SMBCモビットの自動契約機(無人契約機)でお金を借りる

SMBCモビットの自動契約機(無人契約機)でお金を借りる
SMBCモビットの自動契約機(無人契約機)からお金を借りたい方のため、現地に行く前の準備、手続き方法と注意点や金利や限度額、即日融資方法などを紹介します。


SMBCモビットの自動契約機(無人契約機)に行く前に行うこと

SMBCモビットの自動契約機(無人契約機)に行く前に必要な書類と営業時間、最寄りの自動契約機の場所を調べておきます。ここをきちんと行ってから自動契約機に行かないと二度手間になってしまうので、特に融資を急いでいる方は気をつけましょう。

SMBCモビットの申込条件を満たしているかを調べる

SMBCモビットへ申し込みできるのは「満20歳以上69歳以下の安定した収入がある人」です。アルバイトや派遣社員、自営業も含まれます。

全く収入がない専業主婦、仕送りだけで生活している学生などは対象とされません。条件を満たせば、保証人や担保なしでお金を借りることができます。

必要書類を準備しよう

必ず必要となる書類は、本人確認書類です。現住所が書かれている運転免許証もしくはパスポートを使えば確実でしょう。収入証明書類は、希望金額によって必要とされるケースがあります。

直近2ヶ月分の給与明細もしくは所得証明書、確定申告書、源泉徴収票などがあれば大丈夫です。

SMBCモビットの自動契約機(無人契約機)の場所や営業時間を調べておく

最寄りのローン申込機の場所は、SMBCモビットのホームページから検索できます。地図や最寄りの施設から、アクセスしやすい場所を調べましょう。

SMBC モビット ローン申込機 設置場所検索

表示された候補の中から行きたい場所の名前をクリックすると、住所・アクセス・営業時間が表示されます。基本的には8:00〜21:00営業なのですが、平日・土日・祝日で変わってくるケースもあるため、最新情報を調べておくと安心です。

SMBCモビットの自動契約機(無人契約機)でお金を借りる方法

SMBCモビットの自動契約機
SMBCモビットの自動契約機(無人契約機)は「ローン申込機」と呼ばれるものです。

借入はできないので、カード発行までを機械経由で行った後に本審査結果の通知を待って、最寄りのATMからキャッシングを行います。申し込みからお金を借りるまでの流れをステップごとに見ていきましょう。

モビットカードの申し込み

最寄りのローン申し込み機に行き、中に入って手続きします。ATMのような機械と電話、パンフレットなどが置かれているのが通常です。

自動契約機のタッチパネルに触れると「ご来店ありがとうございます」のメッセージ、手続きを開始できるボタンが表示されます。

手続きスタートを選択して、始めてのお申し込みを選択しましょう。契約内容や商品説明をよく読んで、フォームの入力へと進みます。聞かれる主な内容は、以下のような項目です。

生年月日・氏名・性別・メールアドレス・携帯電話番号・自宅住所
勤務先情報・年収・契約希望額・他社借入状況

入力を終えて送信すると、本人確認書類を提出するように表示されます。申込機に身分証をセットすればスキャナで読み取りできるので、全く手間はかかりません。

収入証明書を合わせて提出しておくと、審査結果に反映されます。画面の指示に従って、本人確認書類と同じように手続きしましょう。

モビットカード発行

入力した内容に従って簡易審査が行われて、カード発行がなされます。この時点ではまだカードを使えるわけではなく、電話による確認から本審査、結果通知を受けて始めて借入できる仕組みです。

スムーズに進めば、SMBCモビットの場合、申込から30分で結果の通知までを終わらせることもできます。正しく申告することが審査を問題なく終わらせるポイントになるため、正直な内容を入力しましょう。

モビットカードが使えるATMから借入

審査通過の連絡を受けたらすぐにカードが使える状態になるので、最寄りのATMからお金を借ります。ATMは、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、主要なコンビニエンスストア、イオン銀行、ゆうちょ銀行などが使えます。

一部の地銀や信用金庫、駅のATMでもカード利用ができるので、どの地域にお住まいでも不便することはありません。

モビットカードが使えるATM一覧

急いで借りたい方は事前にネット申込み!カード受取だけを自動契約機で


パソコンやスマホから入力することに抵抗を感じない方だったら、申し込みをオンラインで行い、カード受取だけを申込機で行う方法も検討できます。

SMBCモビットの自動契約機の前で、審査が終わる時間を待っているより、事前に申し込んでから自動契約機に向かったほうが、待ち時間も少ないし、融資までの時間短縮になります。

インターネット申し込みからカード発行までの手順を確認しておきましょう。

パソコン・スマホから事前に申し込み

パソコンやスマホ、携帯電話からSMBCモビットのホームページにアクセスすると「カード申込」と「WEB完結申込」と2つの入り口が見つかります。

申込機でカードを受け取る方法は「カード申込」になるため、間違えずにクリックしましょう。ひと通り情報を入力すると「簡易審査結果を確認」ボタンが出てきます。ここをクリックすることで、融資可能かどうかの大まかな目安を確認しましょう。

そのまま追加情報を入力するとSMBCモビットの本審査へと進めます。家族構成、就業形態、勤務先情報などを聞かれるので、正しく入力してください。全て入力を終えると審査結果を調べる時に必要なIDが表示されます。表示されたIDはスクリーンショットをとる、紙にメモするなどして保管ください。

急ぎの場合はSMBCモビットのコールセンターに電話

ここでワンポイントアドバイスです。とにかく急ぎでお金を借りたい人は、SMBCモビットのコールセンターに連絡しましょう。

本審査の申し込みを行ったこと、なるべく早くお金が必要なことを伝えておくと、優先的に処理してもらえることがあります。営業時間は9:00~21:00までです。

審査結果が分かったらカード受取に行くことまで考えて、早めの手続きをお進めします。

電話の中で本人確認書類、所得証明書の提出を求められるので、用意しておいたものを送付しましょう。送付方法は、スマホアプリ経由が便利です。スマホのカメラで撮影したものをそのまま送信するだけで、書類提出が完了します。

審査結果の通知から入会手続き

メールもしくは電話で本審査結果を受け取ったら、入会手続きを行ってください。受取方法「申込機」を選択すると、手続きを終えた時に「予約番号」をもらえます。

この番号は、申込機でカードを発行する際に使うもの。契約・入会手続きはこの時点で完了なので、カードを取りに行きましょう。

ローン申込機でカードを発行しATMで即日融資

SMBCモビットの申込機の画面にタッチすると「初めてのお申込」の横に「カードの受取」ボタンが出てきます。

このボタンにタッチすると予約番号の入力画面に移るため、もらった番号を入れてください。名前、生年月日の入力、本人確認書類のスキャンが終わるとカードの暗証番号を設定するように言われます。

これからずっと使っていく番号なので、他人には分からない・自分には覚えやすいものに設定しましょう。

とくに問題がなければ、すでに使える状態のモビットカードが発行される流れです。その足ですぐに提携ATMに行き、お金を借りることもできます。

現地で行う作業は、数分あれば終わるはずです。自動契約機の中にいる時間をなるべく短くしたい方に非常に適した方法と言えます。

SMBCモビットの自動契約機(無人契約機)を使うメリット・デメリット

一連の流れを見てきたところで、SMBCモビットの自動契約機を使ってカード発行、お金を借りる方法のメリットとデメリット、どんな方におすすめかを紹介します。

メリット1:土日でも即日融資を受けられる

SMBCモビットは、業界内でも比較的審査が早い消費者金融として知られています。

自動契約機も審査も土日を含めて営業しているため、午前中の早い段階で申し込みを行えば、その日のうちにお金を借りることもできます。

裏を返すと、他の方法では、即日融資を受けられないリスクがあるので気をつけましょう。

たとえば、WEB完結申込は、指定金融機関に口座を持っていることが条件かつ口座振替の対応時間に左右されます。

土日に審査が通過して契約できても、実際に入金を確認することができるのは翌営業日ということです。お金をなるべく早く借りたい方にとっては、自動契約機の利用が便利でしょう。

メリット2:カードの郵送を待つストレスがない

家族に内緒で申し込みする方にとって「いつカードが届くのか」と不安に思いながら待つ時間はストレスです。自分のタイミングで自動契約機に出向きカードを受け取る方法なら、カードが見つかる心配はありません。

なお、カードが郵送されることはないとは言っても、契約内容が書かれた書類や会員規約、口座振替依頼書などいろいろな書類は自宅に届いてしまいます。

絶対に郵送物は困る、という方は、 SMBCモビットのWEB完結申込がおすすめで、カードレス・郵送物なし・職場への電話連絡なしで申し込めます。

メリット3:三井住友銀行内の契約機からも手続きできる

三井住友銀行内の契約機
モビットのローン申込機は全国に400台あまりしかなくて、不便に感じていた方もいるはずです。

2017年10月からは、三井住友銀行のローン契約機でも申込、カード受け取りができるようになって、なお便利になっています。

ご存知ない方のためにちょっと説明しておくと、モビットがSMBCグループ傘下に入ったのは2014年あたりのこと。2017年12月には会社名を「株式会社 SMBC モビット」に変更して、グループの一員としての位置づけを明確にしようとしています。

今後は、モビットのローン申込機を廃止、三井住友銀行のローン契約機に統一する流れとのこと。いかにも「消費者金融」というローン申込機に抵抗を感じていた方も、安心して手続きできる仕組みが整います。

デメリット1:人目が気になる方には不向き

ローン申込機内はプライベート空間になっていて、プライバシーが確保されます。それでも、入るところを知り合いに見られてしまったら、言い逃れはできません。誰にも知られずにお金を借りたい方にとっては、大きなリスクと考えられます。

三井住友銀行内のブースで手続きできるようになったとは言え、リスクが軽減されるわけではありません。

街中で目撃されるより、銀行内で知り合いに会う確率の方が高いとも考えられます。そもそもお金を借りる人でなければ用がない場所に行き、手続きしなくてはいけないことを理解しておきましょう。

デメリット2:在籍確認ができないと審査が長引く

平日の帰宅途中、土日に手続きする場合、会社の在籍確認がとれないと本審査が進みません。在籍確認とは、申告された勤務先に確かに在籍していることを確かめることを指します。

本人が出なくても社内に誰かがいて「○○は帰宅いたしました」「本日は休みをとっております」など答えてくれたら良いのですが、残業や休日出社を強制するわけにもいきません。

即日融資可能といってもクリアしなくてはいけない関門がたくさんあるので、計画的な申し込みをおすすめします。

※自動契約機を利用しない借り方で、WEB完結申込みを選べば、職場への電話連絡ナシで申込めます。

SMBCモビットカードローン金利や限度額、審査時間など

自動契約 機営業時間 8:00~21:00
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 1万円~800万円
即日融資 可能
本審査完了 最短30分
WEB完結
電話連絡・郵送物 なし
カードレス
土日祝日 融資可能。24時間365日申込可
審査に申込める方 満20歳~69歳の安定した収入のあり、SMBCモビットの審査基準を満たす方。
アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も申込みOKです。
担保・保証人 不要

 

スポンサードリンク

PAGETOP