個人間の自動車売買でもマイカーローンを利用できる?

個人間の自動車売買では基本的にマイカーローンを利用することはできません。なぜ利用できないのでしょうか。また、個人売買でも利用できるマイカーローンがわずかながらですが存在するというのは本当なのでしょうか。

スポンサードリンク

 


マイカーローンを個人売買で利用できない理由

自動車を業者からではなく個人から購入する場合、マイカーローンの申込みをしようとしても断られてしまうことがほとんどです。マイカーローンは業者から自動車を買うことを前提にしており、個人売買においては利用できないことがほとんどなのです。なぜ個人売買ではマイカーローンを利用することができないのでしょうか。

低金利でお金を借りるために個人間が結託している可能性があるから

マイカーローンはフリーローンやカードローンに比べると、とても低い金利でお金を借りることができます。個人売買の場合、車を売る側と買う側が結託して低金利でお金を借りるためにマイカーローンを利用する可能性があります。

つまり、マイカーローンを借りておきながら、マイカーローンで認められている使用目的以外にお金を使うかもしれないということです。

業者から自動車を買う場合は見積書や契約書などがあるため、自動車の購入に借入金が使われることが明確ですが、個人間の場合はそうした証明をするのが難しい状況になります。

個人間だと適正な価格で自動車が売買されるとは限らないから

自動車を個人間で売買する場合、価格は個人間で決定されます。極端な話ですが、お店で200万円で購入できる車でも、個人間ではお互いの合意さえあれば500万円で取引してもよいのです。

もし、個人売買でマイカーローンを利用することができれば、低金利で多額のお金を借りるために売る側と買う側が結託してわざと高い金額で自動車を売買することもできてしまいます。

自動車の担保としての価値が見込めないから

先にも述べたように、個人間で取引する場合、必ずしも自動車の価値が市場の相場に即した金額になっているとは限りません。悪意がなく市場価値よりも高い金額で取引が成立してしまうこともあるかもしれません。

銀行のマイカーローンの場合は、自動車の所有権はローンを申し込んだ人になりますが、もし返せなくなったときには車を売ってもらって回収できないこともないというある程度の担保のようなものになります。

しかし、いざ返せなくなった場合に自動車の市場価値がローンで借り入れした学よりも著しく低くなってしまった場合、車に担保としての価値がまったく見込めなくなるという事態が起こります。

このように、個人売買では「本当に自動車の購入資金に利用されるか」や「適正な価格で取引されるか」といった証明をすることが難しく、また、銀行などお金を貸す側にとってはリスクでしかなく、チェックをするにしても手間と時間がかかってしまいます。

そのため、マイカーローンは個人売買では利用できないといしている金融機関がほとんどです。

スポンサードリンク

 

個人売買でも利用できるマイカーローンがあるって本当?

ほとんどの金融機関が個人売買でのマイカーローン利用は不可としていますが、最近ではオークションやフリマアプリなどで自動車の個人売買が多く行われるようになってきました。

それに伴い、個人売買でも利用できるマイカーローンへのニーズが高まっていることも事実です。中には稀ですが、個人売買でも利用できるマイカーローンが存在するようです。

ネットで調べていると、「JAなら個人売買でも借りることができる」「ろうきんなら個人売買でも大丈夫だった」「フレックス社のネットローンなら個人売買でも利用可能だけど、最近は厳しいらしい」といった情報が出てきました。

これらが本当なのか調べてみることにしました。

JAのマイカーローンを個人売買に利用できる可能性は低い

まずは、JAのマイカーローンを調べてみました。JAについては情報が新しいものも古いものも混在しており、兵庫県のとあるJAやJA東京みどりのマイカーローンは個人売買での利用が可能というかなり具体的な情報、また、全国のJAで個人売買での利用が可能という情報もあり、一体どれが正しいかわかりにくい状況でしたので、確認できるところは確認し、情報を整理していくことにしました。

まず、確実に間違いといえるのは、「全国のJAのマイカーローンが個人売買で利用可能」という情報です。

これについては、個人売買では利用できないと明示しているJAが少し検索しただけでもいくつか出てきました。

たとえば、「JAめぐみの」のマイカーローンのページを見てみると、「個人売買による自動車・バイク購入費用にはご利用いただけません。」と書かれています。

「JAバンク三重」も「個人売買にはご利用いただけません。」とページに明記してありました。

JA鹿児島みらい、JAいるま野も個人売買に利用できない旨がマイカーローンのページに記載してありました。

このことから、少なくとも全国すべてのJAのマイカーローンが個人売買で利用可能なわけではないことがわかりました。

また、「JA東京みどり」のマイカーローンが利用可能という情報がネットにあったので、本当かどうか電話で確かめたところ、個人売買での取引は不可ということでした。

はじめに電話に出た女性→融資担当の女性→融資担当の男性(責任者らしき方)と、電話を繋いでいただいて得られた回答なので、個人売買では利用できないということに間違いないと思います。

もうひとつ、「兵庫県のとあるJA」なら利用可能という情報もありましたが、具体的にどこのJAなのかがわからず確認が取れませんでした。

また、全国のJAの数が多すぎて一つずつ調べて紹介するのは難しく、またそれをする意味があまりないように感じたので割愛します。

今回調べてみて感じたのは、ネットで個人売買でも利用できると紹介されているJAであっても、2018年6月現在確認をとったところ利用不可だったということから、もしかすると以前は利用可能だったけれど今は利用不可ということも傾向としてあるのかもしれないということです。

そうなると、JAのマイカーローンを個人売買に利用するのは難しいと考えられます。

しかし、利用可能かどうかを聞くのは簡単ですので、もし個人売買でマイカーローンを利用することがあれば近くのJAの店舗にマイカーローンを個人売買で利用可能かどうか問い合わせてみてもよいでしょう。

こちらから全国のJAの店舗が探せます。

こちらから全国のJAバンクホームページを見ることができます。

次に、労働金庫について調べてみました。まずは中央労働金庫にマイカーローンを個人売買で利用可能化電話で問い合わせたところ、あっさりと「利用可能です」との回答でした。

他の労働金庫でも利用可能か尋ねてみましたが、他の労働金庫が扱っているものに関しては回答することができないということでした。

もう一つ東海労働金庫に電話で聞いてみたところ、こちらも「書類等揃っていれば利用できる場合もあります」とのことでした。具体的に必要な書類は近くの店舗で確認してくださいとのことでした。

労働金庫も地域によって利用できる労働金庫が異なりますし、今回は中央労働金庫と東海労働金庫に尋ねただけですので他の労働金庫では個人間売買に利用できない可能性もあります。

ご自分の地域の労働金庫を探すことができますので利用を検討している方は問い合わせてみるとよいかもしれません。こちらに労働金庫の一覧があります。

他の労働金庫のホームページでマイカーローンのページを確認してみると、事業用車両購入での利用不可との注意書きはありますが、個人売買での利用不可という注意書きがされていないので、もしかすると利用可能かもしれません。

最後に、フレックス株式会社のネットローンというマイカーローンが個人売買での利用が可能という情報もありましたが、現在は新規受付を停止しているという添え書きもありました。

フレックス株式会社のHPで事業内容を確認すると、自動車の販売や買取の業務の他に、たしかに融資事業も行っていますが、現在は医療ローンのみの取扱となっており、個人売買に利用できるマイカーローンの取扱はしていないことがわかりました。

ほとんどの金融機関で個人売買にマイカーローンが利用できないことがおわかりいただけたと思います。そこで、やや裏技的で、グレーな方法でもあるため、積極的におすすめするわけでは決してありませんが、自動車を売る人が車屋に自動車を買ってもらい、自動車を買う側は車屋でその車の見積もりなどを出してもらいマイカーローンを利用するという方法であれば、個人売買でもマイカーローンを利用することが理屈上は可能です。

自動車の個人売買を行う売り手側と買い手側の間に車屋さんをはさむことになるのですが、そのぶん整備費用や手数料なども発生しますし、車屋さんにとってメリットがほとんどないどころかリスクのある行為です。

そのため、このようなことを引き受けてくれる車屋さんはまずないでしょう。もし、知り合いに車屋さんを営んでいる人がいるにしても、間に入ってもらうのに謝礼を払わないわけにもいきません。

そうした謝礼や手数料などの費用、万が一、売り手と買い手と車屋さんが結託してマイカーローンを借りた事実が知れた場合のリスクを考慮すると、いっそ個人売買をあきらめるかマイカーローン以外のローンで借りたほうが安く済むでしょう。

スポンサードリンク

 

個人売買の場合はフリーローンやカードローンを検討

個人間で車を売買する際に、マイカーローンを利用することは難しいことがおわかりいただけたと思います。しかし、どうしてもローンを利用しなければならないということもあるでしょう。そこで検討したいのが銀行などの金融機関で扱っているフリーローンやカードローンです。

フリーローンとは?

フリーローンは銀行や信用金庫などで取り扱われている使用目的の自由度が高いローンです。事業や投資のための資金以外でしたらほとんどの使用目的で借りることが可能です。

マイカーローンの場合、使用目的は自動車の購入など使用目的が限られており、自動車の購入についても販売店からの購入で無くてはならないなど条件がついていますが、フリーローンの場合はそうした制約はありません。

自動車の個人間の売買にも借りることが可能です。フリーローンでは担保は原則として必要ありませんが、何かを担保にすることで借入額を増額することも可能な場合があります。

審査に通過すると一度にお金を借りることができますが、再び借り入れをしたいときは改めて申し込みをして審査を受ける必要があります。審査にはだいたい1週間以上時間がかかるためすぐに借り入れをすることはできません。 

カードローンとは?

カードローンもフリーローンと同じく使いみちに制限のないローンです。銀行のほか、信販会社などでも取り扱いがあります。お金を借りるための専用のカードを作成することからカードローンと呼ばれており、担保がなくても、個人の信用によってお金を借りることができます。

定職に就いており、安定した収入がある人であれば申込みが可能で、審査に通過すれば利用可能額までは何度でもお金を借りることができます。

例えば、審査に通って500万円利用可能だったとします。1回目に300万円借り、2回目に50万円借り、3回目に100万円借り…と、利用可能額に到達するまでは審査無しで追加して借りることが可能で、即日融資が可能なこともあります。

最近では利用可能額が少なければ学生や主婦でも申し込むことが可能です。金利はフリーローンと比べると高い傾向がありますが、審査はフリーローンよりも易しくスピーディーな傾向があります。

フリーローンもカードローンも自動車の個人売買に利用が可能ですが、借り過ぎを防ぎたいのならフリーローンがおすすめです。

カードローンの場合、利用可能額まで何度もお金を借りることができるため、自動車を買ったあとにお金も簡単に借りれることだから車のパーツもついでに買っちゃおう…などつい利用してしまったりする可能性もあります。

審査も易しく手軽にお金を借りられる反面、自制心がないと最初の計画よりも借りすぎてしまうという事態が容易に起こりえるのがカードローンです。反対に、自動車の購入後に車のパーツなど購入することも予め計画に入れておけるようであれば、あとから必要なものを買い足す資金を手軽に借りることができるというメリットにもなります。

一方、フリーローンは最初に申請した金額以上に借りる場合は再び申し込みや審査の手続きが必要になり、不便さを感じるかもしれません。

しかし、自動車購入の場合、車の価格や手続きにかかる費用は購入前にめどがつくものです。必要なぶんだけを借りてあとは返済していくだけなので借りすぎてしまう心配がなく、計画的な利用が可能です。

個人間売買とマイカーローン「まとめ」

最近ではフリマアプリやネットオークションなどで個人間で自動車を売買することも多くなっており、マイカーローンを使えないか検討している方もいたかと思います。

残念ながら、個人売買でのマイカーローンの利用は不可な場合がほとんどのようです。

今回、個人売買で利用可能なマイカーローンを取扱しているのは労働金庫(中央労働金庫と東海労働金庫)だけでした。

どうしてもマイカーローンを利用したい場合、売り手と買い手の間に自動車屋さんをはさんでマイカーローンを利用できるようにするというある種の裏技的な方法もありますが、車屋さんにメリットがないばかりか迷惑がかかるかもしれない方法ですので決しておすすめはしませんし、引き受けてくれる車屋さんもほぼないといっていいでしょう。

自動車の個人売買でのローンの利用を諦めざるを得ないようにも思えますが、フリーローンやカードローンを自動車の個人売買に利用するのを検討してみるのも一つの手です。

マイカーローンより金利は少し高くなりますが、フリーローンやカードローンであれば、正々堂々と自動車の個人売買に利用することが可能です。

フリーローンを選ぶか、カードローンを選ぶかは、審査の簡便さ、金利の低さ、利用の計画など何を重視するかで決めるとよいと思いますが、自動車を購入する場合は予め必要な金額がわかるので返済計画が狂いにくく金利もカードローンより低めのフリーローンのほうがよいのではないかと思いました。

スポンサードリンク

PAGETOP