プロミス カードローンの借り方 審査から融資までの流れ

プロミス カードローンの申し込み方法と、審査から借り入れを始めるまでの流れをご紹介します。プロミスの金利や限度額、無利息サービス、お金の借り方も簡単にご説明しますので、プロミスの利用方法を把握しておきましょう!


プロミス カードローン「基本情報」

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 500万円まで
即日融資 可能※最短1時間融資
審査時間 最短30分回答
無利息サービス あり。30日間無利息
WEB完結
カードレス・郵送物なし
土日祝日 融資可能。24時間365日申込可
審査に申込める方 年齢20歳以上、69歳以下で安定した収入のある方、プロミスの審査基準を満たす方(※主婦・学生・派遣社員・契約社員・パート・フリーターの方でも安定した収入があれば申込可能)
担保・保証人 不要

 

プロミス カードローンの借り方・申し込み方法は5つ

・Webからの申込み
・自動契約機からの申込み
・プロミスコールからの申込み
・お客様サービスプラザ(店頭窓口)からの申込み
・郵送での申込み

簡単に利用できるのはWebからの審査申し込みで、スマホを活用したプロミスの「アプリローン」ならカードも不要、来店も不要でセブン銀行での入出金が可能になります。

Web申込み・アプリローン

来店不要の審査申し込み方法です。

1.ネットで申し込みします
 ↓
2.一次審査が完了したら電話がきます。申し込みに必要な残りの項目を口頭でヒアリング
 ↓
3.Webで契約手続きを行います
 ↓
4.審査後、電話かメールで契約可能額のお知らせがあります
 ↓
5.契約・融資開始!
 ↓
6.カードの発行(郵送)

来店なしでプロミスと契約手続きをする場合は、必要書類をスキャナや携帯カメラで画像にして送信します。画像はスマホアプリからも送信できます。

プロミスはカードレスでも利用が可能で、カードが不要な場合は「5」で手続き完了です。

●カードはあった方が良いの?
借り入れは振り込みのみ、返済も口座振替が基本になる方はカードは不要です。プロミス提携ATMなどで借り入れをしたい方、いつどのような形でプロミスを利用するかハッキリ決めていない場合はカードがあった方が便利です。

カードレスでの借り入れは指定の口座への振り込み、返済は口座からの振り替え返済になりますが、プロミスATMならカードなしでも返済は可能です。

また、スマホのプロミス公式アプリ+セブン銀行なら、カード不要で借り入れも返済も可能です(アプリローン)。カードをお財布に入れておくのがイヤな方には便利なサービスですね。

●店舗で契約するメリット
申し込みはネットで、契約はプロミス店舗に来店して行うことも可能です。必要書類を持参しないといけないので事前に準備が必要ですが、カードの発行と借り入れまでその場でできるようになるところが便利ですね。

プロミス自動契約機からの借り方・申込み

誰にも会わずに最短30分で契約まで進めるところがプロミス自動契約機のメリットです。

1.必要書類を持って自動契約機へ来店
 ↓
2.申し込み・審査。審査中はプロミスの利用方法がビデオで流れます
 ↓
3.審査結果のお知らせ・契約
 ↓
4.カードの発行
 ↓
5.借り入れ開始!

必要書類さえ揃えておけば、自動契約機に1回足を運ぶだけで借り入れができるようになります。

名前、住所などの情報入力はタッチパネルでできるので、パソコンのキーボード操作が苦手な方でもスムーズに手続きを進めることができます。

プロミスコールからの申込み

プロミスコールからの申し込みは、電話申し込みになります。

1.フリーダイヤルに電話をして申し込み
 ↓
2.審査後、契約可能額の電話連絡があります
 ↓
3.必要書類を持って自動契約機へ来店
 ↓
4.カードの発行
 ↓
5.借り入れ開始!

電話で申し込みをして、審査結果がでたらプロミスの自動契約機に来店して契約する方法です。カードの発行を急いでなければ、来店せずに郵送でプロミスと契約を済ませることも可能です。

お客様サービスプラザ(店頭窓口)からの申込み・借り方

1.必要書類を持ってプロミス店舗に来店します
 ↓
2.審査後、契約可能額の回答
 ↓
3.契約とカードの発行
 ↓
4.借り入れ開始!

契約前に相談したいことがある場合などに便利ですが、受付時間が平日10:00~18:00のみになります。

郵送での申込み・借り方

1度も来店することなく申し込み・契約・借り入れができますが、書類の送付や受け取りが必要になるのでいちばん時間がかかります。

1.申込書に記入して、必要書類と一緒に送付します
 ↓
2.審査の実施・審査結果の電話連絡
 ↓
3.契約書とカードが届きます
 ↓
5.借り入れ開始!

プロミスの申込書はネットでのダウンロードも可能です。

プロミスの場合、どの申し込み方法がいいの?

インターネットでの手続きに抵抗がない方でしたら、プロミスの場合、ネットからの審査申し込みがいちばん手軽です。

ネット申し込みはなんだか面倒に感じる方、その日のうちにカードまで欲しい方はプロミスの自動契約機がオススメです。

プロミスの30日間無利息サービス

プロミスの場合、ある条件を満たすと30日間無利息でお金を借りることができます。

・プロミスをはじめて利用する方
・メールアドレスを登録した方方
・プロミスホームページで書面(WEB明細)」を選択した方

他の大手消費者金融のアコムやアイフルも30日間金利0円サービスを行っていますが、これらは契約日の翌日から30日間です。

ですので、契約してから借入まで日数があると、その分、無利息期間が短くなってしまいますが、プロミスの場合は借り入れ日から30日間です。

つまり、プロミスの場合は契約から借入まで日数があっても、その分、無利息期間が短くなることはありません。

プロミスの審査に必要な書類は?

プロミス カードローンで絶対に必要な書類は「本人確認書類」です。また、「収入証明書類」が必要になる場合もあります。

本人確認書類とは?

基本的には運転免許証かパスポートがあれば大丈夫です。ない場合は、健康保険証+1点になります。

「+1点」はコチラ。
・住民票
・納税証明書
・社会保険料の領収書
・国税または地方税の領収書
・電気料金、水道料金、ガス料金などの公共料金の領収書
(※いずれも発行から6か月以内のもの)

どれもいつでも手元にあるものではないので、運転免許証かパスポートが無い場合は早めに用意しておきましょう。

収入証明書

収入証明書とは

・最新の源泉徴収票
・最新の確定申告書
・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
 ※賞与がない場合は直近2ヶ月の給与明細書だけでOK

になります。

収入証明書は必ず必要になるものではなく、

・希望の借入額が50万円を超える場合
・希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合

のみ必要になります。

審査通過後、お金の借り方は2種類

無事に審査も通って契約が完了したら、あとはもう融資を受けるだけなのですが、プロミスは「振り込み」と「引き出し」の2通りの方法で借り入れができます。

・振り込み…振り込み依頼をして、指定の口座に入金してもらう方法です。いつも使っているキャッシュカードで引き出すことができます。

・引き出し…プロミス窓口やATMに直接行って、現金を引き出す方法です。

プロミス「振り込み」借り方

●ネットで振り込み依頼をする
パソコン、スマホ、ケータイからプロミスインターネット会員サービスにアクセスして振り込み依頼の手続きをします。手続きはとても簡単なので、最短10秒で依頼が完了します。

振り込まれるタイミングはお使いの口座によって変わります。

★三井住友銀行・ジャパンネット銀行の場合

<月~金・土・日・祝日>
受付時間0:00~24:00(24時間受付) 受付完了から10秒程度で振り込み

三井住友銀行とジャパンネット銀行の場合は、「瞬フリサービス」が利用できるので、24時間申し込みができて、受付完了から10秒程度で振り込まれます。

ただし、
・毎週月曜日0:00~7:00はサービス停止
・毎週日曜日21:00~翌月曜日7:00はサービス停止(三井住友銀行のみ)
・元日は終日サービスを停止
などのサービス停止期間があるので、余裕を持って申し込みしておきましょう。

★その他の金融機関の場合
<月~金>
0:00~9:00の申し込み 当日9:30頃の振り込み
9:00~14:50の申し込み 受付完了から10秒程度で振り込み
14:50~24:00の申し込み 翌営業日9:30頃の振り込み
土・日・祝日>
<0:00~24:00の申し込み 翌営業日9:30頃の振り込み

その他の金融機関でも平日9:00~14:50の申し込みなら、プロミスの場合10秒ほどで入金してもらえます。今すぐに現金は要らないけど、クレジットカードの支払い日が今日なのに口座にお金がないようなときに便利ですね。

●電話で振り込み依頼をする
フリーダイヤルに電話をして振り込み依頼をします。24時間受け付けていますし、電話をするだけなのでとても簡単です。

●三井住友VISAプリペイドでチャージ依頼をする
三井住友VISAプリペイドは、Visaカードが使えるお店で利用できるVisaのプリペイドカードです。事前に三井住友VISAプリペイドの会員登録しておいて、プロミスの振込キャッシングで三井住友VISAプリペイドにチャージすることで、店舗で三井住友VISAプリペイドを利用できる仕組みです。

事前登録は無料でできますし、プリペイドなら使いすぎることもありません。
カード払いになるのでキャッシュレス、クレジットカード感覚で利用できるところもスマートです。

プロミス「引き出し」借り方

直接現金が必要な場合は引き出しが便利です。

引き出しは、プロミスの窓口、プロミスATM、提携ATMを利用することができます。

●プロミス窓口
窓口は日本全国に設けられています。
プロミス公式サイトから確認できるので検索してみて下さい。

●プロミスATM
プロミスATMも日本全国にあります。
プロミス公式サイトの店舗検索窓口と同じところから検索できます。

●提携ATM

・三井住友銀行ATM

メインの提携ATMになります。手数料がいつでも無料なのが大きなメリットですが、地方にはないことも多いです。

・ゆうちょ銀行、E-net、ローソンATM、セブン銀行

コンビニATMでも利用できるのでとても手軽なのですが、手数料がかかってきます。

1万円以下の借り入れ・返済:108円
1万円以上の借り入れ・返済:216円

その他の提携ATMはこちら。

・三菱UFJ銀行
・西日本シティ銀行
・セブン銀行
・イオン銀行
・横浜銀行
・東京スター銀行
・第三銀行
・福岡銀行
・熊本銀行
・ゆうちょ銀行
・親和銀行借入
・広島銀行借入
・八十二銀行
・クレディセゾン

こちらも手数料が発生します。

1万円以下の借り入れ・返済:108円
1万円以上の借り入れ・返済:216円

現金引き出しでの借り入れは、ATM等に足を運ぶ必要がありますしATMによっては手数料が発生するのでベストな借り入れ方法とは言えないのですが、振り込みと違って銀行口座に履歴が残らないというメリットがあります。

なるべく履歴を残したくない場合にはATMからの引き出しがオススメです。

スポンサードリンク

PAGETOP