カードローンの審査項目まとめ

カードローンでお金を借りる際には必ず審査があります。

でも、仮にカードローンの審査に通らなかったとしても、その理由が正確に知らされることはありません。

なぜカードローンの審査落ちになってしまったのかは誰にもわからないのですが、対策として知りたいことはたくさんありますよね。

この記事では実際のカードローンの審査項目と、有利になりやすい条件をご紹介しています。

審査は各項目の総合評価となるので、なかなか一概に「コレが有利!」とは言えないところがあるのですが、ご参考になさってください。

スポンサードリンク

 


カードローンの審査項目は2つ

カードローン審査は「属性」と「信用情報」の2つを見られることになります。また、この2つの項目の裏付けとして、「在籍確認」「書類の確認」が必要です。

・属性…必要な項目を記入する
・信用情報…カードローン会社が信用情報機関に照会をかける
・在籍確認…勤務先に電話がある or 確認がとれる書類を提出
・書類の確認…カードローンに書類を提出する

カードローンの審査項目と確認事項

カードローン審査は、返済能力を見極めるために行われます。

審査と聞くとなんとなく不安になるかもしれませんが、お金を貸す方からすると「貸したお金をちゃんと返してもらえるかな?」と考えるのは当然ですね。

まずは2つの審査項目と2つの確認事項を簡単に解説します。

1.属性とは?

属性は個人情報、住居のスタイル、同居の家族、勤務先など、その本人を構成する内容です。

それぞれの項目を点数化してスコアリング方式で審査していきます。

たとえば、安定した収入と返済能力という観点においては、自営業よりも会社員の方が安定しているので、点数が高いのは会社員となります。

2.信用情報とは?

信用情報は、クレジットカードの申し込み情報や利用内容、他社消費者金融からの借り入れ額、返済状況などの個人の金融情報の履歴です。

カードローン審査においては、信用情報は属性以上に大事な項目とも言われています。

「信用情報機関」というデータセンターに記録してあります。カードローン会社は個人の信用情報の照会をかけることが可能なので、初めて利用するカードローン会社でも、あなたの過去一定期間の金融情報がわかってしまいます。

★日本に3社ある信用情報機関
日本信用情報機構(JICC)
シー・アイ・シー(CIC)
全国銀行個人信用センター(KSC)

当然ですが、いろいろなところからお金を借りている履歴があったり、クレカの返済が滞っているような記録があると、「よほどお金に困って申し込みをしたのかな?ということは、貸しても返済してもらえないかも・・・」という厳しい判断になってしまいます。

在籍確認

申込の際に記載した勤務先にきちんと勤めていることを確認する作業が在籍確認です。多くの場合は、カードローン会社の担当者が勤務先電話番号に直接電話をかけることで確認とします。

電話以外にも会社が発行している給料明細や社会保険証を提出することで在籍確認とする消費者金融もあります。

書類の確認

運転免許証などの本人確認書類と、給料明細や確定申告書などの収入証明書になります。

スポンサードリンク

 

実際のカードローン属性審査項目はコレ!

審査項目は2つとご紹介しましたが、「信用情報」はカードローン会社が信用情報機関に照会をかけるものなので、申込者が何かする必要はありません。

申し込みの際に詳しい記入が必要になるのは「属性」だけなんです。

ということは、何か対策できることがあるとしたら属性面ということになりますよね。

アイフルの申込画面を参考に、実際に記入が必要になる属性項目や有利になりそうな条件を解説します。

申し込み金額

・当日融資希望の有無
・希望限度額
・ご利用目的

当日融資希望の有無

希望したことで審査が不利になるようなことはありませんので、急いでいる場合はチェックを入れましょう。

希望限度額

利用限度額が高いと審査がさらに慎重になるので、融資を急いでいる場合や審査通過にあまり自信がない方は低めに設定することをおすすめします。

また、消費者金融の場合は年収の3分の1以上の金額を借りることはできないので年収も目安にして下さい。

ご利用目的

生活費、レジャー、冠婚葬祭、物品購入、旅行費用、引越費用、教育資金、事業資金、医療費用、車両費用から選択します。

カードローン申込にウソはいけませんがご参考までに、「レジャー」や「冠婚葬祭」など一時的な利用が想定される目的の方が歓迎されます。

逆に「生活費」を選んでしまうと、「生活に困っている人がちゃんと返済できるのかな?」と思われる可能性もあります。

お客様情報について

・漢字氏名
・カナ氏名
・生年月日
・性別/結婚有無
・国籍
・PEPs
・扶養家族
・メールアドレス
・運転免許証

生年月日

カードローンには年齢制限があるので、反していないかを確認します。
また、年収と収入と借入希望のバランスを見られることもあります。

性別/結婚有無

性別は男性の方が収入が高いというイメージがありますが、結婚の有無、就業状況など総合的な判断のための材料となります。

結婚有無は、既婚者の方が未婚の方と比べるとそう簡単に仕事をやめられないので有利ではあるのですが、住宅ローンがあったり、扶養家族がいると評価が下がることも。

扶養家族

養っている家族がいるということは「生活費として必要な出費が多いのではないか、返済はどうなんだろう?」と見られることもあります。

運転免許証

運転免許証を持っている方は運転免許証番号が必要になります。

お住まいについて

・住所
・携帯/固定自宅電話番号
・住居/名義人
・住居(家賃)負担額
・入居年月
・同居内容

携帯/固定自宅電話番号

携帯と固定電話の両方があった方が条件は良くなります。ただ現在は、電話はスマホだけという社会的風潮もあるので、そこまで重要ではありません。

住居/名義人

住居のスタイルは自分名義の持ち家、家族名義の持ち家、賃貸になりますが、ここからさらにマンションなのか一軒家なのか、寮なのか公営住宅なのかなど細分化されます。

自分名義の分譲マンションや一戸建てに住んでいると、住宅ローンが厳しいのは?と思われそうですが、信用が高いことと、返済が滞ったいざというときに追いかけやすいという判断もできるので、基本的には有利に働きます。

逆に都営・市営・県営などの公営住宅だと評価が低くなります。

住居(家賃)負担額

自分で家賃を払っている場合、収入と照らし合わせて家賃が高すぎるようだと評価が下がります。住宅ローンを支払っている場合も同じで、バランスを見られることになります。

入居年月

いずれの場合も長い方が有利です。

同居内容

同居にもパターンがありますよね。他の項目との総合評価になるのですが、もっとも評価が高いと思われるのは「親と同居している独身者」です。

やはり家賃は毎月の支払額としてはかなりのウエイトを占めるものなので、家賃の支払い義務がない(と思われる)実家住まいの独身者は評価される傾向にあります。

既婚者の場合は、「子供がいない親と同居の既婚者」が最も有利、その次が「子供がいる親と同居の既婚者」となります。

「子供がいない親と別居の既婚者」は低評価、「子供がいる親と別居の既婚者」は生活費の負担が大きいと思われるのでさらに低評価になります。

全パターンの中でもっとも評価が低いのが「親と別居の独身者」です。

扶養家族もいないので自由にお金を使えるイメージもありますが、その分、生活費は全て自己負担、身軽なため散財しやすく返済能力に欠けると見られてしまいます。

一例をご紹介しましたが、「子供がいる親と別居の既婚者」といっても男性・女性で立場が変わりますし、そもそも専業主婦なら消費者金融を利用できないこともあります。

お勤め先について

・勤務先名
・勤務先名(カナ)
・勤務先電話番号
・雇用形態/保険証種別
・業種/職種
・会社規模
・給料日
・入社年月
・税込年収
・その他雇用形態(職業の内容)

この項目は、収入の安定度という点でかなり重要になります。

勤務先名

当然、誰もが知っているような大企業だとかなり有利。病院や大学などの公的機関だともっと評価が高くなります。いちばん評価が低いのは個人事業主、自営業です。

雇用形態/保険証種別

雇用形態は、なんといっても正社員がいちばんです。もっとも評価が低いのは個人事業主です。
順番にすると
1位:正社員
2位:契約社員
3位:派遣社員
4位:パート、アルバイト
5位:個人事業主

という感じでしょうか。

個人事業主はパート・アルバイトよりも不利なの?と思えてきますが、毎月の収入が安定していて個人でバリバリ稼いでいるような方の場合は変わってきます。

契約社員と派遣社員も微妙なところで、期間が決まっている契約社員の場合は収入が安定していないと思われることもあります。

業種/職種

自動車業界がとても不調なときに自動車業界に勤めているなど、社会的な視点で判断されることもあります。

会社規模

規模が大きい方がやはり有利で、少数精鋭の個人企業は評価が下がります。

入社年月

勤続年数は長い方が有利です。
1年未満など極端に短い場合は、規模の大きい有名企業に勤めていても評価が下がることもあります。20代前半の就業したばかりの方はさらに不利です。

税込年収

消費者金融などの貸金業者は、年収の3分の1以上の金額を貸してはいけないと決められているので年収を確認します。その他の意味でも、ほかのローンや家賃と年収の割合の確認にも使われます。

年収が高い方が良いことは良いのですが、高さそのものよりも毎月安定した収入があることの方が重要になってきます。

その他雇用形態(職業の内容)

副業があるなど、申告した勤務先以外で収入がある場合に記載します。複数あれば全て記入しましょう。

他社の状況について

・他社ご利用件数/お借入残高

クレジットカードでの買い物、住宅ローン、自動車ローン以外の借り入れ件数と金額を記載します。もちろん少ない方が良いですよ。

属性はすぐに改善できない!どうする?

属性は自分が長い時間をかけて構築してきた歴史の現在の姿なので、審査に不利な点があったとしてもすぐにどうにかできるものではありません。

だからこそ少しでも審査通過しやすくするためにできることは、正確な情報を記入することです。

入力項目が多いとつい間違えがちなのが数字なのですが、これが本当にやっかいなんです。

例えば、年収300万円の「300」をついうっかり「3,000」と入力してしまったとします。たったこれだけで、審査をする方は本当に3,000万円も年収があるのかと慎重になります。

間違いだったことがわかると、年収を多く見せるためにウソをついたと思われて警戒されてしまう可能性もあります。

カードローンの申し込み内容は嘘偽りなく、正確な内容を記入するようにしましょう。

スポンサードリンク

PAGETOP