります。

この返済に関する郵便物はお断りすることができないものなので、絶対に避ける唯一の方法が、延滞をしないこととなります。

万が一返済が遅れそうなときには、返済予定日がくる前にこちらから電話をして相談をしてみて下さい。連絡を無視したり放置しておくのがいちばんやってはいけないことです。

専業主婦のカードローンは保証人が必要?

消費者金融の配偶者貸付けを利用しても、銀行カードローンを利用しても、カードローンに保証人や担保は不要です。

あくまでも借主は専業主婦本人になるので、万が一返済ができなくなったとしても、旦那さんに請求がいくこともありません。

しかし、返済ができなくなったら内緒にしておくことはできないでしょうし、経済的にも精神的にも迷惑をかけてしまうことは避けられないと思います。

少額でも収入があればなお良い

大抵のカードローン会社が働く女性を歓迎しているので、扶養の範囲でもパート、アルバイトの収入があれば、かなり多くのカードローンが利用可能となります。

収入が生まれたらカードローンを利用しないで済むかもしれませんし、カードローンの前に収入を得ることを考えてみるのも良い方法だと思います。

まとめ:専業主婦は銀行カードローンでお金を借りよう

消費者金融の配偶者貸付けは総量規制の例外措置ではあるのですが、対応している消費者金融が少なく書類が煩雑というデメリットが大きいです。旦那さんに内緒にすることもできません。

一方、銀行カードローンは、そもそも消費者金融よりも金利が低いので、条件としては有利になります。

専業主婦の申し込みだと限度額が大幅に低くなることもあるのですが、それは逆に考えると返済に無理のない範囲でお金を借りることができるということになります。

気になった銀行カードローンがあったら、ぜひ検討してみて下さい。

スポンサードリンク

PAGETOP