マイカーローンは総量規制対象外?

マイカーローンを検討している方の中には総量規制でお金が借りられないのではないかと心配になっている方もいるかもしれません。

また、マイカーローンのことを調べていて総量規制という法律を初めて知って、どういうものなのか詳しく知りたいという方もいることでしょう。

この記事では、総量規制とはどのような法律なのか、マイカーローンは総量規制の対象になるのか?ついて解説します。

スポンサードリンク

 


総量規制って?

総量規制とは簡単にいうと、貸金業者が個人にお金を貸す際に年収の3分の1を超える額を貸し付けてはいけないというルールのことです。

総量規制は、2006年12月に貸金業法が改正された際に定められました。当時、多重債務を抱えてしまう人が多いことが社会問題になっており、そうした背景から制定された法律です。

制定されたあと業者などが対応するため、また、急にお金を借りれなくなることで生活に支障が出てしまう人もいるため、準備期間が設けられました。そのため、実際に総量規制が開始されたのは2010年6月です。

総量規制の対象者と収入の定義

総量規制は個人が対象となる法律ですので、法人や個人事業主が事業用に貸金業者からお金を借りる場合はこの規制にはふれません。

また、賃金業法における収入とは、「定期的な収入」のことを指していて、給与、年金、恩給、定期的に受領する不動産の賃貸収入、年間の事業所得(安定的と認められるものに限る)といったものが収入として扱われます。

これら以外の退職金や配当金など一時的な収入は貸金業法では収入として扱われません。私たちがイメージする収入と賃金業法上の収入には少し違いがあるのです。

では、もし、年収の3分の1以上を貸金業者からお金を借りてしまった場合は何かしらのペナルティを受けることになるのでしょうか。総量規制は貸金業者が利用者の年収の1/3以上の金額を貸し付けてはいけないという法律なので、仮に借りてしまったとしても処分を受けるのは貸金業者であって利用者がペナルティを受けることはまずありません。

また、すでに年収の3分の1の借り入れがある場合であっても総量規制に関係のない借り入れであれば新規に借り入れすることは可能です。

参考URL:http://www.0570-051-051.jp/contents/faq/regulation.html

スポンサードリンク

 

自動車を買うお金を借りるのに総量規制を心配しなくていい理由

借りることができるお金が収入の1/3までに制限されてしまう総量規制。仮に、年収600万円の人ならば200万円までしか借りることができません。

それでは好きな車を買うことができない、他に借り入れがあるからダメかもしれない…と心配かもしれませんが、結論からすれば車を買うお金を借りるのに総量規制を気にする必要はありません。その理由を3つご紹介します。

理由その1:貸金業者以外から借りる場合は総量規制対象外

総量規制は「貸金業者」を対象にしたものです。貸金業者とは、お金を貸す業務を行っており、財務局又は都道府県に登録をしている業者のことです。貸金業者というとイメージしにくいかもしれませんが、具体的には、消費者金融、クレジットカード会社などが貸金業者に分類されます。

具体的な名前を挙げると、消費者金融は、プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)、アコム(アコム株式会社)、アイフル(アイフル株式会社)といった名前で広く知られていると思います。

また、クレジットカード会社は信販会社とも呼ばれることもあり、JCBカード(株式会社ジェーシービー)、セディナカード(株式会社 セディナ)、セゾンカード(株式会社クレディセゾン)、楽天カード(楽天カード株式会社)、オリコカード(株式会社オリエントコーポレーション)、ジャックスカード(株式会社ジャックス)などがあります。

みなさんが一度は聞いたことがあるサービスや会社名ではないでしょうか。

「ここのクレジットカード持ってる!」という方もいるはずです。貸金業者は意外と身近なものであることはおわかりいただけたと思いますが、こうした貸金業者からお金を借りるときにのみ総量規制の対象となります。

そのため、貸金業者以外の金融機関(たとえば、銀行、信用金庫、労働金庫、JAバンクなど)から借りる際には総量規制の対象にはなりません。銀行は銀行法をいう別の法律で管理されており、貸金業者に適用される貸金業法は全く関係がないのです。

したがって、銀行や信用金庫、労働金庫、JAバンクなどのマイカーローンを利用するときは総量規制を気にしなくてもよいのです。

もし、貸金業者からすでにお金を借りており、貸金業者以外の金融機関からお金を借りると年収の1/3を超えてしまいそうという場合でも、貸金業者以外の金融機関で借りるぶんに関しては総量規制の枠に入らないので新規に借り入れをすることは可能です。(ただし、審査に通るかどうかは別問題です。)

スポンサードリンク

 

理由その2:ディーラーローンは実は「ローン」ではないから総量規制対象外

では、ディーラーで手続きをするようないわゆるディーラーローンは総量規制の対象になるのでしょうか。ディーラーローンは、信販会社(貸金業者)を利用しているので総量規制の対象になってしまいそうに思えます。

しかし、一般的にはディーラーローンと呼ばれていはいるものの、ディーラーローンは実はローンとは異なるものなのです。ローンというのは、お金を貸すことを指しています。

具体例を挙げるとすると、銀行でマイカーローンを組んだ場合がわかりやすいかと思います。

銀行で組むマイカーローンは、銀行から車の購入者へお金が貸し付けられ、車の購入者はそのお金を車の販売店に払い車を手に入れます。そして、お金を借りた銀行に対して返済をしていくという形式です。これがローンです。

一方、ディーラーローンは、信販会社がカーディーラーに車の代金を支払います。そして、車を購入した人はその信販会社に対して返済をします。先に述べた銀行から借りるマイカーローンのように、車の購入者にお金が一度渡るというようなことはディーラーローンでは起こりません。

信販会社に「立て替え払い」をしてもらっていると考えるとわかりやすいかもしれませんね。こうした形式は正式にはローンではなく、信用販売やクレジット取引などといわれています。

さて、総量規制の対象になるのは「貸し付け」でした。ディーラーローンでは車の購入者にお金を貸し付けているわけではないので総量規制の対象にはなりません。

なので、ディーラーローンを利用する際にも総量規制のことは心配しなくてもよいのです。

スポンサードリンク

 

理由その3:貸金業者から借りる場合でも総量規制の「除外」事例になる

総量規制には、「除外となる貸し付け」と「例外となる貸し付け」があります。「除外」と「例外」はどのような意味で、どう違うのでしょうか。

「除外」になる貸し付けの金額は、総量規制の貸付残高にカウントされません。たとえば、年収300万円の人が除外項目で100万円借りていたとします。

仮に総量規制対象の項目であればあと100万円しか借りることはできませんが、除外項目であるため総量規制の貸付残高は0円となり、総量規制の対象になっている名目でも200万円借りることができます。

「例外」というのは、年収の1/3を超えてしまっていても返す能力があると判断すれば貸し付けることができることをいいます。

たとえば、年収600万円の人が総量規制対象の名目ですでに200万円借りていたとします。

しかし、緊急で医療費が必要になったなどの例外項目でありかつ返済能力があると認められれば、すでに貸し付けている200万円に加えてさらに新しく50万円貸し付けるといった具合です。

除外となる貸し付けには

・不動産購入または不動産に改良のための貸付け(そのためのつなぎ融資を含む)
・自動車購入時の自動車担保貸付け
・高額療養費の貸付け
・有価証券担保貸付け
・不動産担保貸付け
・売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け
・手形(融通手形を除く)の割引
・金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け
・貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介

例外となる貸し付けには

・顧客に一方的有利となる借換え
・緊急の医療費の貸付け
・社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
・配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
・個人事業者に対する貸付け
・預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け
があります。

参考URL:http://www.0570-051-051.jp/contents/user/1-1.html

貸金業者から自動車購入の資金としてお金を借りる場合であっても、「自動車購入時の自動車担保貸付」という項目に該当すれば総量規制の除外項目になっていますので総量規制を気にせず借りることが可能です。

総量規制の除外項目と例外項目を見比べていただくとわかるかもしれませんが、除外項目は何かを担保にしているという点がポイントになっています。

そもそも、総量規制は、借りすぎて返せなくなる人を減らすためにつくられた法律であることを思い出してください。万が一、返すことができなくなったときに差し出すもの(担保)があれば、担保にしたものは失ってしまいますが多重債務に陥ってしまう事態は回避できます。

そうしたことで総量規制の対象から外されているというわけです。購入する車を担保にすることで、総量規制にひっかかることなく車の購入費用を借りることができるようになっているのです。

スポンサードリンク

 

マイカーローンと総量規制「まとめ」

総量規制は、貸金業者が利用者の年収の1/3以上の金額を貸し付けてはいけないという法律です。これは多重債務に陥る人を減らすために制定されたものです。

自動車を購入するときには、銀行など貸金業者以外のマイカーローンやディーラーローンを検討する方が多いと思います。

貸金業者以外の金融機関から借りるマイカーローンは、総量規制が定められている貸金業法の適用範囲外になりますので、総量規制を気にする必要はありません。

また、ディーラーローンは、ローンと呼ばれているものの実際は貸し付けにあたらないので、こちらも総量規制によって制限されることはありません。

もし、貸金業者からお金を借りる場合であっても、自動車を担保にする場合は総量規制の除外項目に該当します。このようなことから、車の購入費用に関しては総量規制を気にしなくてよいことがおわかりいただけたと思います。

しかし、総量規制にひっかからないからといって、マイカーローンの審査に通るかどうかはまた別問題です。

すでに貸金業者から多額の借り入れがあると、審査の厳しい銀行はもちろん、ディーラーローンでさえ審査に通らない可能性があります。総量規制の対象であってもなくてもローンやクレジット取引は計画的に利用するようにしましょう。

スポンサードリンク

PAGETOP