カードローンの仕組み 金利・審査・返済・限度額等の基礎知識

「銀行からお金を借りている」と「消費者金融でお金を借りている」と言われたときに受けるイメージに違いはありますか?

もし、銀行からの借入は普通のこと、消費者金融での借入は生活苦?と思うなら、それはちょっと違います。

どちらも法の下に運営されているローンサービスであり、消費者金融から借りた方が無利息期間があるなど、むしろ消費者金融の方が有利なこともあるんです。

カードローンの仕組み、金利や返済、審査、限度額等の基礎知識を徹底的に見ていきましょう。

スポンサードリンク

 


カードローン 3つの特徴

まずは消費者金融と銀行カードローンに共通する特徴を3つ解説します。

1.カードローンは無担保・保証人も不要

お金を借りると言うと、担保が必要とか連帯保証人が必要なイメージが強いかもしれませんが、カードローンは担保も保証人も不要です。

では何の保証もなしでお金を借りているのかというとそうではありません。

銀行は保証会社と提携をしていて、消費者金融は自社が保証会社も兼ねているんです。

銀行カードローンの審査には保証会社も加わっていて、銀行と保証会社であなたの信用をチェックしています。

ちなみに、銀行カードローンの保証会社は小口の個人融資に強い消費者金融が行っている場合が多いんですよ。銀行カードローンの陰に消費者金融の存在があるんです。

万が一、返済が長く滞ることがあった場合は、保証会社が貸金業者や銀行に代理で返済を行い、保証会社に債権が移ることになります。

2.限度額までなら何度でも借入可能

住宅ローンや自動車ローンは、その利用目的に応じて大きな金額を1度に借りて返済していく形になり、追加融資はありません。

カードローンは、限度額までなら何度でも借入が可能です。

例)カードローンの限度額が100万円の場合
・1度に100万円借りてもOK
・50万円だけ借りて、追加で10万円借りてもOK
・10万円借りて、完済して、再度10万円借りてもOK
・1円も借りなくてもOK

カードローンの審査によって決まった限度額は「この人は●●円(限度額)までなら、しっかり返済できるだろう」という金額になるので、限度額の範囲ならたとえ返済の途中であっても再度借り入れをすることが可能なんです。

3.利用目的が問われない

住宅ローンは家の購入、自動車ローンは自動車の購入など、それぞれ購入目的が問われ、それ以外の目的で使うことはできません。

カードローンは、目的に関係なく利用することができます。

ショッピングでもデートでも結婚式のご祝儀がちょっとだけ足りない!なんてときでも借入ができるんです。

ただし、アコムアイフルのような大手消費者金融のカードローンは事業目的で借り入れをすることはできませんので、借りたお金を事業資金にしたい場合はビジネスカードローン商品を選ぶ必要があります。

ざっくりとカードローンの3つの特徴を見てきましたが、次は金利・限度額・審査・返済など、カードローン利用にまつわる仕組みを確認していきましょう。

スポンサードリンク

 

カードローン 金利の仕組み

「金利」は、借り入れしたお金に対して利息がいくら発生するのかを示すもの。多くの場合「1年間借り入れた場合の年率」で設定されていて「実質年利〇%」と表記されています。

●「金利」と「利息」の違い
「利息」は実際に借りたお金(元金)にプラスして支払う金額のこと。

利息は金額になるので単位は「円」になります。利息と利子は同じ意味で使われます。

金利・借りたい金額・借入日数がわかっていたら、カードローンを実際に利用する前でも利息の総額がいくらになるのかを計算することができますよ。

●利息の計算式
利息 = 借入金額 × 金利(実質年利) ÷ 365 × 借入日数
例)30万円を実質年利18.0%で180日借りた場合
300,000円 × 0.18 ÷ 365 × 180 = 26,630円
利息は26,630円になります。

例)30万円を実質年利14.0%で180日借りた場合
300,000円 × 0.14 ÷ 365 × 180 = 20,712円
利息は20,712円になります。

よく、金利は低い方が良いと言われますが、同じ金額を同じ日数借りても、金利が違うと利息に数千円の差が出てきてしまうんです。

借入日数が長くなるとこの差がもっと開くことも珍しくありません。

銀行カードローン、消費者金融の公式サイトには、借入希望額・金利・利用期間を入力するだけで毎月の最少返済額と完済までの期間などがわかる「返済シミュレーション」が用意されていますので、そちらも確認してみて下さいね。

カードローン 金利の目安

上限金利を平均すると、銀行カードローンが14.5%程度、消費者金融が18.0%程度のところが多いです。
金利は審査によって決まるので、みんなが上限金利になるわけではありませんが、初回は上限金利が設定されることが多いようです。

金利は借入限度額で決まり、借入限度額が低いと金利は高くなります。
この関係性は利息制限法という法令に寄るところです。利息制限法は貸金業者に対して「貸付金に対する上限金利」を定めたもので、具体的にはこうなっています。

・元本が100,000円未満の場合は年2割(20%)
・元本が100,000円以上1,000,000円未満の場合は年1割8分(18%)
・元本が1,000,000円以上の場合は年1割5分(15%)

<参考>:法務省 利息制限法(条文)

実際は審査によってもっと細かい金利となりますが、限度額が90万円から110万円に上がったら上限金利が18%から15%になるということですね。

スポンサードリンク

 

カードローンの金利 30日間無利息サービスとは?

カードローン商品によっては、初めて利用する人限定で、無利息期間のサービスを行ってくれるところもあります。

無利息サービスを行っている主な消費者金融

アコム
無利息期間:契約日の翌日から30日間
回数:初回限定
利用条件:返済日を「35日ごと」に設定する

アイフル
無利息期間:契約日の翌日から30日間
回数:初回限定
利用条件:特になし

プロミス
無利息期間:初回借入日の翌日から30日間
回数:初回限定
利用条件:メールアドレスを登録すること、明細を「Web明細にすること」

レイクALSA
無利息期間:契約日の翌日から30日間と、5万円まで180日間を選べます。
回数:初回限定
利用条件:5万円まで180日無利息サービスは利用限度額が200万円以下の場合に限られます。

●ノーローン
無利息期間:借入日の翌日から7日間
回数:何度でも
利用条件:特にありませんが、2回目以降は完済月の翌月から再度無利息期間が発生します。

●ジャパンネット銀行 ネットキャッシング
無利息期間:初回借入日から30日間
回数:初回限定
利用条件:特になし

「条件あり・なし」がありますが、ほとんどが30日間無利息ですね。

ただ、アコムとアイフルは契約日の翌日から30日間、プロミスは初回借入日の翌日から、ジャパンネット銀行 ネットキャッシングは初回借入日から30日間と、無利息期間の起算日が異なります。

レイクALSAの5万円まで180日間無利息は、借入総額のうち5万円を180日間無利息にすることが可能になります。

借入額が5万円以上でも良いのですが、利用限度額が200万円以上になると自動的に全額30日間無利息となります。

ノーローンも特徴的ですね。
無利息期間は7日間と他社と比べたら極端に短いですが、完済した翌月には再度無利息期間が発生するので、何度でも無利息サービスを受けることができます。

スポンサードリンク

 

カードローン 限度額の仕組み

カードローンの限度額とは、いくらまでなら借りられるのかという上限金額です。アコム、アイフルなどは800万円、プロミスなら500万円などの設定がありますが、全員がこの金額になるわけではありません。

ひとりひとりに設定される限度額のことを「借入限度額」と言います。

借り入れ限度額は審査によって決められて、多くの場合初回から100万円を超えることはまずないでしょう。

総量規制と借入限度額

借入限度額の決定にはあなたの信用も関係していますが、年収も大きく関わっていきます。

貸金業者のカードローンは総量規制によって年収の3分の1以上の金額を貸してはいけないと決められているんです。

例1)
限度額が800万円でも年収が450万円だったら借入限度額が150万円を超えることはない。

例2)
限度額が800万円でも年収が300万円だったら借入限度額が100万円を超えることはない。

カードローンの増額申請

カードローンの金利と借入限度額は、ある意味連動しているような形なので、審査次第で借入限度額を増やして金利を下げることも可能です。

初回申し込み時は実際の返済能力が未知数なので、貸金業者も慎重にならざるを得ません。その代わりに、返済実績を積んでいくと借入限度額を上げて金利を下げる申請を行うことができます。

この利用者自ら借入限度額を上げる申請を行うことを「増額申請」と言います。

増額申請そのものはいつでもできるのですが、返済実績がついてから申請した方が当然結果が出やすいですよ。

どれくらいの返済実績が必要なの?

限度額をスピーディに上げるために必要なものは信頼なので、絶対にやってはいけないのが返済の滞りです。

滞納が一切なく毎月コンスタントに返済を行っていると、3か月~半年くらいでも貸金業者の方から増額申請しませんか?とお知らせが来ることもあります。

自分から増額申請をする場合は、滞納が一切ない状態で1年以上コンスタントに返済をしていることが望ましいとされていますが、

・年収が上がった
・昇進した
・雇用形態が良くなった(アルバイトから正社員など)
・自営業から会社員になった

など、貸金業者から見て初回申し込み時よりも信頼度が上がったようであれば、1年を待たなくても借入限度額が上がる場合もあります。

増額申請は必ず通るものではありませんが、自信があるタイミングでやってみる価値はあります。
自ら借入限度額の増額と金利の引き下げ申請ができることは意外と知られていないので、ぜひ覚えておいて下さいね。

スポンサードリンク

 

カードローン 審査の仕組み

カードローンの審査で見られることは、「信用情報」と「属性」。それから「機械による仮審査」と「担当者による審査」にわけることができます。

信用情報とは

信用情報はカードローン、クレジットカード、分割払い(ローン)などの信用取引にまつわる利用履歴です。

信用情報は信用情報機関で管理されていて、貸金業者や銀行は加盟している信用情報機関に問い合わせを行うことであなたの信用情報を得ることができるんです。

カードローンに申し込みをしたら、必ず信用情報のチェックが行われることになります。

ちなみに、スマホの支払いの場合、本体の分割払いはローンになりますが、毎月の利用料金はローンではありません。

ですので、本体の分割払いに未払い・滞納があると信用情報が悪くなってしまいます。気を付けて下さいね!

属性とは

あなた個人の情報になります。
詳しい項目は、職業と雇用形態、年齢、勤務と勤続年数、年収、居住形態と居住年数、家賃、住宅ローンの金額、家族構成、電話の種類(携帯・固定電話)、健康保険の種類などなど。

すごく多く感じますが、もっと細かい申告が必要な場合もあります。

年収は低いより高く、勤続年数は短いよりも長い方が返済能力が高いとみられます。

また、同じ20代でも仕事を始めたばかりの20代前半よりも働き盛りとされる20代後半の方がより信頼度が増します。

仮審査は機械で行われることが多い

カードローン会社はこれまでの利用の記録により膨大なデータを保持しているので、あなたの申し込み内容をまずは機械的に審査します。

たとえば年収が低いのに借入希望額が大きいとか、他社からの借入と合わせて年収の3分の1を超える金額を希望しているなど、申し込み内容と利用条件があまりにもかけ離れていると仮審査に通ることはできません。

担当者による審査

仮審査に通過したら本審査に移ります。
本審査は本人確認書類の確認、信用情報機関に照会した情報と申し込み内容に相違がないかなどを人の目で確認します。
勤務先に電話で在籍確認をすることもあります。

AIが審査をすることもある

J.Score(ジェイスコア) という貸金業者では、AIが審査を行っています。

申込者のAIスコアを1000点満点で数値化していて、600点を超えれば利用可能で、スコアが高いほど借入の条件が良くなるというとてもシンプルな構造になっているんです。

AIスコアの審査内容には属性や信用情報も含まれますが、おもしろいのは過去の実績や現在の情報だけでなく、これからの可能性でもスコアアップが可能なところ。

趣味やこれから経験したいこと、興味があることなどでもどんどんスコアを育てることができるんです。

スコアアップに成功すると、借入限度額が上がり、金利は下がります。
J.Score(ジェイスコア)は日本初のAIスコア・レンディング審査を行っている貸金業者ですが、今後はこういったスタイルが増えるのかもしれませんね。

スポンサードリンク

 

カードローン 返済の仕組み

カードローンの返済は、元金+利息を毎月の約定返済日ごとに返していく形になるのですが、この毎月返済する最低金額のことを「最少返済額」と言います。

最少返済額は借り入れ額や金利によっても変わってくるのですが、「返済方式」によっても違います。

★各社の返済方式の例

カードローン 返済方式
アコム 定率リボルビング方式
アイフル 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
プロミス 残高スライド元利定額返済方式
SMBCモビット 借入後残高スライド元利定方式
三井住友銀行カードローン 残高スライドリボルビング返済方式
みずほ銀行カードローン 残高スライドリボルビング返済方式
楽天銀行カードローン 残高スライドリボルビング返済方式

 
言い方は違いますが、「リボルビング」という言葉が入っているということは、毎月の返済額は一定ということになります。

例1)アコム・アイフルの返済方式

例えばアコムの場合、契約限度額によって一定の割合が決まっていて、借入残高に一定の割合をかけた金額が毎月の返済金額になります。(1,000円未満は全て切り上げ)

★アコム返済方式 一定の割合

契約限度額 一定の割合
30万円以下 借入残高の4.2%以上
30万円~100万円 借入残高の3.0%以上
100万円以上 借入残高の1.5~3.0%以上

 
例)10万円借りた場合
10万円 × 4.2% = 4,200円
1,000円未満は切り上げになるので、毎月の返済額は「5,000円」になります。

アコムとアイフルの返済方式は名称が違いますが、考え方は同じです。

例2)プロミス、SMBCモビットの返済方式

プロミスとSMBCモビットも言い方は違いますが、どちらも「借入後残高スライド元利定方式」になります。

借入後残高スライド元利定額返済方式は、「最終借入後の借入残高によって決められた金額を返済していく」返済方式です。

SMBCモビット公式サイトに記載されている返済額を見ていきましょう。

最終借入後残高 返済額
10万円以下 4,000円
10万円超20万円以下 8,000円
20万円超過30万円以下 11,000円
30万円超過40万円以下 11,000円
40万円超過50万円以下 13,000円
50万円超過60万円以下 16,000円
60万円超過70万円以下 18,000円
70万円超過80万円以下 21,000円
80万円超過90万円以下 24,000円
90万円超過100万円以下 26,000円

 
例えば30万円を借りた場合の最少返済額は11,000円になります。
この金額は「最終借り入れ時の借入残高」で計算されるので、追加融資を受けない限り完済までの最少返済額は11,000円のままです。

例3)銀行カードローンの返済方式

多くの銀行カードローンが採用しているのが借入残高によって最少返済額が変わる「残高スライドリボルビング方式」です。

みずほ銀行カードローンを例に確認していきましょう。

前月10日の利用残高 毎月の返済額
1万円未満 前月10日現在の利用残高
1万円以上100万円以下 1万円
100万円超200万円以下 2万円
200万円超300万円以下 3万円
300万円超400万円以下 4万円
400万円超500万円以下 5万円
500万円超600万円以下 6万円
600万円超700万円以下 7万円
700万円超800万円以下 8万円
800万円超 9万円

 
仮に300万円の融資を受けた場合、毎月の返済額は4万円になります。
返済をコンスタントに行い、借入残高が200万円台になったら最少返済額は3万円に変わります。

借り入れ残高が減ると最少返済額も減っていくのが残高スライドリボルビング方式の特徴となります。

返済方式で利息は変わる?

どうせなら利息が少ないところで借りたいところですが、返済方式の違いで利息の総額は変わってくるのでしょうか?
答えはイエスです。

たとえばアイフルとSMBCモビットでそれぞれ上限金利で10万円借りたとします。最少返済額で返していくと

●アイフル
・金利:18.0%
・最少返済額:5,000円、最終回のみ3,709 円(サイクル制の場合)
・返済回数合計:25回
・利息合計:23,709円
●SMBCモビット
・金利:18.0%
・最少返済額:4,000円、最終回のみ2,260 円
・返済回数合計:32回
・利息合計:26,260円

同じ金利で同じ金額を借りたのに、最終的な利息には差がありますよね。
注目して欲しいところは最少返済額の違いです。

最少返済額を支払い続ければ督促がくることはないのですが、できるだけ多く返した方が合計利息が安くなるんです。

最少返済額の負担だけで考えると5,000円のアイフルよりも4,000円のSMBCモビットの方が利用者としては助かりますが、同じ金利ならなるべく多く返済した方が利息の総額が減るということはぜひ頭に入れておきましょう。

返済の取り立てに決まり事はあるの?

滞納しなければ督促が来ることもないので、滞納しないことが第一ですが、万が一返済が滞ってしまったらどうなるのでしょうか。

消費者金融の取り立ては、貸金業法の第21条「取立て行為の規制」による決まり事があります。

<参考>:貸金業法 第21条 取立て行為の規制

規制を破ると罰則もあるので、現在は怖いお兄さんが家のドアをたたきまくるみたいな怖いことはありません。
主な規則はこうなっています。

・正当な理由がないのに21時~早朝8時までの電話、FAX、訪問しない
・正当な理由がないのに、自宅以外(勤務先など)に電話、FAX、訪問しない
・借金していることを第3者にバラしてはいけない
・壁やドアなどに張り紙などで借金していることを書かない
・帰って!と言われたら帰ること
・他の人や他の貸金業者から借りて返済しろと言ってはいけない
・債務者以外に催促をしない
・債務者以外の人に債務者の居場所を無理やり聞き出さない
・弁護士に債務整理を依頼した通知を受けたら債務者に直接返済を要求してはいけない
など

「正当な理由」に厳密な規則はありませんが、返済が滞っているのに連絡が長期間取れない場合などが考えられます。

●消費者金融と闇金は違うよ!
そもそも闇金と消費者金融は違うので、闇金ウシジマくんのような容赦ない取り立ては消費者金融にはありません。

消費者金融はまっとうな貸金業者で、プロミス、SMBCモビットなどは銀行グループですし、アコム、アイフルは東証一部上場企業です。

もちろん返済が遅れたら督促は来ますが、督促は法律に基づいて行われるものです。
本当に最終段階になると財産が差し押さえられることもありますが、これは住宅ローン、自動車ローンなども同じことです。

スポンサードリンク

 

適用される法律の仕組み

消費者金融は貸金業者、銀行カードローンは銀行が提供しているサービスですが、それぞれ適用される法律が違います。

・消費者金融…貸金業法
・銀行カードローン…銀行法

ひとつだけ知っておきたいことは、カードローン情報サイトの中でよく目にする「総量規制」は貸金業法で定められているということ。

「総量規制と借入限度額」のところでも説明しましたが、総量規制は年収の3分の1以上を貸してはいけないという決まり事です。

例)年収300万円の人の場合
・1社からも借りていない
⇒100万円まで借入可能

・すでに1社から30万円借りている
⇒70万円の借り入れが可能

・すでに複数社から100万円借りている
⇒借入金が100万円以下にならないと追加融資、新規借り入れは不可

総量規制に借入件数は関係ないので、逆に言うと何社から借りているも年収の3分の1までは借入可能です。

ただし、限度額の決定には審査があるので、全員が年収の3分の1まで借入可能なわけではなく、銀行・貸金業者の判断で融資を断られることもあります。

実際のところ、年収の3分の1に近い金額をすでに他社から借りている場合、他社の借金を返すために新たな借り入れをしたいのではないか?返済に不安があるのではないか?とされて、審査に落ちることも多いです。

銀行カードローンに総量規制は適用されない

銀行法に基づき提供を行っている銀行カードローンは総量規制の対象外になります。

ただし、2016年10月に日本弁護士連合会(日弁連)が内閣総理大臣、内閣府特命担当大臣(金融)、衆参両議院議長、全国銀行協会会長へ提出した意見書を受けて、銀行は自主規制を設けました。

<参考>:銀行等による過剰貸付の防止を求める意見書(PDF)-日弁連-

確かに、消費者金融では年収の3分の1までしか貸せないのに、銀行カードローンならもっと貸せるという状態だと総量規制の意味が半減しますよね。

まとめると、現在は銀行カードローンは総量規制の対象とはなっていないが、自主規制により年収の3分の1以上の融資は行っていないということになります。

カードローンの仕組み「まとめ」

説明されてもなんとなく不安だとか、まだまだカードローンに怖いイメージがある方もいらっしゃると思います。

怖いということは慎重になるということなので大事な感覚でもあるのですが、カードローンはきちんと法の下に運営されているとても便利なサービスでもあるので闇雲に不安がることはないですよ。

収入に見合った借り入れを行う、必要以上に借りないなど、危険な利用さえしなければピンチを救ってくれる味方でもあると言えるでしょう。

よく「ご利用は計画的に」と言いますが、安全にカードローンを利用するには正にこの考え方が大切です。

借入を行うこと自体は悪いことではありませんし、返済をしっかり行っていれば返済実績が積み重なり信用にもつながります。ぜひ上手に活用していきましょう。

スポンサードリンク

PAGETOP