カードローン審査 勤続年数が短いと通らない?

カードローンの審査項目に必ずあるのが「勤続年数」です。短いとやっぱり審査に影響するのでしょうか?

カードローン審査と勤続年数について詳しく解説します。


カードローン審査に勤続年数が必要な理由

カードローンの申し込みには、勤続年数を記入する欄が必ずあります。ということは、勤続年数は審査に必要な項目ということになるのですが、どれくらい重要な項目なのでしょうか。

勤続年数は返済能力の高さの目安になる

ドラマで、負債が大きい中小企業が銀行からの融資を打ち切られて、不渡りを出して倒産した・・・みたいなシーンを見たことありませんか?

困っているときにこそお金を借りたいものですが、心底困っている場合には貸すことができないんです。

本当にお金に困り果てていて、とてもじゃないけど返済は無理だろうと思える人に貸してしまうと貸し倒れが発生してしまいます。銀行や消費者金融は、返済能力が高い人にお金を貸したいと思っているのです。

その返済能力の高さの目安となるのが勤続年数なんです。

審査項目のひとつに「安定した収入があること」という内容が記載されていることが多いのですが、勤続年数が長いということは、毎月の収入がきちんとしている(安定している)という証明になります。

スポンサードリンク

 

勤続年数は長ければ長いほど良い

「カードローンの審査に勤続年数は何年以上あれば通る?」ということが話題になることがありますが、これはもう、長ければ長いほど良いです。

勤続年数が長いということは、これから先もその会社に勤め続ける可能性が高いと判断されます。

銀行、消費者金融にとっては、今後も安定した収入が続き返済が滞ることがなさそうな優良な人になるのです。

転職してすぐの勤続年数が短い正社員が審査に落ちて、勤続年数が長いパート収入の方が通ることもあるので、雇用形態に関わらず勤続年数は長い方が良いと言えます。

勤続年数は審査項目として重要ではない?

審査は総合的に行われるので、勤続年数が短くても通ることはあります。しかし、勤続年数が短いということは、またすぐに転職するかもしれないと思われてしまいます。

新社会人の場合も、これから先どれくらい勤めるかわからないので、慎重に審査せざるを得ないでしょう。

転職を繰り替えす人は安定した収入がある人とは言えません。お金は貸したいけど貸し倒れは防ぎたい銀行や消費者金融は、勤務先をコロコロ変える人にはお金を貸したくないと判断します。

審査項目として重要かどうかは推測になるところもありますが、重要視されている安定した収入の審査という点では目安になる項目であることは間違いありません。

スポンサードリンク

 

カードローン審査 勤続年数はどれくらいあればいいの?

よく言われている勤続年数の目安はこんな感じです。

消費者金融:1年以上
銀行カードローン:3年以上

これはあくまでも目安で、勤続年数が半年でも消費者金融の審査に通ることもありますし、3年以上勤めているのに銀行カードローンの審査に落ちることもあります。

しかし逆に考えると、これ以上の勤続年数があるのに審査に落ちるということは、他のところが原因ということになります。

勤続年数=社会人年数ではない

勘違いされていることがあるのですが、勤続年数は「今の会社に勤めている年数」の申告になります。

10年勤務した会社から転職してまだ1年経っていない人の場合、勤続年数は1年未満になります。

ですので、もし長く勤めている会社からの転職を考えている場合は、転職する前にカードローンの申し込みをした方が、勤続年数という面では有利になりますね。

勤続年数が短いとカードローンの審査に通らない?

これは絶対に通らないということはありません。繰り返しになりますが、カードローンの審査は総合的な判断になるので、勤続年数が短いことだけで審査に落ちるということにならないのです。

ただし、状況は悪いと言わざるを得ません。

やっぱり、転職したばかりでお金がない人や、4月に新卒入社したばかりで5月に申し込みをしたいという人よりも、勤続3年以上の人の方が安定した収入があると思われるんです。

ですので、入社したばかりという状況なら最低でも3か月は待ってみて下さい。

難しいかもしれませんが、審査に落ちてしまうとその履歴も信用情報に残ってしまいます。

そうなると、「勤続年数が短い」という不利な状況にプラスして「審査に落ちたことがある人」というさらに不名誉な項目が追加されてしまいますよ。

スポンサードリンク

 

勤続年数でウソをついたらバレる?

貸金業者があなたの会社に直接電話をしてあなたの勤続年数を聞き出すようなことはないので、バレない可能性もあります。

実際、自己申告と免許証の提出だけでは勤続年数を調べようがありません。

信用情報には勤続年数は記録されていないので、信用情報機関に照会をかけても、あなたが勤続何年目という情報がビシッと出てくることはありません。

勤続年数は基本的に自己申告になるので、ウソをつくこと自体は可能なんです。

でも、絶対にやめておきましょう。

勤続年数がウソをつきやすい項目であることは貸金業者も銀行も重々承知しているので、おかしいと感じたら別の方法でカードローンの審査を行うことがあります。

それが保険証の提出です。保険証には資格取得年月日が記載されているので、自己申告と相違があればすぐにウソがわかってしまうのです。

勤続年数のウソがバレたらどうなる?

そもそもウソはついちゃダメなのですが、バレたときのリスクは相当大きいですよ。

審査には通らない

ウソをつく人にお金は貸せないので、バレた時点で審査すらしてもらえません。カードローンの審査に落ちた記録はしっかり残ります。

審査後にウソがばれたときのリスクがヤバい!

万が一ウソがバレずにカードローンの審査に通ったとします。そして、借り入れがスタートした後になんらかの形でウソをついたことがバレると、とんでもないことが待っています。

1.強制解約
カードローン会社の方から強制的に解約させられます。
強制解約をさせられる人は要注意人物ということなので、信用情報機関に5年間記録が残ります。

2.全額一括返済の要求がある
本来なら約定返済日ごとに最低返済額を返せば督促状が届いたり催促されることはありませんが、強制解約をくらうと一括返済が求められます。

支払いが困難だとしても「じゃあ分割でも良いですよ」とやさしい言葉をかけられることもなく、督促は容赦なく続きます。

この督促を無視し続けると、さらに恐ろしいことになります。

3.法的手段に訴えられる
ウソをついて申し込みをしてお金を借りたということで、カードローン会社はあなたを訴えることもできます。

訴えられると裁判所から訴状が届くのですが、これを無視してしまうと財産を差し押さえられるということも。

また、詐欺未遂罪、詐欺罪が認められると、逮捕されて10年以下の懲役となる恐れもあります。

ウソをついてお金を借りられたとしても、良いことはひとつもありません。

ほんの出来心が将来に大きく影響することもありますので、勤続年数が短くても正直に書くようにしましょう。

スポンサードリンク

 

勤続年数が長いのにカードローンの審査に落ちる原因

勤続年数は問題ないのにカードローンの審査に落ちてしまうということは、年収と信用情報、それから総量規制に問題があります。

年収

年収が低くても審査に通ることもありますが、やはり平均年収は超えておきたいところです。

<参考>:平均年収ランキング2017 -DODA-

信用情報

信用情報は、ローンやクレジットカードの利用状況などの信用取引の履歴情報です。

返済状況についても記載されているので、過去に返済トラブルがあるとしたら返済能力に不安があると判断されてしまい、審査に大きな影響があります。

カードローンの利用以外にもクレジットカードの口座引き落としができない、スマホの分割払いに滞納があったなどの情報も残ってしまうので、こういった経験がある方は不利な状況と言えます。

総量規制

総量規制は「年収の3分の1以上は貸せない」という貸金業法による決まりです。

年収が300万円なら100万円まで借りることができるのですが、すでにA社から90万円借りていて、あと10万円の枠の融資をB社に申し込むとすると、B社は、「すでに総量規制ギリギリまで借りているのに、また借金を重ねるということは、A社あての借金返済にB社の10万円を使うのではないか?返済能力がない人なのではないか?」と判断します。

こういった貸し倒れのリスクが高くなる場合も、審査はかなり慎重になります。

●「おまとめローン」は話が別になる
おまとめローンは複数社の借入を一本化して返済しやすくするという目的のための商品なので、すでに複数社から借り入れがあることも想定されています。また、おまとめローン専用商品は総量規制の対象外なので、年収の3分の1以上の借入も審査次第で可能です。

スポンサードリンク

 

勤続年数とカードローン審査「まとめ」

勤続年数が短いということは、それだけでカードローン審査において不利なのですが、かといって今すぐどうにかできることではないですよね。

だからこそ、他のところでカバーできるように申し込みの際に気を付けておきたいことを解説します。

融資希望限度額を欲張らない

限度額は高い方が正直助かりますが、勤続年数が短い方はあまり欲張った額を希望しない方が良いでしょう。あまりにも度を超えていると、「お金に困っている人=返済能力が低い人」と思われてしまいます。

返済を滞納しない

すでの他社からの借入がある場合は、滞納だけは絶対にしないようにしましょう。滞納履歴も信用情報に残るので、審査にかなり影響してしまいます。
カードローン以外の支払いも気を付けて下さいね。

短期間に複数社に申し込まない

勤続年数の短さで審査に通る自信がないからといって、いろいろな貸金業者に短期間に申し込むのもやめておきましょう。

短期間に複数に申し込みをして審査に落ちることを「申し込みブラック」と言うのですが、申し込みブラック状態も審査に悪影響となります。

自分では、「万が一ダメだったときのための保険」と考えていたとしても、貸金業者の方では複数から借りるということは、返済トラブルも起こりやすいと考えます。

また、悪意がある人の中には、借りれるだけ借りたお金を使い果たした後に自己破産をする人もいます。こうなると貸した方にとっては大きな貸し倒れになるので、リスクは避けたいと考え審査を通さないという結果になってしまいます。

嘘の申告をしない

収入や勤務先など、勤続年数以外のところでも嘘をつこうと思えばつくことができますよね。

でも、絶対ダメです。

嘘がバレたら言い訳しても通用しないですし、これから先のカードローン審査がますます不利になってしまいます。

スポンサードリンク

PAGETOP