カードローンの限度額は増額できる?

カードローン利用者にとって、限度額は高ければ高いほど助かるものですが、限度額が高いのは銀行?消費者金融?

また、限度額は利用途中に増額してもらうことは可能なのでしょうか?

スポンサードリンク

 


各金融機関のカードローンの限度額

カードローンには必ず限度額が設定されています。主な銀行と消費者金融カードローンの限度額をご紹介します。

銀行カードローンの限度額

銀行・商品名 限度額
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 500万円
三井住友銀行カードローン 800万円
みずほ銀行カードローン 800万円
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング 1,000万円
住信SBIネット銀行カードローン 1,200万円
ソニー銀行カードローン 800万円
楽天銀行カードローン 800万円
じぶん銀行カードローン 800万円
オリックス銀行カードローン 800万円
りそな銀行プレミアムカードローン 800万円
イオン銀行カードローン 800万円
セブン銀行カードローン 100万円
横浜銀行カードローン 1,000万円
仙台銀行カードローン 500万円
スルガ銀行カードローン 800万円
群馬銀行カードローン 800万円
千葉銀行カードローン 800万円
北陸銀行カードローンスーパーNOW 500万円
新生銀行スマートカードローンプラス 500万円
静岡銀行カードローン 500万円
滋賀銀行カードローン サットキャッシュ 500万円
京都銀行 京銀カードローンW(ワイド) 500万円
関西アーバン銀行 アーバンカードローン 500万円
広島銀行カードローン マイライフプラス 1,000万円
山形銀行カードローン 500万円
中国銀行カードローン コ・レ・カ 500万円
鹿児島銀行 かぎんカードローン 500万円
琉球銀行カードローン 500万円
愛媛銀行カードローン 500万円
七十七銀行カードローン 500万円
福岡銀行カードローン 1,000万円

 
今回調査した範囲では100万円~1,200万円という結果になりました。
各銀行によって複数のカードローンが用意されていますので、商品によっては限度額がもっと低い場合もあります。

消費者金融カードローンの限度額

業者名 限度額
アコム 800万円
プロミス 500万円
アイフル 800万円
SMBCモビット 800万円
レイクALSA 500万円
ノーローン 300万円

 
消費者金融よりも銀行の方が限度額が高い傾向にありますね。

この各社の限度額は、それぞれの業者が「うちならこれ以下の範囲で貸せます」ということで定めている限度額なので、ひとりひとりの借入限度額は審査によって決まります。

スポンサードリンク

 

カードローンの融資限度額と借入限度額

融資限度額は上の表にある金融機関が定めている限度額のことです。借入限度額は審査によって決まるあなた自身の限度額になります。

銀行カードローンでも消費者金融カードローンでも、借入限度額に達するまでは、何回でも融資・返済ができるところがカードローンの大きな特徴です。

限度額と総量規制

融資限度額が大きくても借入希望額を全額借りられるとは限りません。

消費者金融などの貸金業者は、総量規制によって年収の3分の1以上の融資をしてはいけないことが定められています。

たとえばアコムの融資限度額は800万円ですが、借入限度額を800万円にするには年収が2,400万円以上必要になります。

なお、総量規制は「貸金業法」で定められているので銀行は対象外となりますが、現在は銀行も自主規制を行っているため、年収の3分の1までを目安に融資を行っているところが多いです。

ただ銀行カードローンはあくまでも自主規制なので「琉球銀行カードローン」のように年収の2分1以内を目安としている場合もあります。

カードローンの借入限度額の増額・増枠はできる?

借入限度額は審査の上で総量規制の範囲内で定められるのですが、初回はどれくらいきちんと返済してくれる人なのかがわからないため限度額が低くなってしまう傾向にあります。

限度額を引き上げるには増額の申請を行って「増額審査」を受ける必要があります。増額審査で最も重要なのは、返済の実績をはじめとする信用実績です。

カードローンの借入限度額の増額・増枠の審査

増額審査では「この人なら増額しても大丈夫だろう」と貸金業者に思ってもらうことがとても大切です。

カードローンの利用状況、返済状況も細かく確認されるので、日ごろから滞納がないようにしておきましょう。

増額申請をクリアするための重要な項目を解説します。

利用期間が短すぎないこと

いくら限度額を低く申請しても利用開始から1か月程度では増額は難しいでしょう。
なぜかというと、返済実績がないので本当の返済能力の高さが掴めないためです。

新規申し込みから最低でも6か月以上は間を空けることをおすすめします。

利用期間は長ければ長いほど有利ですが、その間に滞納が一切ないこともポイントです。

返済の滞納がない

利用期間が長くてもその間に返済の滞納があったら意味がありません。シビアなようですが、1度も滞納がない人と、たった1回返済をし忘れてしまった人では審査結果が変わってきます。

カードローンなどの信用取引の利用履歴は信用情報機関に情報が保管されています。なので増額審査の際は、クレジットカードの利用状況、スマホの割賦払い、ローンの利用状況などを全て調べます。

限度額を引き上げたいカードローンに滞納がなくても、他のローンに滞納があれば増額は難しくなります。

延滞・滞納履歴はいつまで残るの?

日本には3つの信用情報機関があり、消費者金融や銀行は、いずれかの信用情報機関に必ず加盟しています。

●日本の信用情報機関
・日本信用情報機構(JICC)
・シーアイシー(CIC)
・全国銀行個人信用情報センター(JBA)

延滞情報の保有期間はこうなっています。

信用情報機関 延滞情報の保有期間
JICC 延滞解消日から1年
CIC 延滞解消日から5年
JBA 延滞解消日から5年

 

1度延滞してしまうと、延滞解消日から最低でも1年、長くて5年も記録が残ってしまうことになります。

信用情報に延滞記録があると、たったそれだけでカードローンの審査に落ちたり、将来、自動車ローン、住宅ローンに通らないこともあります。

どんなカードローンも割賦払いも、延滞だけは絶対にしないようにしましょう。

余裕があるときは追加返済する

カードローンは、毎月の約定返済日ごとに最少返済額を返していれば督促もきませんし、信用情報が悪くなることもありません。

ただ、余裕があるときには追加返済をした方が「この人は返済能力が高い人だ」と思われて、増額審査に有利に働きます。

随時返済を行った方が合計利息を減らすこともできますので、返済はできるだけこまめに行うようにしましょう。

スポンサードリンク

 

カードローンの限度額「増額申請」はどうやって行うの?

増額申請の方法は利用中のカードローン業者に「増額審査をして欲しい」と伝えるだけなのでとても簡単です。

公式サイトに「限度額変更のお手続き」などの専用ページがあればそこから申し込めますし、電話、店頭、自動契約機(無人契約機)でも申し込み可能です。

また、貸金業者の方から増額の審査が可能ですといった内容のお知らせメールや電話がくることもあります。

連絡が来たからといって必ず限度額が上がるわけではないのですが、メールチェックもこまめにチェックしておきましょう。

カードローンの限度額「増額審査」に必要な書類

消費者金融に増額を申し込む際には、収入証明書が必要になることがあります。

・1社あたりの限度額が50万円を超える場合
・他社の借入を含めた借り入れ総額が100万円を超える場合

この2パターンについては、貸金業法によって収入証明書の提出が必ず求められます。

必要な収入証明書は消費者金融によって異なりますが、主なものは以下になります。

給与明細書:直近2ヶ月分(+1年分の賞与明細)
源泉徴収票:直近のもの
住民税決定通知書
納税通知書
確定申告書
青色申告決算書
収支内訳書
支払調書
所得証明書
年金証書・年金通知書

スポンサードリンク

 

増額希望額はいくらにすればいい?

なるべく大きく設定したいところですが、現在の限度額と比べてあまりにも高い金額を設定すると審査に通りにくくなってしまいます。

たとえば、10万円の限度額を100万円にしたくても、いきなり100万円で申し込むのではなく、まずは10万円の追加をお願いしてみるなど、少額ずつ増額するのが現実的でしょう。

増額が難しそうなら他社を利用する手もある

利用期間が短すぎて増額が難しいようなら、別の消費者金融に新規で申し込みをして、2社を合わせることで利用限度額を上げるという方法もあります。

新規申し込みには30日間無利息期間があるなどの新規特典もあります。

ただ、この方法は返済計画をしっかり立てておかないと多重債務者へ近づく道でもあります。

借入件数が増えるということは毎月の返済日も増えるということなので、返済の負担が大きくなることはしっかり頭に入れておきましょう。

カードローン限度額は引き下げられることもある?

滅多なことではありませんが、返済が何度も滞ると限度額が引き下げられることもあります。

銀行も消費者金融も、きちんと返してくれる人にはたくさん貸したいのですが、貸し倒れを防ぐために返済能力が低い人には貸したくないんです。

なので、申し込みの際の審査結果よりも明らかに返済能力が劣った場合などは、限度額が引き下げられてしまう可能性もあります。

スポンサードリンク

PAGETOP