消費者金融 2社目だとカードローンの審査に通らない?

消費者金融に申し込んだけど希望額を借りることができなかった場合、別のところからお金を借りることはできるのでしょうか?

消費者金融の2社目のカードローン審査について解説します。

スポンサードリンク

 


他社からの借入額がチェックされる理由

消費者金融の2社目以降の申込は、1社目よりも審査が厳しくなることは想像がつくと思います。

では、なぜ審査が厳しくなってしまうのか、その理由は大きくわけて2つあります。

返済可能な金額を見極めるため

まずは単純に、貸したお金を利息をつけて返してもらえそうかを判断します。

消費者金融への返済は借りたお金(元金)に利息をつけた金額を払っていきます。

毎月必ず支払いが必要な最低返済額は、限度額・金利・返済方式などの利用条件によって決められています。この金額を約定返済額と言います。

約定返済額は10万円以下の借り入れなら毎月2,000円など、無理のない返済ができるようになっています。

約定返済額を返していけば催促がくるようなことはないのですが、元金がなかなか減らないのでいつまで経っても完済ができず、支払う利息の合計も大きくなってしまいます。

毎月の負担が少ない代わりに利息が大きくなってしまうパターンです。

しかし、消費者金融にとっては短期間で返済されると利息(消費者金融の儲け)が少なくなってしまうので、できるだけ長く利用して欲しい(利息を払って欲しい)と考えます。

そこで審査では、貸し倒れにもならず返済可能な金額の上限を探るのです。

総量規制に違反しないため

総量規制は貸金業法によって定められている、年収の3分の1以上の金額を貸してはいけないという法です。

例)年収300万円の人の場合
⇒貸して良い金額は100万円まで

例)年収300万円で、すでに30万円の借り入れがある場合
⇒貸して良い金額は70万円まで

総量規制のポイントは、消費者金融の利用者が「年収の3分の1以上を借りてはいけない」ではなく、あくまでも消費者金融などの貸金業者が貸してはいけないとなっているところ。

実施、総量規制に反しても債務者にペナルティはありませんが、消費者金融には罰が定められています。

スポンサードリンク

 

1社目からは総量規制ギリギリのお金を借りられる?

年収300万円の人が他の消費者金融からまったく借り入れがない状態で新規申し込みをすると、総量規制の観点からは100万円まで貸してもらえることになります。

しかし、総量規制は消費者金融を利用する側の限度額を保証しているものではないので、実際は初めての消費者金融で100万円借りられることはまずありません。

しかし100万円はムリだから貸さないということもありません。

とりあえず10万円~30万円程度を限度額として、本当にきちんとお金を返済してくれるの人なのか様子を見るという判断になります。

無理っぽいからお金を貸さないではなく、「その人が返済できそうな金額だけを貸す」という小口融資をしてもらえるのが消費者金融のありがたいところなのです。

2社目以降のカードローン審査はどうなるの?

年収360万円の人が総量規制いっぱいまでお金を借りることを希望していて、1社目からは30万円を無事に借りることができたとします。

総量規制ではあと90万円の借り入れができることになりますが、すでに他社からの借り入れがあるので2社目の審査はさらに慎重に進められます。

ここで限度額90万円を希望しても、その希望はまず通らないでしょう。

年収が360万円なのに1社目で限度額が30万円と限定されたということは、何か理由があると2社目は考えます。

他社からの借り入れ金額と件数は自己申告もしますが、信用情報機関に照会をかけることでバレてしまうので、嘘をつくことはできません。

信用情報には返済履歴も記載されているので、1社目の返済に滞納があればそれもバレてしまいます。

1社目の返済を滞りなく行っていれば、それは返済能力の証明になるのですが、2社目となると毎月の返済額も増えてしまうので、これまでどおりコンスタントに返済ができるかどうかわかりません。

それから2社目以降になると、消費者金融は「この人は、どうしてそんなにお金が必要なんだろう?」とも考えます。

他社からすでに30万円借りているのにさらにお金が必要となると、よほど急いで大金が必要なのかと思ってしまうのは不思議ではないですよね。

そうなると心配なのがやはり返済能力です。

そこで2社目の消費者金融は、90万円は無理だけど、とりあえず1社目と同じくらいの限度額で様子をみようと考えます。

限度額は利用途中で上げることもできるので、きちんと返済しているようであれば消費者金融の方から増枠審査を受けませんか?というお知らせがくることもあります。

3社目はどうなる?

3社目ともなるとさらに条件は悪くなります。

年収360万円の人が1社目、2社目から30万円ずつお金を借りているとすると、総量規制の枠はあと60万円あることになりますが、ここで3社目が60万円を貸すことはほぼないでしょう。

どうなるかというと、限度額10万円だったら貸せますけどいかがですか?と、1社目2社目よりもさらに慎重な対応をしてきます。

ただこの場合も、返済能力をしっかりアピールすることができれば限度額は上がる可能性もあります。

スポンサードリンク

 

2社目だから必ず審査落ちするということはない

すでに1社からお金を借りている状態なので、2社目の審査はマイナスからのスタートになりますが、消費者金融は1社しか利用できないといった法律はありませんし、2社3社と利用している人もいます。

消費者金融からの借り入れは3社が限界とか4社目の審査は大手では通らないなどとささやかれることもあります。

あなたが2社目の審査に通るかどうかは、全て属性と信用情報次第になりますが、借入件数と金額が大きいほど審査通過率が下がるのは当然だと言えますね。

2社目以降は銀行カードローンよりも消費者金融

カードローンには消費者金融以外にも銀行カードローンという方法もありますが、2社目以降なら消費者金融をおすすめします。

まず銀行カードローンは即日融資に対応しておらず、審査に時間がかかることもしばしばあります。急いでいる方に合っているのは消費者金融です。

金利は銀行カードローンの方が低いので、2社目は1社目よりもハイスペックな銀行カードローンにしたいという希望もあるかと思いますが、審査は消費者金融よりも厳しいので2社目だとさらに難しくなります。

銀行カードローンは総量規制対象外だから年収の3分の1以上のお金をを借りられるとも言われていますが、これは半分まちがいです。

確かに銀行カードローンは総量規制に当てはまらないのですが、現在はお金の貸しすぎにならないように自主規制を行っていて、年収の3分の1以上の金額を借りるのは難しくなってきています。

銀行だからたくさんのお金を借りられるということはないので、安易に申し込みをして申し込みブラックにならないようにしましょう。

スポンサードリンク

 

2社目のカードローン申し込みはウソがないように

借り入れは件数は0件とウソをついたり、1社目からの借入金額を低く申告したとしても必ずバレます。

審査の途中でウソがわかったら審査落ちしますし、仮に審査に通るようなことがあっても、利用途中にわかってしまうと強制解約のうえ全額一括返済などの重いペナルティが待っています。

消費者金融に対してウソをつくことはかなりのリスクを背負うことになります。
2社目の審査通過をめざすからこそ、申込は正直に行いましょう。

おまとめローン・借り換えという方法もある

毎月のお給料だけでは消費者金融の返済が厳しくなってきたから2社目を検討しているという状況もあることと思います。

利息がある以上借金を借金で返すことはできないのですが、おまとめローンや借り換えローンなら話が違ってきます。

おまとめローンは複数社からの借り入れをもっと利用条件の良い1社から借りなおして、元の複数社への借り入れ分を全額返済してしまうことです。

今後の返済は改めて借りた1社だけになり毎月の返済金額を下げることができるので返済負担をかなり減らすことができます。

借り換えも同じ考え方で、今利用している1社よりも条件が良い2社目で借り直して、1社目に全額返済することです。金利を下げることで早い完済を目指すことができます。

これらの何が良いのかというと、おまとめローン・借り換えローン専用商品は総量規制対象外となっていること。

今現在の借り入れ総額が年収の3分の1を超えていて、総量規制があるためにどこからも借りられないという場合でも、おまとめローン・借り換えローンなら借りられる可能性があるんです。

また、たとえば2社からの借り入れがある人が普通にカードローンに申し込むと「3社目の申し込み。多重債務」と思われてしまって審査がかなり厳しめになってしまいます。

だけど、おまとめローン希望として申し込むと3社目からの借り入れ希望ではなく「おまとめローンとして貸せるかどうか」を審査してもらえます。

借入件数は多ければ多いほど信用を失いますので、複数からの借り入れを検討しているならおまとめローン・借り換えローンにも目を向けてみて下さい。

スポンサードリンク

PAGETOP