カードローンに保証人は必要?保証人と連帯保証人の違い

お金を借りるときには保証人が必要というイメージがありますが、カードローンの申し込みに保証人を立てないといけないのでしょうか。

また、保証人と連帯保証人に違いはあるのでしょうか?

カードローンと保証人について、徹底解説していきます。

スポンサードリンク

 


カードローンに保証人は必要か?

結論から言うとカードローンの申し込みに保証人は不要です。

プロミスレイクALSAアコムなど各消費者金融などのネット申し込みフォームを見るとわかりますが、保証人の名前を記入する欄はどこにもないんです。

そもそも消費者金融と信販系カードローンは自社が保証会社の役割も担っていて、銀行は保証会社に委託をしているので債務者が保証人を用意するは必要ないのです。

返済が滞ったら保証会社は何をするの?

返済が長く滞るなどの債務不履行に陥ると、保証会社は返済を肩代わりして金融機関に返済を行います。

債権は金融機関ではなく弁済者(この場合は保証会社)に移るので、督促は保証会社からくるようになります。

保証会社は借主の代わりに返済を行いますが、あくまでも代わりに返してくれるだけで借金がチャラになるわけではなく、督促は続きます。
この代理の弁済のことを「代位弁済」と呼びます。

代位弁済が行われると、使用していたカードローンは解約されることとなり、追加融資はできません。

また、代位弁済したという情報は事故情報になるので、信用情報機関に一定期間記録が保有されることになります。

カードローンに保証人が不要な理由

ドラマの影響も大きく、「借金=保証人は必須!」という印象が強いのですが、そもそもなぜカードローンに保証人は不要なのでしょうか。

お金を借りるのに保証人が要らない理由をまとめます。

保証会社の役割も兼ねているor保証会社に委託しているから

これがとても大きい理由になるのですが、そもそも消費者金融と信販系は自社が保証会社としても機能しますし、銀行は保証会社に委託しています。
なので保証人も担保も不要なのです。

信用情報機関に照会をかけて審査を行っているから

消費者金融、銀行カードローンに申し込みをすると、かならず信用情報機関に問い合わせが行われます。

信用情報には他社からの借入状況・返済状況、クレジットカードの利用状況、事故情報など信用取引に関することが記録されています。

これらを確認することで、返済能力がなさそうな人はそもそも審査に通さないという選択を行い、貸し倒れのに陥る可能性を下げているのです。

小口融資なので貸し倒れのリスクが低いから

消費者金融や銀行カードローンで借りることができる金額は住宅ローンや自動車ローンと比べると小口融資になります。

特に初回利用の際の限度額は数十万円に設定されることが多いようです。つまり、返済可能な分しか貸さないということで、万が一の可能性で貸し倒れがあってもそこまでのダメージではないのです。

銀行カードローンの審査には保証会社が関わっている

消費者金融は自社が保証会社を兼ねるので、必然的に保証会社も審査に加わることになりますが、銀行カードローンはどうなのでしょうか。
 

主な銀行カードローン 保証会社
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック アコム株式会社
みずほ銀行カードローン 株式会社オリエントコーポレーション
じぶん銀行 じぶんローン アコム株式会社
セブン銀行カードローン アコム株式会社
オリックス銀行カードローン オリックス・クレジット株式会社
新生フィナンシャル株式会社

 
実は、銀行の保証会社は消費者金融が担っていることが多いんです。

銀行カードローンの場合は保証会社も審査に関わっているので、銀行カードローンに申し込んだのに、審査は消費者金融が行っているということもありえます。

保証会社で銀行カードローンを選ぶとしたら?

保証会社は審査に関わっているので、逆に考えると、すでに消費者金融を利用していてきちんと返済を行っている場合は、その消費者金融が委託されている銀行カードローンを選ぶと審査に通る確率が高くなると言えます。

また、オリックス銀行カードローンのように保証会社が複数ある場合は、どれか1社に通れば良いんです。
2社だからといって審査が厳しくなるわけではなく逆に審査に通るチャンスが増えると考えることができます。

スポンサードリンク

 

保証人と連帯保証人の違い

保証人も連帯保証人も債務者に代わってお金を返す義務があるということはなんとなくわかりますが、実はかなり大きな違いがあるんです。

債務者に「保証人になってくれない?」と言われて、名前を貸すだけなら・・・という軽い気持ちで印鑑を押したのが実は連帯保証人だった場合、自分が思っていたよりも、その責任ははるかに重くなります。

保証人と連帯保証人にはどんな義務があってどう違うのか、詳しく説明します。

保証人と連帯保証人に違いはあるの?

保証人も連帯保証人も、借主が返済できなくなってしまったときに代理返済する義務があるという立場であることは同じです。

しかし、連帯保証人が「債務者と同等の義務を負う」ことに対して、保証人は「どうしても債務者が返済できないときに代理で返済をする」ことになります。

保証人よりも連帯保証人の方が責任が重いのです。

まずは「保証人」から解説します。

保証人とは?

保証人も連帯保証人も債務者の肩代わりをする責任があることは同じなのですが、保証人には3つの権利が認められています。

1.催告の抗弁権

債権者に対して、債務者に十分な請求を行うように求めることができる権利になります。

もし債権者が保証人にいきなり返済を求めるようなことがあったら「先に債務者にしっかり返済を求めて下さい」といった主張をすることが可能です。

2.検索の抗弁権

保証人に返済を求めてきた場合に、「まずは債務者の財産差し押さえを行って下さい」と言える権利です。

3.分別の利益

保証人が複数いる場合、借金総額を頭数で割った金額のみ支払い義務が生じます。

例えば、1000万円の借金に対して保証人が5人いたとします。この場合、それぞれに1000万円を支払う責任があるのではなく、ひとりひとりの支払い義務は頭数で割った金額である200万円ということになります。

保証人にはこれらの3つの権利が認められていることから、連帯保証人よりも責任が少ないのです。

連帯保証人とは?

連帯保証人と保証人の最大の違いは保証人に認められている3つの権利が連帯保証人には認められていないことです。

ということは、貸金業者が連帯保証人にいきなり返済を要求してきても「まずは債務者に請求すべきではないですか?」とも言えません。文句が言えないのです。

債務者に財産があって、そこから返済できるはずなのに連帯保証人が返済を求められた場合も、「差し押さえをすれば払えるはずだから債務者に返済を求めて欲しい」とは言えません。

連帯保証人には財産と言えるものがなくて、債務者にたくさんの財産があったとしても、連帯保証人が返済を求められたら払わないといけないのです。

さらに、連帯保証人が複数人いたとしても返済する金額は頭割りにはならず、ひとりひとりに全額返済する義務があります。

保証人と比べると連帯保証人は不利益を被りやすいのですが、債権者にとっては保証人よりも連帯保証人の方が都合が良いことになります。

そのため、事業性資金の貸し付けや住宅ローンの場合は、ほとんどが保証人ではなく連帯保証人を求められることになります。

保証人・連帯保証人は解除できるの?

連帯保証契約を1度結んでしまうと、そう簡単には解除できません。賃貸契約の場合の連帯保証人で考えるとわかりやすいと思います。

例えば、彼女が賃貸契約をするために彼氏が連帯保証人になったとします。でも付き合いは数か月で終わってしまい、賃貸物件には住み続けてるけど分かれてしまったとします。

こんな場合に、貸主に「彼女とはもう付き合いがないから連帯保証人をやめます」と言われたとしても、貸主は困ってしまいますよね。

こういった可能性があることを、保証人・連帯保証人契約する前にしっかり考える必要があるのですが、なかなか断れない場合もあると思います。

連帯保証契約を解除するには、貸主と合意する必要があります。
簡単に言うと、貸主が「連帯保証人を解除してもいいよ」と言ってくれれば解除ができるわけです。

ただし債権者が無条件で連帯保証契約解除に合意してくれる可能性はとても低いと思います。
連帯保証人がいなくなると貸し倒れが発生するリスクが上がるわけなので、債権者としては連帯保証人が必要と考えるのはごく普通のことなのです。

債権者の合意を得るためには、

・別の連帯保証人を用意する
・一定額のお金を用意する

などの方法がありますが、いずれの場合も債権者との話し合いとなります。

債務者・連帯保証人が死亡したらどうなるの?

債務者と連帯保証人のどちらかが死亡した場合、それぞれの支払い義務はどうなってしまうのでしょうか?

債務者が亡くなり相続した場合

まず、債務者本人がなくなっても返済義務が自動的に消滅するということはありません。誰かが返済を続ける必要があるのです。

亡くなった債務者に法定相続人がいる場合、相続人は財産も負債も相続をすることになるので、相続放棄をしなければ借金の返済義務も法定相続人に引き継がれます。

連帯保証人の責任・義務は変わりません。主債務者となった法定相続人の連帯保証人という形を担うことになります。

法定相続人が相続放棄した場合

法定相続人が相続放棄をして相続人に返済義務がなくなったら、連帯保証人はどうなるのでしょうか?

残念ながら相続放棄をしたとしても、保証契約に基づいている連帯保証人の返済義務がなくなることはありません。

つまり、連帯保証人だけが返済義務を負うことになるのです。

この責任から逃れるには、主債務者・相続放棄した相続人に変わって完済するか、債務整理を行って連帯保証契約を終了させる必要があります。

法定相続人が連帯保証人だったら?

法定相続人が連帯保証人である場合は、相続放棄をしなければ主債務者としての返済義務が生じます。
相続放棄をしたとしても、連帯保証人としての返済義務は残ります。
払えないときには債務整理が必要になる場合もあります。

連帯保証人が死亡した場合は?

連帯保証人が亡くなった場合も、連帯保証契約が自動的に消滅することはなく、誰かが引き継ぐことになります。

通常は亡くなった連帯保証人が夫なら妻が引き継ぎます。その次は子供となります。

しかし連帯保証契約があることを知らずに相続してしまうことも実際にあります。

こういった場合は、3か月以内であれば相続放棄をすることが可能です。

ただし放棄をするとすべての相続権がなくなることになるので、プラスの遺産も放棄してしまうことになります。

これまでの返済状況や残りの返済額を債権者と相談して判断する必要があります。

連帯保証人を引き継ぐのはイヤ!でも財産は欲しい場合

連帯保証人が死亡して自分が財産も連帯保証契約も相続するという立場のとき、連帯保証人になるのがイヤだからといって相続放棄してしまうと、財産まで放棄してしまうことになるのは大きなデメリットですよ。

しかも債務者本人は親が知人だっただけの自分がまったく知らないおじさんという場合もあり、どうして知らない人の借金を保証しないといけないのか意味が分かりませんし、なんだか腹が立ってきます。

しかし、相続放棄をせずに連帯保証人契約だけを放棄することはできません。相続放棄をしなければ連帯保証人になってしまうのです。

財産は相続したいけど、連帯保証人になるのだけはイヤ!という場合は、債務整理を行うことで連帯保証契約を終了させることができます。

自分の借金でもない、知らない人の借金のためになんでここまで(怒)と、ますます腹が立ちますが、連帯保証人という契約はここまで責任が重いものなんです。

1度契約してしまうと自分だけでなく、家族にも影響するということを覚えておきたいですね。

連帯保証人が立て替えた金額は返還要求できる

民法442条、459条などに定められている「求償権」によって、連帯保証人が債務者に代わって立て替えた金額は返還請求することが可能です。

債権者に払った金額だけでなく、連帯保証人契約解除のために使った金額も返還請求できます。

しかし、代理返済をしているということは債務者に支払い能力がないということなので、請求しても全額返ってくる可能性は低いかもしれませんね。

ただ求償権では法定利息を5%つけることができるので、債務者がきちんと返済してくれる人であれば、連帯保証人が支払った金額以上のお金が戻ってくる場合もあります。

連帯保証人の責任はやっぱり重い・・・

保証人と連帯保証人の違いを見てきましたが、やはり連帯保証人の方が責任がとても重いですね。

連帯保証人になるということは、ある意味「自分が借金をすること」と言えます。

債務者本人は連帯保証人をつけないとお金を借りることができないので、「名前を借りるだけだから」などといかにも簡単なことであるように言ってくるかもしません。

しかし、1度連帯保証人になってしまったら、いざというときには確実に責任を負わされることは間違いのないことです。

債務者が親戚でも親友でも、万が一という可能性は否定できないので、連帯保証人になるならその覚悟は必要でしょう。

あまり人を疑いたくはないのですが、債務者本人が「絶対大丈夫だから連帯保証人になって!」と言っても、実際は何があるかわからないものです。

あまり想像したくないですが、連帯保証人になってしまうと自分が死亡した後にも影響してしまいます。

判をつく前に、債務者が借金を返済できなくなったときに、自分が代わって返済する責任を果たせるのかをしっかり考える必要があります。

保証人不要のメリットとデメリット

保証人が必要ないことにデメリットは無いような気もしますが、実際はどうなのでしょうか。

保証人不要のメリット

手続きが簡単

保証人が必要な場合、保証人の自筆や押印が必要な書類があったり、所得証明書が必要な場合もあります。
こういったことを頼むのも申し訳ないですし、手続きにも大変な手間がかかります。
申し込み時に保証人の記入欄にミスがあったら二度手間になることも。

カードローンを利用していることがバレにくい

保証人が必要だと、少なくとも保証人には借金していることがバレますし、保証人が誰かにしゃべったら、あなたが保証人になってもらって借金をしていることがあっという間に周りに広まってしまうでしょう。

消費者金融などのカードローンは、本当に誰にも知られずに利用できるので、家族にすら知られずに借り入れをすることも可能なのです。

保証人が必要なローンよりも審査が甘い

保証人が必要なローンはとても高額であったり、金利が低いという場合が多いです。そのため、保証人不要のカードローンなどよりも審査が厳しくなります。

返済が滞ったときに家族や周囲に迷惑がかかりにくい

保証人を立てた場合、万が一返済が滞ったら保証人に直接催促がいきます。そのための保証人なのでしょうがないのですが、大迷惑がかかってしまいます。

保証人不要のカードローンの場合は、どんなに滞納しても支払い義務があるのは自分だけなので、家族や他の人に督促がいくことはありません。

保証人不要のデメリット

返済は全て自己責任

保証人がいようといまいと借金は全て自己責任ですが、保証人がいないカードローンはどんなに返済が苦しくても自分で払いきる責任があります。
保証会社の代位弁済が行われても、債券が貸金業者から保証会社に移るだけで返済の義務は変わらずついてきます。

審査通過は自分の属性次第

保証人が必要な場合は、申込者本人の返済能力に多少不安なところがあっても保証人がいることだけで審査に通過することもあります。
筆者が知っている例ですが、すでに借金がある人が高額のローンに申し込んだ際に本人だけでは審査に通せないけど、親が保証人になれば通せると言われたことがありました。その人の親は学校の先生だったので、信用度が高かったのでしょうね。

保証人不要のカードローンの場合、限度額・金利・審査通過は全て本人の収入、勤続年数などの属性次第ということになります。

金利が高く限度額が低い

保証人不要のカードローンは個人の信用に対してお金を貸すので、どうしても限度額は個人が返済可能な範囲になります。
また、貸し倒れのリスクを下げるために、その分だけ金利が高くなってしまいます。

他人にバレない保証はない

もちろん、勤務先への在籍確認の電話では会社名ではなく個人名を名乗るなど、バレないような配慮は行ってもらえますが、誰にもバレないわけではありません。

保証人が必要な場合は、もともと借金してることが知られているので、保証人以外の人にバレてもひどく揉めたりする可能性は低いと言えるでしょう。

スポンサードリンク

PAGETOP