カードローンの借り換えは本当にお得?

カードローンの借り換えは、毎月の返済負担が減る、合計利息が減るなどのとても大きなメリットがあります。

その反面、失敗してしまうと支払い期間が借り換え前よりも長引いてしまうというリスクもあります。

どうして、こんなことになってしまうのか、カードローンの「失敗しない借り換え」について解説していきます。

スポンサードリンク

 


カードローンの借り換えは得なのか

借り換えとは、単純に今利用しているカードローンを別の貸金業者に変えることです。

カードローンの借り換えを行う目的は、今利用しているカードローンよりも金利を下げて毎月の支払いを楽にすることなので、自分の希望にあうカードローンが見つかれば間違いなくお得です。

なお、借り換えという言葉で思いつくのは住宅ローンという方も多いと思いますが、カードローンも借り換えを行うことが可能です。

カードローンの借り換えとおまとめローンの違い

借り換えと性質が近いものに「おまとめローン」があります。おまとめローンは、複数の借入を1社にまとめることです。

消費者金融の利用は、総量規制があるため通常は年収の3分の1までしか借りることができないのですが、おまとめローン商品は総量規制対象外になっているので、高額になってしまった複数からの借入も1社にまとめることができるんです。(おまとめローンには審査があります)

おまとめローンと借り換えは、今とは違う別の貸金業者を利用するという意味では同じですが、おまとめローンは「複数の借入を一本化」するという意味なので、複数社から借入がある方が利用するものになります。

単純にA社のみからの借入をもっと金利の安いB社からの借入で返済するということなら借り換えということになります。

おまとめローンは借り換えのひとつの手段ということになりますが、アイフルのように、借り換え商品とおまとめローンを別に用意している貸金業者もあります。

スポンサードリンク

 

カードローン借り換えのメリットとデメリット

カードローンの借り換えにデメリットはあるのでしょうか?
メリットとデメリットを確認していきましょう。

カードローンを借り換えるメリット

金利が下がる

これが借り換えの大きなメリットです。
金利が下がるということは利息を減らせるということなので、毎月これまでと同じ金額を返済するだけで元金に充当される分も多くなります。

毎月の返済額を減らすことが可能

借り換えは、毎月の返済額の大きさが苦しい方にもメリットがあります。
借り換えに成功すると毎月の最少返済額を下げることができるので、返済の負担は軽くなります。

最終的な合計返済額は少なくなる

利息が安くなるので、最終的な返済合計も安くなります。毎月返済をしている最中は最終的なことまで頭が回らないかもしれませんが、合計返済額も安い方が良いに決まってますよね。

この他にも、借りやすく返しやすいカードローンを選べる、限度額が上がる可能性があるなどのメリットもあります。

カードローンを借り換えるデメリット

借り換えには審査がある

カードローンの借り換えには審査があるので、改めて申し込みをして在籍確認などを通過する必要があります。

自分にあった借り換え先を探す必要がある

これはすごく重要なことです。今よりも金利が安いところ、自分が使いやすいカードローンを自分自身で探さなければ借り換えは始まりません。

審査通過しない可能性もある

借り換えを希望するということは、確実に他社からの借入がある状態ということです。借入件数と金額は自己申告もしますが、信用情報機関への照会で必ずわかってしまいます。

すでに借金があるのに改めて申し込むということは、かなりお金に困っている人、返済能力に不安がある人と思われても仕方ないですよね。借り換えの審査は新規の審査よりも厳しいと思っておきましょう。

返済期間が長くなる、利息が大きくなってしまうこともある

借り換えを行うと毎月の最少返済額を下げることができるのですが、負担軽減のために返済額を少額にしてしまうと、支払いの期間が長くなり、気が付けば利息の負担が借り換え前よりも増えているということもあるんです。

毎月の返済額を抑えられるというメリットが裏目に出ることもあるということですね。借り換えを行う前には、現状の利息と借り換え後の利息を必ずシミュレーションしてください。

借り換えをしない方が良い人がいるって本当?

借り換えをしない方が良い人は、カードローンの借り入れ額が少ない人です。
例えばアコムの金利18%の10万円の借入を1年で返済する場合、

毎月の返済額 9,167円×11回
最終月のみ9,174円

合計返済額は110,011円、合計利息は10,011円になります。

これをプロミスの金利15%で10万円の借り換えを行って同じように1年で返済すると、

毎月の返済額 9,025円×11回
最終月のみ9,029円

合計返済額は108,304円、合計利息は8,304円になります。

せっかく借り換えを行っても合計1,707円しか違いが出ないんです。

お得であることは間違いないですが、借り換え申し込みの手間もありますし、申し込んだ記録は信用情報に残るので、万が一審査に落ちてしまったら次の申し込みが不利になってしまうリスクもあります。

住宅ローンのように借入額が大きい場合は、借り換えをすることで毎月の返済額が万単位で代わり、返済総額にも数百万円の差が出てくる場合があります。

ここまでの違いが出るから借り換えにかかる手間も惜しめますし、多少リスクがあっても借り換えは得と言われているのです。

スポンサードリンク

 

カードローン借り換えの審査は甘い?厳しい?

残念ながら、借り換えのカードローン審査は厳しい傾向にあります。

借り換えを行うということはすでに他社からの借入があるということですが、この状態がすでに不利なんです。

借金がある人に改めてお金を貸すということは、貸金業者にとっても貸し倒れの可能性が大きくなることに繋がるので、必然的に審査は厳しくなります。

ただし、貸金業者は返済能力のある人にはお金を貸したいという側面もあるので、信用情報次第で審査に通過することは可能です。

カードローンの借り換えのために準備できることはある?

審査が厳しいカードローンの借り換えのために準備できることがあるとしたら、しっかりやっておきたいところですよね。

年齢や年収のような今すぐどうにもならないことではなく、現実的な対策をご紹介します。

借り入れ件数をできるだけ少なくしておく

借り換えの場合、件数が多ければ多いほど不利になります。合計100万円を3社から借りているAさんよりも合計100万円を2社から借りているBさんの方が有利なんです。

借入件数が多いAさんは、返済能力に不安があって貸金業者が限度額を低く設定していると審査で判断されます。

逆にBさんは「限度額が高い=返済能力が高く、返済実績がきちんとしている」ということになるので、高く評価されやすいんです。

複数から借りている場合は、できるだけ完済して件数を減らしてから借り換え申し込みをした方が良いですよ。

勤続年数は長い方が良い

これは当然ですが、勤続年数は短いよりも長い方が良いです。勤続年数は1社に勤めている期間であって、仕事をしている期間とは異なります。もし転職を考えているなら借り換え後に行うようにしましょう。

返済を滞りなく行う

長期間滞納してしまうと、信用情報に事故情報として載ってしまいます。事故情報は審査にかなり不利なので、延滞だけはしないようにしましょう。

借り換えに利用できる商品を選ぶ

たとえば2社から50万円ずつ、合計100万円借りているとします。これを1社にまとめたいからといって、普通のカードローンに申し込むと審査はかなり厳しくなります。

なぜかというと、通常のカードローンだと借り換えではなく3社目の借り入れと見られるので、100万円の借金があるのにさらに借金を重ねたい人と思われてしまうから。

おまとめローンや借り換えに使える商品なら、このような状態になることはなく、「2社からの借入を1社にまとめるための申し込み」という目的をしっかり理解した上で審査を行ってもらえます。

スポンサードリンク

 

借り換え専用のカードローン一覧

●アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローン
限度額:300万円
金利:実質年利7.7%~18.0%
返済期間と返済回数:借入日から最長13年7ヵ月/2~162回

●アイフル かりかえMAX、おまとめMAX
限度額:800万円
金利:実質年利3.0%~17.5%
返済期間と返済回数:最長10年(120回)

●プロミス おまとめローン
限度額:300万円
金利:実質年利6.3%~17.8%
返済期間と返済回数:最終借入後最長10年/1回~120回

●レイクALSA 完済応援プラン(借換えプラン)
限度額:300万円
金利:実質年利13.00%~17.00%
返済期間と返済回数:最長8年 1~96回

ここまでは大手消費者金融の借り換えプランですが、金利がそこまで低くはありません。

ただし、借り換えプランには、現在総量規制ギリギリまで借入がある人でも借り換えが目的ということを審査の際に考慮してもらえるというメリットがあります。

●オリックスVIPフリーローン 貸金業法に基づくおまとめローン
限度額:800万円
金利:実質年利3.0%~14.5%
返済期間と返済回数:最長8年/96回

●じぶん銀行 借り換えコース
限度額:800万円
金利:実質年利1.7%~12.5%
じぶんローンは三菱東京UFJ銀行とKDDIの共同出資で運営しているネット銀行です。
上限金利が12.5%とかなり低く、通常の銀行カードローンよりもお得に利用可能です。

ただし、借り換えコースを利用するにはau IDへの登録が必須なので、auユーザーであることが前提になります。また、限度額が最低でも100万円を超えないと利用できません。

審査の結果、100万円以下となった場合は、借り換えではなく、金利2.1%~17.4%の「誰でもコース」になってしまいます。条件はあるものの、借り換えのコースの金利の低さは見逃せないですよ。

●みずほ銀行カードローン
限度額:800万円
金利:実質年利2.0%~14.0%

みずほ銀行カードローンは借り換え専用ではありませんが、金利の低さが魅力的です。

銀行カードローンの上限金利は15.0%が平均と言われていて、三菱UFJ銀行カードローンは14.6%、三井住友銀行カードローンは14.5%です。

みずほ銀行カードローンの上限金利は、数ある銀行カードローンの中でもかなり低い方と言えます。

スポンサードリンク

PAGETOP