カードローンと不動産担保ローンの比較 借りるならどっち?

カードローンも不動産担保ローンも、資金使途の範囲がとても広いローンです。

では、どちらが審査が厳しくて、リスクが大きいのでしょうか?

カードローンと不動産担保ローンの違いや審査について比較します。

スポンサードリンク

 


カードローンと不動産担保ローンの違い

まずはカードローンと不動産担保ローンの違いを確認しましょう。

カードローンとは?

カードローンをひとことで言うと、「無担保・保証人不要の個人向け融資」になります。

消費者金融カードローン、銀行カードローン、信販会社系カードローンの3種類が主なのですが、どのカードローンも保証人も担保も要りません。

ローンには自動車ローン、住宅ローンのように使用目的が定められているものもありますが、カードローンの資金使途は原則自由です。

一部、事業資金としてお金を借りることを禁止している商品もありますが、それ以外だと買い物に使っても良いですし、旅行資金にしてもかまいません。極端な場合だとギャンブルにお金を使っても違反ではないんです。

また、目的別ローンとの違いに、限度額に達するまで何度でも借り入れ・返済ができるという特徴もあります。

目的別ローンは必要な金額をまとめて借りて、毎月返済していく形になり、カ新たな融資を受けたい場合は再度審査を受けることになります。

一方カードローンは限度額までならいくら借りても良く、返済中に追加融資を受けることもできます。この場合は再審査も不要です。

カードローンの限度額は審査によって決められます。

消費者金融と信販会社系カードローンは総量規制の対象となるので、年収の3分の1以上のお金を借りることはできません。

年収300万円の人なら、最高100万円ということですね。

銀行カードローンは総量規制対象外ですが自主規制を強化していて、年収の3分の1を目安としているカードローンが増えています。

総量規制は「年収の3分の1以上を貸してはいけない」という貸金業者に課せられた規則となるので、個人が借りられる限度額を保証しているものではありません。

そのため、総量規制的には100万円まで借りられるはずだけど、審査の結果、10万円しか借りられなかったというパターンもあります。

スポンサードリンク

 

不動産担保ローンとは?

不動産担保ローンは、家や土地などを担保にお金を借りることができるローンです。

個人の信用に不動産がプラスされるので、カードローンと比べると低金利で大口の融資も可能となります。

担保とする不動産は、自分本人名義のものでなくても構いません。たとえば、親が所有している土地を担保に息子が不動産担保ローンを利用することも可能です。

不動産を担保にすることで、かなりまとまった金額を借りることが可能となるのが不動産担保ローンの大きなメリットですが、そもそも不動産がないことにはお金を借りることはできませんし、万が一返済が滞ると、不動産を失う可能性もあるというデメリットもあります。

そのため、お金を借りる様々な方法の中でも「最後の手段」とも言われています。

スポンサードリンク

 

カードローンのメリット・デメリット

カードローンのメリットとデメリットをご紹介します。

カードローンのメリット

即日融資も可能

消費者金融は審査が迅速なので、申し込みをしたその日に借り入れをすることも可能です。銀行カードローンはもう少し時間がかかるので、融資を急いでいる場合は消費者金融がおすすめです。

借りやすく返しやすい

大手消費者金融や銀行カードローンならコンビニATMからでも借り入れ可能ですし、自分が利用している口座に振り込んでもらうことも可能です。

返済もコンビニATMからでもできますし、口座引き落としにしておけば手間もかからず返済をうっかり忘れることもありません。

使いみち自由で何度も借りられる

カードローンは資金使途に制限がありません。

限度額が100万円の場合、20万円を旅行に使って、10万円を買い物に使って、残りの70万円は利用しない、といった使い方も可能です。

限度額内であれば再審査不要で何度でも借りられるので、お給料日前にちょっとだけ借りて給料日がきたら返済して、翌月に再度利用するといった使い方も可能です。

カードローンのデメリット

返済が長期間にわたることもある

カードローンの返済は元金と利息を合わせた最少返済額さえ滞りなく返していれば大丈夫なのですが、最少返済額のみの返済だと、完済までかなりの期間がかかることになります。

たとえば、アコムで10万円を借りた場合、毎月の最少返済額は3,000円になります。

3,000円なら毎月の返済負担は少ないと言えますが、完済までにかかる期間はなんと5年で、返済総額は150,105円になってしまいます。

がんばって11,000円ずつ返済していけば完済までの期間は約10か月で、返済総額は109,710円です。

当たり前のことですが、たくさん返した方が返済期間も短くなりますし、利息も少なくなります。

ついだらだらとお金を借りれしまいがち

カードローンは限度額内であれば何度でも借り入れが可能なので、完済していないのに追加融資を受けてしまったり、せっかく完済してもまたお金を借りてしまう人もいます。

計画的にお金を借りるなら良いのですが、ちょっと欲しいものがあるからといって気軽に利用しすぎると、返済が大変なことになってしまう場合もあります。

スポンサードリンク

 

不動産担保ローンのメリット・デメリット

不動産担保ローンにもメリットとデメリットがあります。

不動産担保ローンのメリット

低金利で限度額が高い

不動産という担保があるので、金利はかなり低いです。消費者金融の金利は18.0%、銀行カードローンは14.5%程度が目安になるのですが銀行不動産担保ローンは3.0%程度でお金を借りられます。

また、不動産担保ローンは限度額も高めです。

消費者金融もアコムアイフルSMBCモビットが800万円などかなり高い限度額を提示していますが、総量規制があるので実際に借りられる金額は最高で年収の3分の1になります。

不動産担保ローンの場合は、不動産の価値の7割程度が限度額の目安となります。3000万円の価値がある不動産を担保にすれば2,100万円程度の融資を受けられることになります。決して無理な話ではありません。

ちなみに不動産担保ローンも基本的に資金使途は自由です。

返済期間を長く設定できる

カードローンは金利が高いため長期間の利用にはあまり向いていません。
本当に必要な金額だけを借りて、できるだけ早く返済するのがカードローンの賢い利用方法となります。

不動産担保ローンはそもそも借入額が大きいため、最長25年など長期的かつ計画的な利用が可能です。

不動産担保ローンのデメリット

返済できなかった場合のリスクが大きい

不動産担保ローン最大のデメリットは、返済が滞ると不動産を失うことです。

不動産担保ローンは不動産を担保にまとまったお金を借りる融資方法なので、返済が滞ると当然担保を取られてしまうことになるのです。

最悪の場合、住む場所を失ってしまうということは絶対に覚えておきたいリスクです。

カードローンにはない費用がかかる

カードローンには事務手数料もないですし、利用を開始するためにかかる費用は基本的にありません。実際にかかる費用はATMの利用手数料くらいです。

不動産担保ローンは、場合によっては数十万円の手数料がかかることがあります。内訳は、事務手数料、不動産の鑑定にかかる費用、印紙代、登記費用などなど。

融資までに時間がかかる

カードローンは審査にかかる時間が最短30分なので、早い人なら申し込みから1時間くらいで借り入れができることもあるくらいスピーディです。

不動産担保ローンは、まず不動産の審査に時間がかかりますし、審査結果を確認する時間もかかるので、即日融資向けのローンではありません。

スポンサードリンク

 

カードローンと不動産担保ローンの審査

不動産を担保にする不動産担保ローンと、担保がないカードローンでは、審査の内容も変わってきます。

カードローンの審査は信用重視

カードローンの審査は、年収、年齢、職業、住居などの「属性」と、クレジットカードや各種分割払いの利用・支払い状況、カードローンの借り入れや返済が滞っていないか等の「信用情報」を詳細に見ます。

カードローンの最も大きな利用条件は「安定した収入と返済能力があること」になるので、総合的に返済能力を審査されることになります。

特に重要なのが他社からの借金やクレジットカードなどの利用状況の履歴である信用情報になります。

信用情報は信用情報機関が保有していて、カードローン業者は信用情報機関に照会をかけることで個人の金融情報を審査します。

なので、本当は他社から借り入れがあるのに隠したりしても必ずバレることになります。

不動産担保ローンの審査は担保重視

不動産担保ローンの場合も属性と信用情報の審査はあるのですが、最も重要視されるのは不動産の価値です。

ただし、実際に返済に充てるお金は不動産とは無関係である借主の給料になる場合がほとんどなので、信用力がまったく不要なわけではありません。

不動産担保ローンは銀行またはノンバンクの選択になるのですが、一般的には銀行の方が審査が厳しく、ノンバンクの方が緩いとされています。

実際、金利が低いのも銀行不動産担保ローンなので、審査に違いがあってもおかしくはありません。

審査では、どちらも不動産評価額を算出して、その価値が高いほど限度額も高くなるという仕組みなので、土地を持っていても買い手がつかないような山奥だったり、担保としての価値がないと審査落ちしてしまうこともあります。

スポンサードリンク

 

カードローンと不動産担保ローン リスクが大きいのはどっち?

カードローンも不動産担保ローンも、最大のリスクは返済ができなくなった場合と言えます。

まずどちらも、金融事故をおこしてしまうと信用情報に傷がつくことになり、その後のカードローンやクレジットカード利用が一定期間できなくなるというリスクがあります。

不動産担保ローンの場合は、返済が滞ると担保となっている土地や住宅を失うことになります。住んでいる家を担保にしている場合は、その家がなくなることになるので、リスクとしては相当なものですよね。

カードローンの返済が滞ると、まずは遅延損害金という延滞金がつくことになります。催促の電話を無視していると毎日かかってきますし、家にハガキも届くことになります。

それでもどうしても返済ができない場合は、他からお金を借りて返済に充てる、債務整理を行うなどの方法が考えられます。

ただしカードローンは保証人がいないので、返済ができなくなって債務整理を行ったとしても、家族などに請求がいくことはありません。

カードローンの借入額と比べると不動産担保ローンの方が金額が大きいですし、担保にしている不動産は確実に失うことになるので、家族に迷惑がかかることもあります。

金融機関は返済が遅れると容赦なく不動産の売却を進めるので、返済は絶対に滞らないようにするのが不動産担保ローンの鉄則です。

総合的に見ると、リスクが大きいのは不動産担保ローンと言えます。

スポンサードリンク

PAGETOP