信販会社カードローンとクレカのキャッシング枠 どっちで借りる?

信販会社系カードローンは、その名のとおり信販会社が行っているカードローンです。

でも、クレジットカードのキャッシング枠との違いがわかりにくいですし、お金を貸すことに特化している消費者金融よりもお得な面はあるのでしょうか?

信販会社のカードローン、クレジットカードのキャッシング枠のどちらでお金を借りる方がお得なのかを調査してみましたので、ぜひ比較してみて下さい。

スポンサードリンク

 


信販会社とは?

信販会社の「信販」は信用販売の略で、信販会社は商品の売買において割賦販売(分割払い)の立て替え払いと、代金の徴収を行っています。

割賦販売法第31条が定める「登録包括信用購入あつせん業者」でないと信販会社としての営業を行ってはならないとされています。

★大手信販会社
株式会社オリエントコーポレーション
株式会社セディナ
トヨタファイナンシャルサービス株式会社
株式会社ジャックス
イオンフィナンシャルサービス株式会社
など

エステの支払いや自動車ローンなど、クレジットカードがなくても分割払いができるショッピングローンを利用したことがある方も多いと思いますが、あのショッピングローン事業を行っているのが信販会社になります。

信販会社が発行しているクレジットカードもある

近年では分割払いで買い物する方法といえばクレジットカードですが、信販会社が発行しているクレジットカードもあります。

むしろ信販会社は、日本でクレジットカードが広まる前から割賦販売を行っていたので、信販業務に関してはクレジットカード会社よりも歴史があります。

クレジットカードの信用販売システムの仕組み

クレジットカード会社に加盟しているお店でカードを利用すると、加盟店からカード会社にデータの照会がかかり、代金はカード会社から支払われます。

わたしたちが払う商品代金はサービスを受けたお店ではなく、カード会社に支払われます。

<参考>:クレジットカードの基礎知識 -日本クレジットカード協会-

カード会社は手数料や金利で利益を出しているのですが、日本ではクレジットカード利用そのものの手数料は加盟店が負担することになっています。

もし利用者に負担を要求するようなことがあれば加盟店契約違反になります。

スポンサードリンク

 

クレジットカードのキャッシング枠

割賦販売は商品代金やサービスに利用するもので、お金を借りる機能はありませんが、クレジットカードがあればお金を借りられる可能性もあります。

私たちがクレジットカードを使って買い物をすると、その利用額は「ショッピング枠」から払うことになります。クレカにはこのショッピング枠とは別に「キャッシング枠」というものが付随しています。

キャッシング枠はその名のとおり現金を借りることができる枠です。

既に契約済みのお手持ちのクレジットカードにキャッシング枠があれば、今すぐでにもATMから現金を引き出すことも可能です。

信販会社のカードローン

割賦販売を得意とする信販会社ですが、一部の信販会社はカードローンサービスも行っています。

消費者金融、銀行カードローン比べると印象が薄いかもしれませんが、三菱UFJニコス、オリコカード、クレディセゾンという名称に聞き覚えがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

オリコカードローン CREST(クレスト)

限度額:500万円
金利(実質年率):4.5%~18.0%

審査にかかる時間は最短で25分。ネット申し込みが可能で来店は不要です。

年会費も無料で、毎月の利用明細の郵送を止めることもできるのでカードローンを利用していることが郵便物でバレにくくなっています。

オリコカードローンには「CREST」の他にも「CREST JEWEL」、「CREST for Biz」があるのですが、この3種類のいずれかに申し込みをして同時に借り入れも行うと、金利が最大2.0%優遇されるキャンペーンを行っています。

18.0%が16.0%になるだけでも、長い目で見るとかなりお得ですよ。

三井住友カード ゴールドローン

限度額:700万円
金利(実質年率):3.5%~9.8%

即時融資も可能な信販会社系カードローンです。

金利も最大9.8%なので、銀行カードローンにも負けないくらい低金利なのですが、なんと返済実績に応じた金利の引き下げサービスもついているので、長期間の利用を考えている方にもオススメです。

三井住友カード ゴールドローンには、ローンカードが発行されない「三井住友カード ゴールドローンカードレス」もあります。

カードレスの方は限度額が700万円、上限金利が9.2%なので、カードありよりも低くなっています。

限度額、金利ともに満足度が高い信販会社系カードローンです。

オリックスクレジット VIPローンカード

限度額:800万円
金利(実質年率):1.7~16.8%

申込から審査回答まで最短60分。大手消費者金融と比べるとやや長く感じますが、来店不要なので審査結果は自宅でのんびり待つことも可能です。

平日14時30分までに契約書の同意手続きが完了すれば即日融資も可能です。

利用できるCD、ATMはなんと日本全国の約99%を網羅しているので、借り入れも返済もやりやすいですよ。

オリックスクレジット VIPローンカードには一般的なカードローンにはない優待サービスが付属しています。

・リゾートホテル、ビジネスホテル、シティホテルの宿泊料が優待価格に
・ゴルフ場プレー料金が優待価格に
・レンタカー基本料金が優待価格に
・その他オリックスグループ施設が優待価格に

カードローンなのにこれらの優待サービスが利用できるのは、大手信販会社ならではですね。

クレディセゾン マネーカードゴールド

限度額:300万円/200万円
金利(実質年率):6.47%/8.47%

クレディセゾン マネーカードゴールドは、限度額が300万円の場合は金利が6.47%、200万円の場合は8.47%と固定になっています。

金利が低い代わりに申し込み条件は厳しめで、年齢は27歳~59歳まで、年収も600万円以上と指定があります。

該当しない場合は、「クレディセゾン マネーカード」も選べます。
こちらは、金利が15%、限度額は100万円となりますが、年収の指定はありません。

クレディセゾン マネーカード・ゴールドカードには、配偶者が利用できる「パートナーカード」をつけることもできます。

パートナーカードは年会費無料で、本会員とまったく同じサービスを受けることができるサービスです。クレジットカードの家族カードみたいですね。

パートナーカードなら専業主婦・主夫の方でも持つことができます。

セディナカードローン

限度額:200万円(新規申し込み時は50万円まで)
金利(実質年率):上限18%

年会費はもちろん無料、パートアルバイトの方も申し込み可能な信販会社系カードローンです。

新規申し込みの方は、入会日から30日以内に利用すれば7日間無利息で借り入れできます。

7日以内に返済をすれば金利0円なので、お給料日前に借りてお給料で返済できれば元金だけ返済すれば良いことになりお得!

最短で即日融資も可能で、12時までに審査が完了すればその日のうちにローンカード発送手続きをとってもらえます。

限度額や金利面で有利とはいえない信販会社系カードローンなのですが、逆に考えるととても気軽に無理なく利用できるカードローンとも言えます。
キティちゃん柄のローンカードを選べるのでキティラーさんにおすすめ!

三菱UFJニコス ローンカード

限度額:500万円
金利(実質年率):6.0%~17.6%

限度額は500万円なので十分かと思いますが、金利は低いとは言えません。
ローンカードの発行までにかかる時間は約10日間なので、スピードにも欠けます。

また、ネットで申し込みをしても本人確認書類などがオンライン提出できないので郵送する必要があります。

振込融資にも対応していますが、平日の13時までに振り込み依頼をしないと即日融資を行ってもらえません。

ゆうちょ銀行に振り込み希望で、振込依頼を行ったのが平日13時以降または休日だった場合は、3営業日後の入金となります。

無利息サービスもないですし、やや魅力に欠けるかな?という印象です。

スポンサードリンク

 

消費者金融・信販会社系・銀行カードローン どれがお得?

★主な信販会社系カードローンの限度額と金利

信販会社 限度額 金利
オリコカードローン クレスト 500万円 4.5%~18.0%
三井住友カード ゴールドローン 700万円 3.5%~9.8%
オリックスクレジット VIPローンカード 800万円 1.7~16.8%
クレディセゾン マネーカードゴールド 300万円/200万円 6.47%/8.47%
セディナカードローン 200万円(新規申し込み時は50万円) 上限18%
三菱UFJニコス ローンカード 500万円 6.0%~17.6%

 

★主な消費者金融の限度額と金利

消費者金融 限度額 金利
アコム 800万円 3.0~18.0%
プロミス 500万円 4.5~17.8%
アイフル 800万円 3.0~18.0%
SMBCモビット 800万円 3.0~18.0%
レイクALSA 500万円 4.5~18.0%
ノーローン 300万円 4.9~18.0%

 

★主な銀行カードローンの限度額と金利

銀行カードローン 限度額 金利
三井住友銀行カードローン 800万円 4.0~14.5%
楽天銀行スーパーローン 800万円 1.9~14.5%
りそなプレミアムカードローン 800万円 3.5~12.475%
オリックス銀行カードローン 800万円 1.7~17.8%
じぶん銀行じぶんローン 800万円 2.2~17.5%
みずほ銀行カードローン 800万円 2.0~14.0%
三菱UFJカードローン バンクイック 500万円 1.8~14.6%
イオン銀行カードローン 800万円 3.8~13.8%
横浜銀行カードローン 1,000万円 1.9~14.6%

 
限度額が高く金利が低いのはやはり銀行カードローンです。

ただ、消費者金融と比べると信販会社系カードローンは金利にかなりバラつきがあるので選び方次第で低金利で利用することが可能です。

金利の平均は消費者金融が約18%、銀行カードローンが約14.5%とよく言われているのですが、信販会社系カードローンはバラつきはあるものの約15%程度となります。
銀行カードローンよりは劣るものの、そこまで気にすべき差ではないように感じます。

また、銀行カードローンは信販会社系カードローン、消費者金融よりもどうしても審査が厳しくなってしまいます。無利息サービスなどの付帯サービスも期待できません。

サービス面では消費者金融の無利息サービスもカードローン選びのポイントになります。

★消費者金融の無利息サービス

消費者金融 適用期間 条件など
アコム 契約日の翌日から30日間 ・アコムをはじめて利用する
・返済日を35日ごとに設定する
アイフル 契約日の翌日から30日間 ・アイフルをはじめて利用する
プロミス 初回借入日の翌日から30日間 ・プロミスをはじめて利用する
・メールアドレスを登録する
・Web明細を利用する
レイクALSA(1) 契約日の翌日から30日間 ・レイクALSAをはじめて利用する
レイクALSA(2) 借入金のうち5万円が契約日の翌日から180日間 ・レイクALSAをはじめて利用する
・審査の結果、利用限度額200万円以下の場合のみ利用可能
・借入金のうち5万円が対象
ノーローン 借入日の翌日から7日間 ・完済した月の翌月から再度無利息期間が発生

 

信販会社系カードローンとクレジットカードキャッシング枠 どっちがお得?

総合的にお得なのは信販会社系カードローンです。

クレジットカードのキャッシング枠のメリットは、ショッピング枠が付帯しているクレカを持っていれば、申し込みや審査を受けなくても即日融資が可能なところです。

しかし、大きなメリットといえばクレカさえあれば即日融資が可能というこの1点だけで、デメリットが大きいんです。

クレジットカードキャッシング枠のデメリット

・ショッピング枠に影響する
キャッシング枠はショッピング枠の中にあるので、キャッシングをしすぎるとお買い物やその他の支払いに影響がでることがあります。

例)ショッピング枠が50万円、キャッシング枠が20万円の場合
20万円借りてしまうと買い物に使える限度額が30万円になる

・金利が高い
クレジットカードのショッピングリボの金利は約15%なのに対し、キャッシングリボは約18%であることが多いです。

・限度額が低い
キャッシング枠の上限は数十万円程度の場合が多く、信販会社系カードローンと比べると限度額は低いと言えます。そして、その数十万円はショッピング枠の中にあるということも忘れはいけません。

キャッシング枠は限度額が低く金利が高いと言えます。
どうしてもクレジットカードのキャッシング枠を使いたいなら、緊急性が高いときに1回で返せるだけの金額を借り入れるなど、しっかり考えて利用するようにしましょう。

スポンサードリンク

 

信販会社系カードローンは総量規制対象

いろいろとメリットも多い信販会社系カードローンですが、貸金業法の総量規制の対象であることは知っておきましょう。

特に既に他社からの借り入れがある方は注意が必要です。

貸金業者からの借り入れは、総量規制によって年収の3分の1以上の金額を借りることはできないことになっています。

また、50万円以上の限度額を希望するときと、他社からの借り入れと希望限度額の合計が100万円を超える場合は収入証明書の提出を求められます。

銀行は貸金業者とは区別されているので総量規制の対象ではないのですが(ただし自主規制は行っています)、消費者金融と信販会社系カードローンは総量規制対象内です。

例)年収300万円で、すでに消費者金融から30万円の借り入れがある場合
⇒信販会社系カードローン、消費者金融の上限金額は70万円

総量規制は頭に入れておいた方が良いですが、信販会社系カードローンなら付帯サービスを活用しながら借り入れすることも可能です。消費者金融とはちょっと違った賢く楽しいカードローンライフが過ごせるかもしれませんね!

スポンサードリンク

PAGETOP