学生・未成年でも借りれるカードローンと学生専用ローン

年齢にかかわらず、どうしてもお金が必要になることってありますよね。

正社員の成人などと比べると、かなり限定されている部分もありますが、学生さん、未成年の方でも利用できるカードローンはあります。

ここでは、学生・未成年でも利用可能なカードローンや、学生専用ローンなどをご紹介しています。

借り入れを検討している方にぜひ読んでいただきたいのですが、カードローンの返済が学業に影響しないように計画的に利用して下さいね!

スポンサードリンク

 


学生・未成年でもカードローンは利用できる?

カードローンにおいて、学生と未成年は扱いが全く変わってきます。

未成年は消費者金融を利用できないと思っておこう

未成年の方がお金を借りる方法はありますが、テレビでよく見るような大手消費者金融は利用することができません。

消費者金融の審査を未成年でもパスできる裏技を探すよりも他の方法を考えた方が現実的です。

未成年がカードローンを使えない理由は、日本の法律において未成年の契約行為が認められていないことにあります。

未成年は、原則両親などの法定代理人の同意がないと金銭の貸し借り等の法律に関わる行為を行うことができないんです。

他の理由もあります。
もし未成年であることを本人が隠して契約したことが後から親にバレた場合、どうなると思います?

成人が虚偽の申し込みをすると、全額一括返金や強制解約などのペナルティがあるのですが、未成年だとまったく違うんです。

まず借りたお金が残っていたら返さないといけません。ただし利息はつきません。使ってしまった分も返済義務がありそうなものですが、返さなくても良いんです。

カードローン業者からすると未成年にお金を貸すうまみがまったくないですし、貸し倒れのリスクが大きすぎますよね。

ただしこの法律における未成年の扱いは、結婚していない20歳以下の人を指します。

なので、法律上は未婚じゃなければ20歳以下でも本人が契約できることになるのですが、多くのカードローン会社は20歳に達していない人は基本的に利用NGとしています。

ただし、未成年の方がお金を借りる方法が一切ないわけではありませんので、のちほどご紹介します。

スポンサードリンク

 

学生は条件付きでカードローが利用可能

学生はいろいろと条件はありますが、利用可能なカードローンもあります。

まず、20歳以上であることが前提です。収入があったとしても未成年であればカードローンに申し込むことはできません。

一部の学生ローンは18歳からお金を借りられる商品もありますが、親権者の同意が必要になります。

それから、カードローンの利用条件に「安定した収入があること」というものがあるので、本人がアルバイトを継続していることも条件のひとつになります。

学生はいくらお金を借りることができるのか?

カードローン会社の公式サイトに記載されている限度額を見ると、500万円とか800万円などの記載があって、え?こんなに借りられるの?という感じがしますが、現実はそうではありません。

消費者金融における借り入れ限度額は、貸金業法の「総量規制」によって「年収の3分の1以下」と決められています。

例)毎月2万円のアルバイト代がある学生の場合
 ⇒2万円×12か月=24万円
  年収の3分の1の8万円が限度額

総量規制は学生だけでなく、消費者金融を利用する人全員に適用されるので(おまとめローン等は除きます。一部例外もあります。)、年収が高いほど審査次第で限度額を高くすることができるということになります。

ちなみに総量規制は貸金業法に基づくものなので、銀行法で運営している銀行カードローンは対象外となっています。
ただし、銀行も自主規制を行っているので、多くの場合年収の3分の1以上を借りることはできなくなっています。

スポンサードリンク

 

学生が利用できるカードローン

「安定した収入があること」という条件をクリアしている前提で、学生でも利用可能なカードローンを調べてみました。

銀行カードローン

銀行カードローンは、その名のとおり銀行が提供しているカードローンです。
消費者金融カードローンと比べると金利が低いので、返済負担が少ないことが大きな特徴なのですが、その分審査の難易度は高めとなっています。

三井住友銀行カードローン

限度額:10万円~800万円
金利(実質年利):4.0~14.5%

三井住友銀行カードローンは、以下の条件を満たす人なら申し込み可能なので、学生でも可となっています。

年齢が満20歳以上、満69歳以下の方。
原則安定した収入がある。
三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられること。
使いみちが事業性資金以外であること。

みずほ銀行カードローン

限度額:10万円~800万円
金利(実質年利):2.0~14.0%

みずほ銀行カードローンの利用条件がこちら。

契約時の年齢が満 20 歳以上満 66 歳未満であること。
安定かつ継続した収入の見込めること。
保証会社((株)オリエントコーポレーション)の保証を受けられること。

学生不可とはなっていませんね。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

限度額:10万円~500万円
金利(実質年利):1.8~14.6%

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックも学生不可とはなっていません。

年齢が満20歳以上65歳未満。
原則安定した収入があること。
国内に居住する個人で、保証会社(アコム㈱)の保証を受けられること。

メガバンク3社のカードローンをご紹介しましたが、この他にもネットバンクや地方銀行のカードローンもあります。

楽天銀行カードローン

限度額:800万円
金利(実質年利):1.9~14.5%

楽天銀行カードローンは、公式ホームページに「満20歳以上で、パート・アルバイトでお勤めされているかたであれば、学生のかたもお申込いただけます。」と記載しているくらい学生を大歓迎しているカードローンです。

年齢が満年齢20歳以上62歳以下。但し、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下。
日本国内に居住している方。外国籍の方は、永住権または特別永住権を持っている人。
勤めの方で毎月安定した定期収入のある人、または専業主婦の方。(専業主婦の利用限度額は50万円)
楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができること。

じぶん銀行カードローン

限度額:10万円~800万円
金利(実質年利):2.2~17.5%

自分銀行カードローンも、公式サイトのQ&Aに「学生のお客さまでも、満20歳以上であり、アルバイト等の収入があればお申込みいただけます。ただし、当行所定の審査結果によってご要望に沿いかねる場合があります」と記載しています。

年齢:契約時の年齢が満20歳以上70歳未満
安定継続した収入のある人(自営、パート、アルバイトを含みます)
保証会社であるアコム(株)の保証を受けられること

学生が利用可能かどうかは、各カードローン会社が公開している「商品情報」「商品概要」、または「Q&A」「よくあるご質問」などのページに記載があります。

たとえば、セブン銀行カードローンは学生不可なのですが、よくあるご質問ページに「恐れ入りますが、 学生の方はお申込みいただけません。」と書かれています。

消費者金融

アコム、アイフル、プロミスなどの消費者金融はコマーシャルでもよく見かけますよね。こういった大手消費者金融は、学生でも利用可能です。

消費者金融名 金利 限度額
アコム 3.0~18.0% 800万円
プロミス 4.5~17.8% 500万円
アイフル 3.0~18.0% 800万円
SMBCモビット 3.0~18.0% 800万円
レイクALSA 4.5~18.0% 500万円
ノーローン 4.9~18.0% 300万円

アコム・アイフル・プロミスは30日間無利息サービスを行っています。

レイクALSAは、「30日間無利息」か「5万円180日間無利息」のどちらかを選ぶことができます。

ノーローンは、「何度でも7日間無利息」を行っています。

こういった無金利期間があるカードローンを利用すると、利息を減らすことができるのでお得です。

学生ローン

学生ローンはその名のとおり学生さん向けのローンです。

学生ローンは18歳から利用できることが多いので、未成年でも学生であれば利用可能な場合があります。

銀行カードローン、消費者金融と比べると限度額が下がるのですが、総量規制により年収の3分の1までしか借りられないことを考えると、アルバイト収入の学生さんの場合は、そこまで限度額を重視する必要はありません。

フレンド田(DEN)

限度額:50万円
金利(実質年利):15.0~17.0%

高卒以上の大学生、短大生、専門学生、予備校生で、必要書類の提示が可能、安定した収入のある人が対象。学生証の提出は必須です。

18歳から利用可能ですが、未成年者の契約には親権者の保証人が必要です。
20歳以上であれば親に連絡がいくことはありません。

学生ローンのイー・キャンパス

限度額:80万円(学生は50万円)
金利(実質年利):14.5~16.5%

カードローンに初めて申し込む場合は本人の返済能力がわからないので、限度額は低め、金利は高めに設定される場合が多いです。

ですので金利をチェックするときは上限金利を確認すると良いのですが、イー・キャンパスは学生ローンの中ではダントツで低金利です。

ただ、借り入れ・返済の方法が消費者金融と比べるととても限定されているというデメリットもあります。

●借り入れ方法1:振り込みキャッシング
平日の9時~15時なら指定の口座に振り込んでもらうことが可能です。
平日でもそれ以外の時間、土日祝日は利用不可です。

●借り入れ方法2:店頭借り入れ
営業時間内なら高田馬場にある実店舗でも借り入れが可能です。

●返済方法1:銀行振込
指定の口座に振込で入金します。もちろんネットバンキングも可能なので、スマホからでも入金できます。

●返済方法2:店頭に来店
高田馬場の実店舗に行って返済をします。

コンビニなどのATMが使えないので、返済計画をきちんと立てておかないと返すのが面倒になって延滞してしまう可能性もありそうです。

ただ、イー・キャンパスの申し込みフォームには勤務先名と勤務先電話番号を記入する欄がありません。

バイト先にお金を借りていることが絶対にバレたくない人には強い味方になってくれそうです。

ヤングローン・学生ローンのキャンパス

限度額:50万円
金利(実質年利):14.40~16.80%

上でご紹介したイー・キャンパスとはまったく別の会社です。

学生向けのローンは2種類あり、特に女性はお得度が高いですよ。20歳~34歳が対象なので、学生でも未成年はNGです。

●通常の学生ローン
20歳~34歳までの学生が対象で、金利は16.8%です。

●学生レディスローン
20歳~34歳までの女性の学生が対象です。
金利はなんと15.60%!

借り入れは振り込み融資が可能です。

銀行振込でも14時半までに審査が完了したら即日融資も可能ですが、ゆうちょ銀行あての振り込みなら17時までに審査が終われば即日融資に対応してもらえます。

返済は、みずほ銀行あての振り込み、または高田馬場の店舗に来店して行います。

公式サイトに返済シミュレーションがあるので、申し込み前にぜひ試してみて下さい。

学生ローンは消費者金融よりも利便性に欠けますが、その分借りすぎを防げそうです。

しかし、毎月の返済を振り込みで行うと手数料がかかりますし、店舗に行くなら交通費がかかります。

利息以外に発生する手数料にも注意して、返済計画を立ててください。

番外編:クレジットカードのキャッシング枠

カードローンではないのですが、クレジットカードのキャッシング枠を利用すれば未成年、学生でもお金を借りることができます。

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠の2種類があります。
ショッピング枠は、クレジットカード使った買い物、公共料金の引き落としなどに使える枠です。

通常のクレジットカード払いは全てショッピング枠で行っていることになります。

キャッシング枠は、お買い物や引き落としではなく、現金を引き出すことができる枠です。

既にクレジットカードを持っている場合は、明細書やネットのマイページなどでキャッシング枠を確認してみて下さい。枠があれば今すぐお金を借りることができます。

学生でもクレジットカードを作れるのか不安な場合は、在学中の特典があるクレジットカードもありますよ。

「三井住友VISAクラシックカード(学生)」なら、18歳以上の学生であれば作成可能です。

ただし未成年者は親権者の同意が必要です。

キャッシング枠は最大5万円となっていて、学生ローンよりも限定されてしまいますが、借りすぎの防止になります。

海外・国内旅行傷害保険、ショッピング補償もしっかりついていますし、自転車保険を任意でつけることもできます。

スポンサードリンク

 

学生のカードローン 申し込みのポイント

学生ローンの申し込みのポイントや、保護者の同意書が必要か?など、気になることを解説します。

親の同意書は必要?

「学生ローン=同意書が必要」ではありませんが、未成年の場合は必要になります。

同意書が不要な場合は、貸金業者から親に連絡がいくことはまずありません。
貸金業法によって、借り入れをする本人以外の人に借金をしていることをバラすような行為は禁止されているので、消費者金融の方から親などにこっそり連絡がいくようなことはないんです。

ただし、延滞が続くのでやむなく実家に催促する場合などは別ですよ。

在籍確認の電話はかかってくる?

電話在籍確認を実施しているカードローン業者に申し込みをすれば、バイト先に電話がかかってきます。

学生だから在籍確認の電話が免除されるということはありません。

在籍確認は、「[個人名]と申しますが、[あなた]」さんはいらっしゃいますか?」という形で、個人名でかかってきます。カードローン業者だと名乗ることは絶対にありません。

でも、バイト先に個人名で電話があると、いかにも怪しい感じもしますよね。

電話在籍確認がありそうな場合は、事前にバイト先の人にお知らせしておきましょう。その際、カードローン会社から電話があると素直に言う必要はありません。クレジットカードを作ったことにしておきましょう。

クレジットカードも在籍確認の電話があるものなので、言い訳としてよく使われています。

カードローン会社から家に郵送されてくるものは?

ネットで契約をすると、契約書やローンカードが送られてきます。カードローンの利用が家族バレする大きな原因のひとつがこういった郵便物です。

郵送物を避けるには、
・アイフルの「web完結」など、郵便物が一切ないカードローンを利用する
・自動契約機(無人契約機)で契約書とローンカードを受け取る
・店舗で契約する

などの方法があります。

また、振り込みキャッシングやネットバンキングで返済をするなど、自分の口座を介した使い方をすると、口座の利用履歴に情報が残ってしまいます。
通帳を記帳したら載ってしまいますので、こちらも気を付けて下さいね。

カードローンが親・学校にバレることはない?

カードローン業者が親や学校にバラすようなことはありえません。
ただし、延滞が続いて本人にどうしても連絡がとれない場合には、自宅に電話がくることもあります。

カードローンの利用がバレやすいのは
・郵便物を見られてしまう
・ローンカードを見られてしまう
・明細書を見られてしまう
・銀行口座、ゆうちょ銀行口座の利用歴を見られてしまう
・返済が遅れて実家に連絡されてしまう

などです。

これらは全部自分で気を付けることができますよね。ついうっかり返済を忘れたりすることがないように注意しましょう。

学生のカードローンが就職に影響することはない?

これはありません。安心してください。

本記事でも何度かお伝えしましたが、カードローン業者があなたの借り入れを第三者にバラすことは禁じられているので、就職希望先からカードローン業者に調査が入ることはありません。

クレジットカードの利用歴、割賦払い(分割払い)の支払い状況、カードローンの借り入れ、返済状況、延滞などの信用取引に関わる情報は、全て日本に3社ある信用情報機関に保有されています。

・日本信用情報機構(JICC)…消費者金融、信販会社などが加盟
・シー・アイ・シー(CIC)…クレジットカード会社、消費者金融、信販会社などが加盟
・全国銀行個人情報センター(KSC)…銀行などが加盟

信用情報機関に問い合わせをすると、有料で自分の信用情報を開示してもらうことができるのですが、これを本人以外の人が行うことはできないので、信用情報機関からバレることもありません。

学生ローンは今後のローンに影響する?

これは影響します。

学生ローンに限ったことではありませんが、ローンの利用歴は信用情報として全て記録されます。

将来、住宅ローンやマイカーローンを組むときに学生ローンの利用履歴が残っていたら「過去に借金があった人」という視点で審査されてしまいます。

延滞したら1年~5年の間、その履歴が残ることになります。延滞履歴はローン審査にとってかなり不利なので、学生ローンでも延滞だけは絶対にしないようにして下さい。

まとめ:学生ローンもあるけど本当に必要?

もし今学生ローン、未成年でも借りられるローンを検討しているとしたら、その理由は何でしょうか?そのお金は借りてまで必要なのでしょうか?

「カードローン=借金」なので、必ず借りたお金以上の金額を返済する必要があります。そのため思っていた以上に返済の負担が大きく、バイトを増やさざるを得ない状況に陥ってしまうことも想像できます。

どうしてもカードローンの利用が必要なら、絶対に借りグセをつけない、必要なときにだけ必要な金額を借りてすみやかに返済を行うようにしましょう。
必要なくなったらすぐに解約するくらいの気持ちも必要です。

延滞だけは絶対にしないでください。延滞は本当に自分の首を絞める行為です。
少額の学生ローンだからと甘くみて延滞してしまうと、実家やバイト先に電話がくることもありますし、督促状などの郵便物が家に届いてしまいます。
将来クレジットカードの審査に通らないなどのデメリットもあります。

「お金がない」という理由だけで安易に借りないで、まずはカードローンを利用しないで済む方法がないかぜひ考えてみて下さい。

スポンサードリンク

PAGETOP